FC2ブログ



















映画 『ジョーカー』

joker_chirashi.jpg
映画 『ジョーカー』 ポスター


先週見てきました。バットマンの宿敵である悪役ジョーカーの誕生を独自の解釈で描いた映画です。


 世界中で大ヒットしているそうですが、大いに理解できます。今年度を代表する一本になる映画でしょう。


 控えめに言っても傑作です。(笑)  絶対おすすめ! 皆さん是非見てください!

 1960年~70年代にかけて盛んに作られた反体制的で暴力的な映画、いわゆる 「アメリカン・ニューシネマ」 の香りがプンプンする作品です。

 その 「アメリカン・ニューシネマ」 の傑作 『タクシー・ドライバー』 で主人公を演じた ロバート・デ・ニーロ が重要な役柄で出演しているのはご愛敬でしょうか?(笑)





joker_kaidan.jpg


舞台は、バットマンでおなじみのゴッサムシティ。


 そこで社会問題となっている格差・貧富の差は、現代のわれわれの世の中を反映しているかのようだ・・・・


 映画は、大道芸人のアーサー (ジョーカー) の虚無でつらくい日々を積み重ねていく・・・・・

 極度に緊張すると笑いが止まらなくなる精神障害を持っているアーサー、その泣きながら笑っているような病的な表情に心が痛む!  

 衝動的な殺人事件を起こし心の中に秘めた何かがはじけ、日常のすべてから解放された後の階段でのダンスシーンは、映画史に残る名シーンでしょう! いつまでも心に残ります。

 なんでもロケに使われたこの階段には、ファンが押しかけて写真や動画を撮りまくっているそうです。

 やれやれ聖地になっていますね。(笑)





映画 『ジョーカー』 予告2  (YouTube 動画)



予告編です。

 なんと、アーサー (ジョーカー) と少年時代のバットマン (ブルース) が出会うシーンもあります。


 なんか、ほのぼのとしましたね。(笑)




 → 映画 『ジョーカー』 公式サイト





Rock and roll - Gary Glitter - Joker baile escaleras  (YouTube 動画)



映画史に残るであろう、階段でのダンスシーンに使われている曲は、なんと、極悪人・狂人のグラムロッカー、ゲイリー・グリッター の 『ロックンロール PART 2』 でした。

 いやー、これには心底驚かされました。 でも、よく考えると狂人と化したジョーカーには、ぴったりフィットした曲です。(笑)

 ちなみに、ゲイリー・グリッターは、児童売春、児童への性的虐待で繰り返し逮捕されている狂人です。やれやれ(笑)


 この階段でのダンスシーンは、いつまでも心に残ります。

 忘れがたいです。





GARY GLITTER ROCK & ROLL PART 1 & 2   (YouTube 動画)



ゲイリー・グリッター 『ロックンロール PART 1・PART 2』


 1970年代、極悪人のゲイリー・グリッターでしたが、そこそこ人気はありました。

 もちろん、デヴィッド・ボウイT・レックスマーク・ボラン ほどではなかったですが・・・・(笑)






White room - cream - Joker baile  (YouTube 動画)



ラスト近く、燃えるゴッサムシティ。


 ジョーカーがパトカーで連行されるシーンに流れるのは、クリーム の名曲 『ホワイト・ルーム』 でした。


 いゃー、これには驚きました。まさに、ジョーカーの心情をあらわしているかのような歌詞です。さすがだと思いました。素晴らしいです。


駅の近くの白い部屋

黒いカーテンがかかってる

黒い屋根の街並みの

うらぶれた田舎町

そこにいるムクドリも

本当に疲れ切ってる

お前の黒い瞳の中の

輝いてる月の光を

銀色の馬が駆けてった

出て行くお前のその上に

夜明けの光が差している

本当にいい眺めだよ


日の光の入ってこない

この場所で待ってるよ

影さえも消えて見えなくなるような

そんな場所で待ち続けるよ


 クリームは、エリック・クラプトン(G.Vo)、ジャク・ブルース(Bs.Vo)、ジンジャー・ベイカー(Ds) のスリーピースバンドで、結成は1966年。 活動期間は わずか2年半でしたが、ロック史に残るスーパーバンドです。











投稿者: 霧島





人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2019/11/17 17:10 ] Menu:16 私たちの観た映画 | TB(0) | CM(2)

ツッコミどころ多数 (ショート・ストーリー)

弟の好きな特撮戦隊ヒーロー番組が先週最終回を迎えた。
 
 
 と、思ったら今週また似たりよったりの新番組が始まる。どんなヒーローか知らないが、どうせあたしには見分けが付かないレベル。


 内容もきっとワンパターンである。
 
 弟はよく飽きずに見続けられるものだ。
 
 そんなことを弟に言ったら、「歳とったんだよ」 と笑われた。 いやいや、あんたが幼稚なんだよ。

「まあ、第一話だけ付き合って見てくれ。事前の情報じゃ、今年のはちょっと色合いが違うそうだぜ」

「焦げ茶色とか橙色とか出てくるの?」

「そういう意味の色合いじゃないけどな。ま、色物ってことだ」











投稿者:クロノイチ





人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2019/11/09 23:00 ] Menu:05 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(0)

