上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

梅雨 と 梅酒 (短歌)

梅雨入りと ともに漬けこむ 梅の実よ

恋し梅酒 濃いし梅酒








*毎年、青梅が出回るこの季節に梅酒を漬けるのですが、1年間で飲む量を考えて結構な量を漬けます。

 一般的な4リットルガラス瓶の倍の大きさの8リットルのもの2瓶に漬けるんですが、今年は4リットル瓶を1つ追加しました。

 消費予想量を超えて飲んでしまうので、毎年のごとく梅酒不足に陥り(笑)市販の梅酒を買う始末。

 しっかし、市販のものは甘ったるいのが多い割には、梅の味が薄い。。。

 我が家では買ってきた青梅にプラスして、隣家にある梅の木から落下した完熟梅も頂いてきて漬け込みます。すると、濃い~エキスが出るんでございます。

 糖分は氷砂糖ではなくて、天然の砂糖(キビ砂糖や黒糖etc)を毎日少量づつ追加していきます。甘味は控えめで。


 ああ、濃い~梅酒が恋しい。早く、濃い~梅酒が飲みたい。。。 

 後、半年から1年は待たないといけないか・・・











投稿者:庵祖兄

関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2017/07/10 18:34 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(3)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



梅酒、いいですね!私も作ってます。

梅酒の好みが、私も似ています。Anthony編集長らしい、拘りの作り方ですね⁉️
確かに、市販のものは、甘ったるい割に、梅の香が少なく感じます。
それに比べ、Anthonyさんの作る梅酒はかなり美味そうです。
そこで、幾つか質問させていただきます。
先ず、木から落下した梅は、傷んでるのが多いと思いますが、そこを切り取らずに漬けても大丈夫ですか?
傷口から、液がでて、固まってるのも有りますが、それもそのままでいいのですか?
糖分が氷砂糖でないのは何故ですか?天然の砂糖を毎日少量ずつ追加する理由は?
アルコールは、何をつかって、どの位まで入れますか?
[ 2017/07/18 18:41 ] [ 編集 ]

雑草Z さん、

質問の返答が遅れましたことをお詫び申し上げます。

>落下した梅は、傷んでるのが多いと思いますが、そこを切り取らずに漬けても大丈夫ですか?

 流石に、痛みが酷い箇所は切り取っていますが。だいたいはそのまま漬け込んでいます。(笑)

>傷口から、液がでて、固まってるのも有りますが、それもそのままでいいのですか?

 そういう状態なら、そのままGO!です。

>糖分が氷砂糖でないのは何故ですか?天然の砂糖を毎日少量ずつ追加する理由は?

 アルコールは主に芳香成分を引き出す為に使いますが、糖分はエキスを抽出する為に使いますが、氷砂糖は価格が高いうえに、自然な作られ方をしていないので、避けています。

 僕は、ナチュラリストというほどでもないのですが、なるべくなら自然のものを使いたいからです。

 果実酒を作る時に氷砂糖を使うのは、徐々に溶け出していってゆっくりとエキスを引き出す為なので、それをすぐに溶けてしまう自然糖で再現する為にやっています。

>アルコールは、何をつかって、どの位まで入れますか?

 一般的にはアルコール40%以上のホワイトリカーを使うことが一般的ですが、僕は酒の風味が残っているのが好みなので、25%の米焼酎と雑穀焼酎(または、ホワイトラム)を使っています。

 以前は、蒸留酒ではなくて、日本酒の原酒(アルコール 20%以上のもの)を使っていましたが、なかなか手に入らないし、高いし、、、(笑)

 梅を1.2キロくらいに対して1.8リットル使っています。
[ 2017/07/21 19:58 ] [ 編集 ]

御丁寧なご回答有り難う御座います。

Anthony さんらしい、拘り、感じられました。
最も質問したかった部分は、砂糖を毎日徐々に足すという部分です。
初めから、適量を入れたほうが、梅酒、アルコール分との割合も調整出来るし、ムラもできないように思います。それに、梅も全体がアルコールと砂糖の中に浸っていいと思うのですが…ここのところ、説明よろしくお願いいたします。
[ 2017/07/21 22:53 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/6056-df1e21d7