FC2ブログ


















最終回 あとがきです。

いかがでしたでしょうか、「山口ジジイの失業日記の後(あと)」


  「失業日記の後(あと)」 は、今回で完結です。

 最後まで読んでくれた人に、感謝します。

 
 そもそもの始まりである、「山口ジジイの失業日記」 の記事は、2年前の失業生活を綴ったものですが、なんとか再就職した私が、初出勤したところで完結をむかえてます。

 その後、どういう仕事をしていたのか、どういうことを感じたのかをまとめたのが、今回の 「失業日記の後(あと)」 です。

 

 人間の記憶というのは、意外にいい加減で、苦しかったことやしんどかったことでも、あとで思い返せば楽しい思い出になってる場合が多い。


 私が今まで関わってきた、住宅建築の世界でも、そういう嫌な記憶が、時を経ていい思い出に変わるということは、多かった。


 ところが、今回の、真理の鏡教団(仮名)の現場は、今でも嫌な思い出なのである。

 一般の信者たちは、いい人だなあという人間が多かった。


 しかし、教祖、高級幹部たちの傍若無人な態度、わがまま、無茶苦茶な要望、思いつきで言うようなクレームと言えないクレームは、本当に

 「あんたら何様?」

 というような、不愉快極まりない出来事であり、彼らはそういう人種でした。


 第11回目の記事にある、K県の監督が、

 「なんでもするから、真理の鏡教団(仮名)の現場だけはもう勘弁してくれ。」

 というのは、今では本当に理解できる。


 この気持ちは、この現場に関わった、管理者、職人、土工まで、共通する感覚である。

 二度と御免だ。


 
 さて前回の記事でまたも失業した、私こと山口ジジイは、その後小さな住宅メーカーに再就職するのですが、いずれそのことを記事にするときがくるやもしれません。

 お客さんが関わってるので、すぐに記事にするのは難しい。

 機が熟すのを待たねばならないけど。


 ところで、この真理の鏡教団(仮名)の建物は、私が住む町の中で、割といい場所に建っているので、今でも近くを通りかかる時がある。

 そのたびに、なんとも嫌な記憶がよみがえり、胸くそが悪くなるのである。




投稿者: 山口ジジイ

[編集長-ひとこと]

 29週に渡って連載を続けました 「山口ジジイの失業日記の後(あと)」 も今回で最終回を迎えました。

 建築・建設業界という普段、私たちが目にする機会が少ない世界をの片鱗を垣間見せてくれた 山口ジジイ さんに感謝しつつ、次回の連載( 「山口ジジイの失業日記の後(あと)の後(あと)?」 か...)に期待します。