スター・ウォーズ展 in 天王洲アイル 寺田倉庫 (東京都 品川区)

スター・ウォーズ展_チラシ


浅草のホテルに一泊した翌日は、かみさんと浅草寺あたりを散策した後、別行動になりました。


 スター・ウォーズにはほとんど興味がないかみさんは、上野の東京都美術館で開催している 「コートールド美術館展ー魅惑の印象派ー」 を見に行き、スター・ウォーズ大好きのわたくしは、品川区天王洲アイルでやっているスターウォーズ展を見に行くことになりました。





スター・ウォーズ展_1
Photo by Kirishima


入り口にて。 料金は 3,500円と、ちょっと高いです。 やれやれ(笑)


 今回のスター・ウォーズ史上最大規模の展示品は、一括してロサンゼルスに建設中のルーカス・ミュージアム・オヴ・ナラティヴ・アート (ジョージ・ルーカスの美術館) に収蔵されるため、日本では最後の展示会になるそうです。


 スター・ウォーズ シリーズの最後の映画 「エピソード9」 が公開されるタイミングなので是非見に行きたいと思っていました。





スター・ウォーズ展_2


今回のスター・ウォーズ展では一貫して「アイデンディティ」に焦点が当てられています。


 正式名称が 「スター・ウォーズ アイデンティティーズ、ザ・エキシビション」 なので当然と言えば当然なのですが・・・・・


 かなり心理学的要素が強すぎて、主人公たちのようにある種の精神医学的障害の一種になりそうでした。(笑)

 入館するとIDブレスレットを渡されます。これこそ今回の展示会のテーマです??

 あちこちに設置されたインタラクティブ・スペースで質問に答え このブレスレットをタッチすると、最終的に自分オリジナルのキャラクターが完成するという、なんだかよく解らないものでした。(笑)





スター・ウォーズ展_3


ミレニアム・ファルコン!!  いやー、素晴らしい!!


 カリフォルニアのディズニー・ランドにオープンした映画 『「スター・ウォーズ』 をテーマにした大型エリア 「スター・ウォーズ、ギャラクシーズ、エッジ」 には、なんと実物大の (本物の) ミレニアム・ファルコンがあります。

 さらに、フロリダのディズニー・ランドには、スター・ウォーズ・ホテルもオープン予定です。

 いやー、羨ましいかぎりです。 東京ディズニーランドにも、近い将来できないですかね?(笑)





スター・ウォーズ展_4


「C-3PO」 と 「R2-D2」 のドロイド・コンビ。


 もちろん、映画で使われたホンモノです!





スター・ウォーズ展_5


銀河帝国の悪の化身 ダース・ベイダー (アナキン・スカイウォーカー)


 スター・ウォーズ エピソード1~3は、ダース・ベイダー誕生の物語でした。





STAR WARS™ Identities: The Exhibition  (YouTube 動画)



『世界中で200万人以上を魅了してきた 「スター・ウォーズ」 の大展覧会が、日本に上陸!!間近に迫る貴重な展示品の数々に、映画の感動と興奮がよみがえる。「スター・ウォーズ」史上最大規模の展覧会、ついに開幕!1978年の映画日本初公開から、41年――。本年12月に公開される最新作で、スカイウォーカー家をめぐる物語 「スター・ウォーズ」 がついに完結します。この歴史的なタイミングを前に現在開催されているのが、「スター・ウォーズ アイデンティティーズ」 です。本展には、映画で実際に俳優たちが着用した衣裳や、作中で使用された小道具、模型、キャラクターの設定を決めるために描かれたコンセプト・アートなど、制作過程を辿れる貴重な展示品が約200点ものボリュームで展示されます。また、これらの展示品は今後、ロサンゼルスに設立されるLucasfilm museumに収蔵されるためこれだけの規模の展示品を見ることができるのは、日本では最後の機会となります。』




 → STAR WARS™ Identities: The Exhibition  公式HP











投稿者: 霧島





人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

松竹梅 (ショート・ストーリー)

俺の家にはスライムが住み着いている。


 スライムといっても、粘液状のおどろおどろしい人食いスライムではない。姿形はドラゴンクエストのスライムに瓜二つである。


 しかも青い。なかなか愉快な表情をしていて、人懐こく、悪さもしないので、敢えてどこにも通報しないで家に置いてやっている。

 ちなみに名前は、ドラゴンクエストのモンスターに似ていることから、「ドラクエのモンスター」を略して 「ドラエモン」 とした。

 青い体色にピッタリのネーミングである。

ちょっと危ない名前だが、「えもん」 がカタカナということに免じて許していただきたいと思う。












投稿者:クロノイチ





人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2019/11/06 23:00 ] Menu:05 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(0)

正倉院の世界 ―皇室がまもり伝えた美― 東京国立博物館 (東京都 台東区)

10月下旬、かみさんと一泊二日で東京に行ってきました。


 埼玉県の朝霞市で用事を済ませてから東武東上線で池袋に行き昼飯を食べたあと、上野の東京国立博物館で開催している正倉院展を見てきました。


 1300年という時空を超えてなお輝き続ける宝物の美しさに大感動しました。 素晴らしい!!