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

第27回 退職

ヘルメット姿がよく似合う 現場監督


待機期間というのが、数ヶ月あった。


 私の派遣先は、なかなか決まらなかったのである。

 こういう場合もあると聞いてたので、こんなものかなとも思った。


 私は取引先に現場監督を派遣するというこの会社の、正社員ということだったので、待機中でも給与はでた。

 ただし、現場手当とか残業手当とかがないので、実質的に手取りは少なくなっていた。


 自宅待機で、毎日することがなく、体が鈍った。

 会社からの連絡はなく、給与明細だけが月末に送られてきた。


 そして、ついに会社から電話があった。


社長「次の現場決まったよ。」

私 「あ、そうですか。ありがとうございます。」

社長「○○県の現場なんだ。」

私 「え、地元じゃないんですか?」

社長「そうなんだよ、今松山には現場が少なくてね。○○県の現場に、行って欲しいんだ。」

私 「でも、松山に取引先がたくさんあるから、他県にいくことはないって、面接の時に言ってたじゃないですか。」

社長「そうだけど、1年ほどだけ、○○県でがんばってくれんかな。」

私 「少し考えさせてください。」



電話を切った私は、少し憤慨していた。


 約束が違うではないか。

 地元でズーっと働けるというから、入ったのに。

 小さな会社だが、松山にも取引先がたくさんあって、地元の現場でズーっと働いてくれってことだったのに。


 その○○県の取引先のゼネコンに迷惑かけてもいけないので、結論を早急に出さねばならない。

 「さて、どうすべきか・・・。」


 翌日、社長に電話。

 私は、社長に電話して、その現場に行くのを断ったのであった。

 そして、返す刀で退職を申し出た。

 社長は、ブツブツ言ってたが、こちらにも言い分があるのだ。


 私は、地元で働かねばならないので、「転勤はできなくてもいいですか?」 と面接時に毎回聞いている。

 この会社でも、聞いたのだが。


 しかしこういう約束は、あまりあてにならないのだろうか。

 未練はあまりなかった。

 
 そして私は、またも失業者となったのである。



「追記」

 次回で、この 『山口ジジイの失業日記の後(あと)』 は、完結です。




投稿者: 山口ジジイ



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

第26回 送別会

楽しい送別会
左から主任、(ママさん)、山口ジジイ、B道路O君


B道路のO君が北海道に帰ることとなり、送別会をした。

 といっても、A建設の主任と私は、B道路に招待された形である。

 1次会2次会とB道路が飲ませてくれて、3次会はA建設の経費で飲ませてもらった。

 小料理屋の個室から、スナック、キャバクラ、ショットバーといった感じだった。


 主任は、B道路のO君に、「あの時は、怒って悪かったなあ。」と、詫びていた。

 感情的に怒ったことを、気にはしていたようである。

 最後は、お互い頑張ろうと握手して、O君は北海道に帰っていった。


 そして、それからしばらくして私も、この現場の仕事を終える日がきた。

 私のためにも、A建設は送別会を開いてくれた。

 蟹料理を食わしてくれた。

 いろんなことが思い出された。

 しんどい毎日、なれない毎日だったが、自分なりに頑張った数ヶ月間であった。


 お互いに、現場でこんなことがあったなあ、あんなことがあったなあと、話し合った。

 厳しい特殊な現場だっただけに、話のネタはつきなかった。


 そしてキャバクラへ、ショットへ行く中で、ヘロヘロになって、最後はわけが分からなくなった。



 キャバクラの女の子に断って、こんな写真を撮ったりした。



キャバクラのバド・ガールのパンチラ


なかなかの、絶景 でございました。


 はてさて、いろんなことがあったが、あとから思えばいい経験だ。

 A建設に感謝である。


 主任も、数週後には、他県の現場に転勤となる。

 みんなありがとう。


 私は翌日から、次の派遣先が決まるまで待機期間となったのである。




投稿者: 山口ジジイ



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

第25回 ネットカフェ役人

時間をツブす


落成式も終わり、現場は落ち着いた。


 二代様と三代様の落成式で出た最後っ屁のようなクレームも、だいぶ片付いていた。

 材料の関係とかで時間がかかるのがあり、物が入れば職人を呼ぶのだが、普段はあまりすることがなくなり、現場事務所で、待機してることが多くなった。


 暇なので、現場主任と、私と、子会社B道路の監督と三人で、それぞれ漫画を持ちよっては、読書。
一心不乱に回し読み。


 パソコンのインターネットもさんざんやった。

 まるで、厚生労働省のネットカフェ役人のような日々であった。


 夕方5時になると、主任が、

 「じゃあ、帰りますか。」


 「そうですね、帰りますか。」

 と我々2人。



 一時期の日曜もない苦しかった現場のことを考えると、本当に平和な日々だったが、私は違うことも考えていた。


 やはり、住宅のほうがいいな、慣れてるし。

 この現場が終わったら、住宅の仕事を探してみようか。


 派遣というのも初めてやったが、正直つまらんと思った。

 派遣は結局のところ、外人部隊であり、正規兵ではない。


 不景気になれば声もかからないだろうし、肝心のところはこころ許してくれず、派遣には内緒にされる。

 大企業に、便利に使われるだけ、そんな気がするのです。




投稿者: 山口ジジイ



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

第24回 おみやげ

真理の鏡教団(仮名)落成式の続き


落成式の後、真理の鏡教団(仮名)主宰の道後のホテルで催された懇親会に、現場所長は出席した。


 私と現場主任は、現場で落成式の片付けをしていた。

 
 夕方現場に帰ってきた所長が、

所長  「おーい。お土産もらったぞ。お前たちのもあるぞう。」

主任・私「なんですか?」

所長  「それが、とにかく重いんだ。これは、なにかとてもいいものだ。」

主任・私「なんでしょうねえ。」

所長  「高級な置時計か何かだと思う。楽しみに持って帰ろう。」


 私の分もあったので、もらって帰った。



家に帰り、ずっしりと重いお土産を前にした私は、「今までの苦労も少しは報われるってものさ。」


 と、丁寧に包装をはがすと、立派な箱が出てきたのだ。


「おお、なかなかいいではないか。」

 はやる心を抑えて私は、ゆっくりと箱のふたに手をかけたのである。


 しかし箱をあけると私は、とたんにがっかりした。

 中には透明なガラスの花瓶が入っていたのだった。

 角柱状のもので、重たい。


 もしかすると、それなりの値段をするのかもしれない。

 ただ問題は、花瓶の正面の一番目立つところに、 「真理の鏡教団」 と掘り込まれているのである。

 これでは、家のどこにも飾れない。


 捨てると罰があたりそうだし、未だに家の押入れの奥にある。

 欲しい人がいたらあげたいくらいだ。




投稿者: 山口ジジイ



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

第23回 落成式

真理の鏡教団(仮名)落成式


山のように残った、クレーム工事を片付け、やっと、現場は完成した。


 山のようにあったクレームを、一つ一つ補修した。

 自分の手でおこなったものもある。

 予定していた落成式の日時に間に合わせることができた。


 落成式には、またもや全国から真理の鏡教団(仮名)の信者が3,000人ほど集った。

 当日、何十台ものバスで現場に訪れたのである。

 もちろん、二代様三代様も飛行機でやってきた。

 巫女も6歳の4代様もやってきた。


 幹部の信者は、建物の中にある礼拝所で二代様の言葉を聞くが、中に入れない信者は外に準備した大型テントの下、モニターで二代様の言葉を聞く。


 落成式の準備で地元の信者は、奉仕作業という労働を数日前からしていた。


 信者からの高額のお布施も、張り出されていた。

 ○○さん  400万円

 この人が最高で、2番目は200万円

 150万円、100万・・・・ 10万円くいらいまで、張りだされていたか。


 落成式を無事に終えて、我々もホッとした。

 
 落成式の後は、道後のホテルで懇親会が催された。

 信者の幹部や、A建設のお偉いさん、現場所長も出席した。
 
 二代様、三代様、4代様、巫女らは、この高級ホテルに宿泊。




投稿者: 山口ジジイ



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

第22回 現場主任

お仕事に必要なもの?

現場主任はA建設に入社して10年ほどになる若手の現場監督である。


 私より年下であるが、私の雇い主にあたる。

 今までは誰かの下で現場管理をしていたそうで、この真理の鏡教団(仮名)の現場が、実質的な一人立ちなのだそうだ。

 私が慣れ親しんだ住宅の現場ならば、すぐに自分の現場を持たされるので、ゼネコンとの違いがおもしろい。

 10年でやっと一人前になるという、なかなかゼネコンの現場は難しいのである。

 
 現場主任は、無愛想ながらゼネコン監督としては比較的温厚な人物だったが、時々怒る、というか切れるという表現の方が合ってるだろうか。

 A建設で現場常駐する監督は、主任と私だけだったので、私には比較的優しく接してくれていた。

 
 しかし、私も二度ほど怒られたことがある。

 いずれも会議に、5分ほど遅刻した場面だった。

 「A建設の職員が遅刻してどうするんだ!」

 びっくりするような言い方であった。

 別に遊んでた訳ではなかったのだが、取り付く島もないのだ。


 業者に数回激怒したのを見たが、こちらはかなりきつく、しつこかった。

 B道路のO君を怒ったときは、さすがに素直な性格のO君も真っ赤な顔になり形相が変わった。


 また、主任が、ある家具屋社長に、「家具の納入が遅すぎる!!」と電話で怒ったときもあった。

 元々は、主任が発注するのが遅かったのが原因で、そのことを下請けの家具屋社長は電話で指摘したが、逆に主任に火をつける結果となった。

 「もう、いらん。他の業者に頼むことにする!」

 という、元請の持つ殿下の宝刀を抜くと、家具の業者は折れた。

 その夜、家具業者の社長が事務所に来たときには、高そうな菓子折りを持参で、土下座せんばかりに謝った。


 電気のサブコンの監督は、現場監督らしくない、蚊の鳴くような声でしゃべる線の細い若い男だったが、主任に「責任感がない!」と怒られた翌日から現場に出てこなくなった。

 そのサブコンの上司がやってきて、主任に詫び、線の細い監督が精神科の病院に神経衰弱で通院するので仕事をしばらく休む旨を伝えた。

 
 このように、ゼネコンの監督はかなりきつい怒り方をする。

 住宅の監督は、そこまで言うと職人が怒って帰ってしまうし、お客との打ち合わせが多いので柔らかな人が多い。

 
 というように、ゼネコンと住宅の監督は、業者との付き合い方も少し違うようである。

 ゼネコン監督は、理不尽なことでも、それを通す場合が多いようだ。




投稿者: 山口ジジイ



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

第21回 完了検査の結果

真理の鏡教団(仮名)施設内部のクレーム箇所?