正倉院の世界


「皇室が守り伝えた悠久の美、正倉院の至宝と法隆寺献納宝物の代表作を、前期・後期で大幅に作品を入替えて披露する、正に令和元年ならではの特別展」


 → 東京国立博物館 1089ブログ 御即位記念特別展 「正倉院の世界ー皇室がまもり伝えた美ー」




正倉院展_1
Photo by Kirishima


なんと、平日にもかかわらず入館40分待ちという長蛇の列ができていました。


 人気の高さがうかがえます。 やれやれ(笑)


 60~70代、80代のシニアを中心に大盛況でした。





正倉院展_2


特別展前期の目玉は、8世紀に造られた古代西域の工芸美術の最高傑作で、唯一現存する 「螺鈿紫檀五弦琵琶(らでんしたんのごげんびわ)」 です。


 もちろんこれはレプカです。


 レプリカといっても本物と同じように作られました。時空を超えた緻密で華麗な装飾に息をのむ 感動ものです。

 皆さんも是非見に行って下さい。 

 本物はすべてが撮影禁止だったため、この辺くらいしか撮影できませんでした。(涙)  


 最新技術を駆使した修復作業やレプリカ制作過程の緻密な紹介映像にも興味をそそられました。





正倉院展_3


ここ最後の展示室では、一部原寸大で再現された正倉院宝庫やレプリカの琵琶などが見ることができます。


 なんと、ここだけが撮影可でした。 やれやれ(笑)





時を超える想い


ミュージアムシアター 上映 VR作品 『正倉院 時を超える想い』


「正倉院は、奈良県奈良市の東大寺大仏殿の北北西に位置する、校倉造(あぜくらづくり)の大規模な高床式倉庫。聖武天皇・光明皇后ゆかりの品をはじめとする、天平時代を中心とした多数の美術工芸品を収蔵していた建物で、1997年(平成9年)に国宝に指定され、翌1998年(平成10年)に「古都奈良の文化財」の一部としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている」




VR作品『正倉院―時を超える想い』   (YouTube 動画)













投稿者: 霧島





人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

明晰夢 その2 (ショート・ストーリー)

真っ暗だ。


 ── わかってる。これは夢だ。


 あたしの夢は、いつも真っ暗な空間に一人ぼっちの状態から始まる。
 

 弟が言っていた。これは明晰夢なのだと。 

 夢の中で 「これは夢だ」 と気付けば、あとは自分の意志次第で自由に夢の内容を作り替えることができると。

 でも、あたしの場合、今まで一度だって思い通りの夢を見られた試しがない。
 
 
 いつまでも真っ暗なところにいるのも嫌なので、こう念じてみる。

「光あれ!」












投稿者:クロノイチ





人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2019/11/03 23:00 ] Menu:05 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(3)

エセ右翼?

SN3D1013_b.jpg
Photo by Nao 撮影場所: 大阪府 八尾市 某所 撮影日時: 2009/09/21




ここまで国旗を汚す輩が存在するとは、、、、











投稿者: Nao    構成: Anthony

[編集長-ひとこと]

 電飾看板とか電気工事を取り扱っている会社みたいなんだけれど、これは普通に 「デザイン」 でしょう。

 現在、故Naoさんが撮影した地域にはこの会社は存在せず、大阪市内に同名・同業の会社があり(移転したのか、関連会社なのかは不明)そこも日の丸を使っていますが、日の丸の上をアルファベットが横断しているということはありません。

 生前のNaoさんは右翼思想に傾倒していましたので、デザイン上のことでも怒りが込み上げていたようです。

 今回、一部の読者からの要望により、Naoさんのボツ記事を復活掲載させていただきましたが、ほとんどの部分の文章を割愛させていただきましたことをご了承下さいませ。

 また、この会社に対しては、当ブログでは一切の悪意はありません。





人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

仮装現実 (ショート・ストーリー)

テレビを見ていた弟が不意にあたしに訊ねてきた。


「なあ、ハロウィンって何だ?」


「あんた、あたしにはすぐ 『検索しろ』 っていうくせに、自分には甘いのね」

「まあ、そう言うな。今、手元にスマホがないんだ。あのカボチャのお化けがハロウィンなのか?」
 
 弟が画面に映ったぬいぐるみを指差す。

「馬鹿ね。あれはジャック・オー・ランタンっていうの」

「ジャック・オランウータン? サルなのか?」
 
 ボケているのかマジなのか悩む。











投稿者:クロノイチ





人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2019/10/30 23:00 ] Menu:05 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(4)