二代様三大様の完了検査は、予想外というか予想通りというか、散々たる結果となった。


 またもや、100を超えるクレームが。

 
 造作完了のおりと同じく、訳の分からないクレームが多い。

 壁をのけろとか、スイッチの位置が悪いなど。

 図面の通りに作ってるのに。

 中には、前回の造作完了のとき、気に入らないと変更したドアの位置を、やはり気に入らないと、結局元あった位置に変更する工事さえあったのだ。


 どうですか。

 こんな馬鹿げたことを言う人を見たことがない。


 南側にドアがあって、それを西側にしろというので、西側に付け直すと、今度は西側じゃなくやはり南側につけろという。

 あきれるだけだ。


東京から来てる、A建設の設計や、お偉いさんは、ハイハイと請け負う。


 現場の所長、主任などの怒りは収まらなかった。


 そのことを後日、職人に伝えると、今回は素直に従ってくれた。

 前回のことで、頭にきてたが、今回は最初からあきらめムードであった。


 私も主任も職人も、そのクレームというか変更工事を早く終わらせ、真理の鏡教団(仮名)と早く手を切りたい。


 みんな同じ気持ちであった。




投稿者: 山口ジジイ



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

第20回 新興宗教の二代様登場

真理の鏡教団(仮名)信者による、奉仕活動という名の労働


そのときは一大セレモニーだった


 完了検査の日、二代様がやってきた。

 当代である。真理の鏡教団(仮名)の教祖様である。


 生きる神様、生き神様だ!(信者にとってだけど)

 隣国で例えると、K正日にあたるカリスマ性を帯びた人物である。


 白のハイヤーで到着した二代様は、我々と1500人の信者の熱い出迎えをうけた。

 二代様が左手を軽くあげると、信者の方から、「ぅおおーーーー、二代サマーー!」 という、歓声があがった。


 颯爽と白いハイヤーから降りる二代様。

 息子である三代様が、そばにならぶ。

 そして8人の巫女が、それに続く。

 巫女は年のころ20歳~25才くらいだろうか、みな髪が長く、腰くらいまである。

 そういう決まりなのかもしれない。


 割と小奇麗な女ばかりだ。

 平均点はみな超えていた。

 ただ、よく観察すると、能面のようだ。

 笑いもせず、怒りもせず、私語もしない。

 ただ、黙ってついていく、2代様の歩くとこに。

 それは、ひよこが刷り込みで、親鳥の歩くとこに、ひょこひょこついていく様によく似ていた。


 
二代様、三代様、巫女、最高幹部たちの昼飯は、2段弁当だった。


 あちらの要望で、こちらが手配したのだが、4800円くらいした。


 一般の信者たちは、夜でも建物の中に入れずテントで寝泊りしてたが、真理の鏡教団(仮名)の中枢にいる彼らは、建物の中のVIPルームのぬくぬくとした暖房の中で、ニコニコして昼食をとった。

 そして、彼らが食べ終わったころ、片付けしに、私と事務員とが行った。


 弁当箱を持って驚いた。

 重いのだ、どれもこれも。

 本当に、箸をつけただけ、みたいな重さのものがある。


 私は、手弁当で奉仕作業にきていた信者たちに、言ってあげたかった。

 「あなた方のお布施が、この弁当の残飯ですよ」 と。


 言う勇気がないので、心の中でつぶやいたのである。




投稿者: 山口ジジイ



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

第19回 奉仕作業する信者たち

真理の鏡教団(仮名)の信者達

真理の鏡教団(仮名)の信者が各地から、3日間の奉仕活動に集っていた。


 樹木を植えたり、石畳を敷いたり、外構工事の一部を自分たちの手で行うために集ったのである。

 地元の信者が1000人、他地域が500人の合計1500人が当日集まった。


 地元の信者はいい。

 自宅から通ってくるから。


 よそから集まった信者たちは、ホテルとか、地元の信者の家とかに泊まる。

 いずれでもない、泊まるとこのない信者たちは、現場に泊まった。


 現場の建物の中に泊まるのかと思ったが、彼らは白い大きなテントをたてて、そこに寝泊りした。

 女の信者は、職人たちが使ってるプレハブの休憩所に泊まった。

 
 えらいと思う。

 手弁当で来て、宿泊費も払えない信者たち。

 ある種の感動がある。


 おそらく、経済的にも恵まれてないであろう、下っ端の信者たち。

 身銭を切って遠方から集まり、奉仕作業という名の無償の労働をやっている。


 3日間の奉仕作業の間、何人かの信者と挨拶を交わし、話をするようになった。

 私は、神も仏も信じず、初詣にも行かないという罰当たりな人間で、こういう宗教団体は大嫌いである。

 だが、この個々の下っ端の信者たちは、話してみると真っ直ぐで素直な物の考え方をしていた。

 皆でニコニコしながら、奉仕作業を行っていた。

 年寄りのおばあちゃんが、重いものをもてあましていると、若い人が替わりに持ってあげる。


 本当に個々の人は、いい人だなあという印象であった。

 新興宗教さえやってなければ、いいのになあと私は思った。


 そして、いよいよ完了検査の日がきた。


 A建設のお偉いさんや、設計部の人たちもやってきた。

 前回の三代様のクレームの補修のチェックを行い、そして皆で現場を片づけた。


 「よし、これならいいだろう。」

 A建設のお偉いさんは、実に当てにならない言葉を吐いたのである。




投稿者: 山口ジジイ



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

第18回 冬山ふたたび

元山男のFさん、.野宿ライダーY君、山口ジジイ   元山男のFさん                              野宿ライダーY君(左)と山口ジジイ(右)


失業し職業訓練校に通ってたころの友人、野宿ライダーのY君から連絡があった。


 とても懐かしかった。

 電話で雑談していたが、彼の目的は山登りに行かないかという誘いだった。


 「行ってみようか。」

 私の返事で、冬山に登ろうということになった。

 以前、一緒に冬山に登った3人で。


 土曜の昼から出かけて、その日は川原でキャンプした。

 バーベキューする予定だったのだが、あいにく雨だったので、テントの中で食べれる鍋にした。

 季節はまだ冬で寒かったが、テントで食べる水炊きは美味い。

 
 2人とも、そろそろ訓練校の卒業が近くなっており、再就職先を探していた。

 酒を飲みながら、職業訓練校の思い出話や、就職先の話などをしてるといつのまにか眠っていた。




寒風山の頂上と霧氷


元山男のFさんの勧めで、今回は寒風山に登る。

 
 前回の山より、少しレベルが高いのだそうだ。

 雪が冷たかった。

 山登りに慣れてなく、仕事で体も疲れていた私には、かなりきつい道程だった。

 けれども、頂上に立ったときの達成感が楽しみで、一歩一歩進んでいった。

 しんどかっただけに、頂上に着いたときは、気持ちが高ぶった。


 寒風山 の頂上はとても風が強く、長い時間はいられなかった。

 私の手が寒さでしびれる程になったので、風が弱いところを探して、昼飯に用意したカップ麺を食べたが、これがなんとも美味いのである。

 寒いとこで食べると、一味もふた味も違うのである。


 この山では、この時期霧氷(むひょう)が見られる。

 キリが凍ったと言われる現象である。画像がその霧氷だ。



雪化粧をした寒風山の山肌


美しい。


 もう少し暖かくなると、風の強い日には、桜の花が散るがごとく霧氷がチラチラと舞うのだそうだ。

 それもいつか見たいものだと思った。


 帰りは冷えた体を、 西条市 の石鎚温泉につかって温めた。

 疲れがとれ、なんともいえないひと時。


 仕事を忘れホッとした二日間であった。




投稿者: 山口ジジイ



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

第17回 派遣社員

今日の工事は、何だろう?


 A建設子会社であるB道路監督のO君と設備のサブコンの監督と私の3人で、喫煙場所で雑談していた時だった。


 職人たちは、基本的に10時と3時の休憩時間と、12時の昼しか喫煙ができないのだが、現場管理の我々はある程度自由がきく。

 夜は遅いけれども。


 最初は外構工事と、屋外給排水工事の日程調整で、打ち合わせてたのだが、それがすむとタバコを吸いながらの雑談となったのだ。

 私やサブコンの監督は、北海道から来たO君が珍しいので、いつしか北海道のことや、B道路のことを尋ねるといった感じになった。


そして、O君が、「自分は、B道路のこと、あまりよく良く知らないんですよ。」と言い出し、

我々が、「えっ、自分の会社なのに、なんで?」

と尋ねると、O君は、「実は自分、派遣社員なんですよ。」と言い、さらに続けた。

 「本当は、B道路から派遣であるということは、黙ってるように言われてるんですよね。」

 「へーえ、そうなんだ。いやー、実は私もA建設に派遣できてるんだよ。」と私。

 すると、サブコンの設備の監督が、「実は僕も派遣なんよ。」と言った時、3人とも笑った。


 なんということはない。

 3人とも、派遣社員だったのである。

 それぞれの建設会社の制服を着て、その会社の人間のふりをして仕事をしている。

 それぞれが、それぞれの会社から、派遣ということを内緒にしてろと言われて。

 なんだかバカバカしいことのようだが、これは大事なことなのだろう。


 建前として。

 元請、下請けの世界では。


 ゼネコンの現場では、こういう雇用形態が意外と多いのだそうだ。


 現場の方はクレームという名の変更工事を終えて、仕上げ工事が進んでいた。

 もうじき現場も完成する。


 そして、あのにっくき三代様の完了検査が近づいた。

 完了検査には、当代の教祖、二代様も検査に同行してくる。

 そのときは、迫っていたのである。




投稿者: 山口ジジイ



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

第16回 補修工事

タイル工事 なのだ

三代様造完検査事件の後、業者にクレームならびに補修工事をさせた。


 それまで従順だった業者も、この訳の分からないクレームには、異を唱えた。

 業者たちは、職人である。

 スーパーゼネコンA建設の仕事を請け負ってる彼らは、プライドが高い。


 職人は、ものつくりの仕事をしている。

 仕事がまずくて直すなら、彼らは直すが、今回のような訳の分からないクレームは、自分たちが納得できないのだ。


 A建設主任と派遣の私とで、なだめたりすかしたりしながら、彼らを説得した。

 ある部屋は、きれいに張った天井を全て取り壊した。

 取り壊さねば、変更できなかったのだ。


 きれいに仕上げたものを壊す職人は、嫌な気持ちだったろう。

 しかれども我々二人は、直さなければならない。

 直さねば、現場が終わらない。


 なんとか、直させた。

 ドアの位置、コンセント位置の変更など変更工事が多かったが。嫌な作業であった。


 そして、仕上げの工程に入った。

 仕上げ工事とは、クロス、内部の塗装、タイル工事などの内装工事である。




投稿者: 山口ジジイ



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

第15回 三代様の、のろい

工事は続くよ~どこまでもぉ~♪


もうひとつのおまけは、現場責任者である現場主任が、熱がでたことである。


 立会い後、100を越えるクレームをまとめて、皆で段取りなどをしていると、


 主任が、「寒い、寒い」 と言い出し、


 所長が、「横になれ」 と現場事務所で、横にさせた。


 主任が、ブルブル震えてるので、「おい、主任。あとのことは大丈夫だから、もう帰って、寝てなさい」 と所長が言うと、


 主任は、「すみません」と、先に帰った。


 その夜、主任は高熱がでて、翌日は現場に出て来れなかった。


 所長は、「三代様の、のろいじゃないか」 と、冗談を言ったが、

 
 現場事務所に常駐している私や、B道路のO監督、女事務員の三人は、笑うに笑えなかったのである。




投稿者: 山口ジジイ



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

第14回 4代様号泣事件

今日も工事、明日も工事

造作完了立会いには、おまけがついた。


 ひとつは、「4代様号泣事件」 である。

 4代様とは、三代様の子供で6歳くらいだ。

 マルコメ味噌のようなクリクリの坊主頭に、ゲゲゲの鬼太郎のような、チャンチャンコを着た浮世離れした風情である。

 造作完了立会いにこの子もついてきてたのだが、飛行場に着いたとき地元の教団幹部に飛行機の模型をかってもらった。
 
 プレゼントだ。


 4代様(6歳)は、そのプレゼントをいたくお気に入りの様子で、手で握って離さなかった。

 とても気に入っていたのだ。

 ここまではよかったのだが、ところが、ある時点で泣き出したのだ。


 どうも、模型の飛行機の垂直尾翼がないのである。

 模型事態が、20センチ程度の大きさなので、垂直尾翼は1センチに満たない。


 とにかく、騒ぎになった。

 教団の幹部から、至急探してくれと言われ、我々は、A建設のお偉いさんも含め、4代様(6歳)が歩いたところをくまなく探した。

 場所によっては、みなで四つんばいになって探した。


 正直、空港の土産の飛行機の模型なので、「帰りに新しいのを買ってやればいいのになあ」 と、小声で話し合ったが。

 そうはいかない。相手は施主であり、お客様だ。


 結局は出てこなかった。一時間ぐらいは探したか。

 A建設のお偉いさんが代表して、教団幹部に、「探したけどありませんでした」 と報告にいくと、


 教団幹部は、「なかったですか。ああ、もういいよ」 とのこと。


 4代様(6歳)は、機嫌がなおっていた。

 つまり、模型の飛行機のことなど、きれいさっぱり忘れておられたのである。

 
 我々には、むなしさだけが残った...


 もうひとつのおまけは、は次回。




投稿者: 山口ジジイ



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

第13回 三代様ご到着

仲本工事ではない工事

造作完了立会いの当日が来た。いよいよ三代様のお目見えである。

 
 みんなで緊張して、お出迎えだ。

 飛行場まで迎えに行ってた、A建設の営業マンが運転する黒のクラウンを先導車にして、黒い国産高級車のハイヤーが見えた。

 教団ナンバー2の三代目様はこのハイヤーに乗って到着。

 その後ろには、幹部信者のハイヤーが続く。


 我々は、深々と頭を下げておでむかえした。

 「はい!」

 というような挨拶代わりの一瞥を、我々に向けた3代様だった。

 すぐに、現場を視察。


 我々現場員は、三代様と直接話したらいけないと言われてた。

 直接話すことができるのは、3代様お気に入りのA建設本社設計部の30歳くらいの社員ただ一人で、彼が窓口である。


 結論からいうと、造作完了時の立会いで、100もの山のようなクレームがでたのだった。

 傷がある、汚れてる、こういったクレームは納得ができる。


 しかし、ドアの位置を変えろ、窓を変更しろ、天井スピーカーの位置変更、照明の位置が気に入らない。

 これらは、クレームというより、変更工事である。


 本来なら、しかるべき追加金額と、工期の延長をもらってはじめてするものだ。

 ところが、A建設は、三代様に逆らわない。


 というのが、当初真理の鏡(仮名)教団は、他の建設会社にも工事をさせてたことがあった。

 上記のような変更工事をしろといったところ、その会社は、追加予算をいただけないとできないと断わったのだそうだ。

 それでアウト。


 現在は、A建設の独占となっているのである。




投稿者: 山口ジジイ



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

第12回 真理の鏡教団(仮名) 三代様

掘削ユンボ

現場の施主である、宗教法人真理の鏡教団(仮名)は、代々世襲である。

 
 初代は既に亡くなっており、当代は息子である二代目である。

 現在の真理の鏡教団(仮名)の、ナンバー2が、二代目の息子の三代様だ。

 信者からは、若神様、若、三代目様、などとよばれている。

 信者にとっては、当代の二代様と並んで、「神聖にして侵すべからず」、絶対的な存在である。


 これを日本の隣国に例えると、


 一代目をK日成 一代で、教団をつくったカリスマ(信者にとってだけど)

 二代目 K正日 カリスマ性を残している当代。現教団のナンバー1。

 三代目 K正男 少しできが悪い感じがする。

 を思い浮かべると分かりやすいかもしれない。


 造作完了立会い、つまり仕上げ工事が始まる前の立会いには、この三代様がくるのだ。

 彼は、隣のK県で、完成後にエレベーターをつけさせた男だ。


 現場は特に何の問題もなく、すいすいと進んでいった。

 私の担当した現場も、うまくすすんでいった。

 さしづめ嵐の前の静けさか。


 造作完了が近づき、三代様がくる一週間ほど前から、現場事務所はあわただしくなった。

 2~3日前にはA建設東京本社の設計担当や、おえらいさんらが、合わせて10人くらいだったろうか、到着していた。

 現場は2~3日前からストップして、業者には、とにかく掃除させた。

 道具や残材なども持って帰らせて、現場をきれいにした。


 A建設東京本社からきたお偉いさんも、 「よし、これならいいだろう。」

 と、言ってくれたのである。




投稿者: 山口ジジイ



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

第11回 主任の答え

Men At work

現場事務所では、いつものごとく無愛想な面構えで主任がいた。


私は彼に、

 
「主任、業者に聞いたんですが、K県の現場では、完成後にエレベーターをつけったって。本当ですか。」 と、聞いた。


主任は無愛想なまま、

 「ええ、本当ですねえ。エスカレーターは、構造的に入らないので、妥協点としてエレベーターをつけたそうです。」


私は、

 「すごいことをいう施主ですねえ。無茶苦茶だあ。」


それに対し主任は、このように説明した。

 「そうなんだけど。うち(A建設)は、真理の鏡(仮名)から独占的に工事をやらしてもらってるんで、強く否定できないみたいなんだよ。」

その後、主任はニヤリと笑って、

 「実はK県の現場監督を、この現場に呼ぼうという話があったんだ。特殊な現場なんで慣れた人がいいだろうと、上の方が判断したんだよ。ところがK県のその担当だった現場監督は、断ったんだ。その断り方がねえ・・・・。」

そこで、主任は一呼吸間を置いて、身を乗り出し、

 「K県の監督は、お願いします、なんでもやります。夜間の現場でも、休み無しでもいい。頼みますから真理の鏡(仮名)の現場だけは勘弁してください。そういって断ってきたんだ。」

 そこまで言って笑った。

 私も、声を出して笑った。現場主任の言い方が可笑しかったからだ。

しばしのち、

 「うーむ、ここは大変な現場ですね。」

 私が言うと、二人とも黙り込んでしまった。

 明日は、わが身。我々は同じことを考えていた。



 この後この現場は、予想外と言うか予想通りというか、異常な現場となっていく・・・




投稿者: 山口ジジイ



[人気blogランキング] ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[FC2 blogランキング] ← こちらもクリックお願いしますっ!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

第10回 な、なにーーーー

工事中!

現場にも少し慣れてきたころ、嫌なうわさを聞いた。

 隣のK県の現場が完成したのだが、大変だったというのだ。

 K県でも、こちらと同じように真理の鏡礼拝所(仮名)を建設していた。


 中年の人相の悪い業者から聞いた。

 「真理の鏡(仮名)の施主が検査に来るたびにな、山のようなクレームが出るのよ。それをな、なんとか全部直してな、ああ、やっと終わったー。 と、みんなで安心してると、A建設の監督から連絡があって、施主からエスカレーターをつけたいとのクレームがあったというんじゃ。」




 「・・・・・・・・・。うーーむ。」


 どうも、変更工事の要望があったのだそうだ。


 中年の人相の悪い業者の話はさらに続いた。

 「ほいでよ、そんなもん完成したあとに言われても、つけれるわけなかろうがと言うたんよ。 ほいたらよ、解体屋が入ってきて、天井だの床だの壊し始めたんだ。大きな機械でバリバリバリバリとな。美装工事も終わって完了検査した現場ぜよ。結局、エスカレーターの替わりに、エレベーターをつけさせられたんだわ。」


 信じられない話だった。

 エレベーターやエスカレーターは構造体に関わるので、工事中においそれと変更できるものではない。

 棚を追加工事で取りつけるのとはわけが違う。

 まして、完成した後に・・・。

 異常な事態である 。


 私は、嫌な予感がして、現場事務所の主任のとこにいった。

 真偽を確かめるために・・・。




投稿者: 山口ジジイ



[人気blogランキング] ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[FC2 blogランキング] ← こちらもクリックお願いしますっ!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

第9回 酢豚定食

土間コンクリート

某月某日

 闇の中、私は現場事務所にいた。



「時計の針は今1時。」

 私は一人つぶやいた。

 夜中の1時である。

 冬のど真ん中、南国四国とはいえ、外はシンシンと寒い。

 今日は、昼間に現場の 「土間コンクリート」 をうったのだ。

 ご存知かもしれないが、土間コンをうった後には、左官の手で押さえという作業を行わなくてはならない。

 この作業は、ある程度コンクリートが固まってからも、数回行なわねばならない。

 冬場はコンクリートが固まるまで何時間もかかるので、こんな夜中に左官が作業しているのだ。

 そして、私がいるのである。


 左官が事務所に上がってきた。

 私が、 「キリがいいとこで、事務所に入ったらいいよ。外はさむいからね。」

 と左官に言っておいたのだ。

 コーヒーを入れてやり、なんということのない雑談をしながら、時は過ぎた。

 左官が、「そろそろできるかな。」

 と、再度現場の方に、コテ押さえに行った。


 私は、暇なので、夜食で食べた酢豚定食のことを考えていた。


大盛りの酢豚定食


 画像がそれである。おそろしく量が多い。

 酢豚が通常の量の倍なら、ご飯も、倍だった。

 問題は、味が最悪だったことである。

 酢豚一点突破主義のような、この定食。

 ご飯に酢豚の汁が滲んでいて、汚かった。食べても食べても、同じ味。

 こんなまずい酢豚を食ったのは、いついらいだろう。


初めて入ったこの店で、注文をしたとき、




 「酢豚定食下さい。」


店員

 「大盛りにしますか?」




 「・・・・・。じゃ、大盛りでおねがいします。」


 この一瞬の・・・・が、運命の別かれ道だった。

 このとき、どのくらいの量か、確認していれば。

 普通、大盛りといえば、ご飯の量が1.3倍くらいではないだろうか。 せいぜい、1.5倍くらいだろう。

 この店では、ご飯だけでなく酢豚の量も2倍である。

 私は、食は太く、食べ物はなかなか残さない主義。

 できるだけがんばって食べた。

 が、本当に味が最悪だった。食べても食べてもあの不味い味がつづく。

 結局残してしまったなあ。あんなに不味いと知ってたら、大盛りにしなかったのに。

 
 そんな、くだらないことを考えてるうちに、左官が、

 「山口ジジイさん、終わったよ。」

 と現場事務所に上がってきた。


 二人で土間コンの仕上がりの最終確認をして、完了。

 「おつかれさんでした。」

 と、別かれた。私も現場の戸締りをして帰った。

 自分の車に乗り、時計をみると、午前3時を回ってた。

 
 建築現場の仕事は、現場の工程を優先するので、こんな夜もあるのだ。




投稿者: 山口ジジイ



[人気blogランキング] ←クリック投票に協力して下さいませっ!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!