上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『山岳雪崩大全』 雪氷災害調査チーム 編

『山岳雪崩大全』 雪氷災害調査チーム 編
『山岳雪崩大全』 雪氷災害調査チーム 編 (山と渓谷社)



雪崩発生のメカニズムとリスクマネジメント―雪崩から逃れるすべてがわかる

 毎年、雪崩事故はあとを絶たず、埋没による遭難者も多数発生している。

 そうした現状をふまえて、『最新雪崩学』『決定版雪崩学』の後継商品として、 雪崩に関するあらゆる点を考察、網羅した雪崩の教本。

 十数年の歳月を経て、更に最新情報を取り入れ、執筆陣の幅も広げ、 視覚素材をふんだんに入れてより一層分かりやすい書籍となった。

全体は4章で構成。

第1章「雪の科学」
「降る雪・積もる雪」「積雪の構造」「雪崩の分類」で、 雪崩発生のメカニズム、動体構造などを解きあかす。

第2章「雪崩リスクマネジメント」
「積雪安定性評価」「リスクマナジメント」「雪崩対策装備とコンパニオンレスキュー」など雪崩の危険判別法、 雪崩対策の装備、セルフレスキューなどを説明。

第3章「雪崩事故への対応」
「雪崩と低体温症」「外傷」「窒息と心肺蘇生法(CPR)] 「搬出方法と治療後のメンタルケア」まで医学の立場から解説した。

第4章「雪崩事故の実例」
最近の事故実例に雪崩発生地点地図をつけ説明。

(以上、amazon 内容紹介 より)




2月に発売された 『山岳雪崩大全』 (発行 山と渓谷社) を買って、ちらっと読んでみました。


 一言で言うなら、読み応えのありすぎる雪崩に関する専門書ですね。(笑)


 執筆者に名を連ねているのは、大学の教授や准教授、研究者、医師、登山家兼ジャーナリスト、国際山岳ガイドなどそうそうたるメンバーでした。いや~読み応えがあり過ぎました。(笑) 

  「多くのクライマーが雪山に魅せられ、深山に分け入る。スキーやスノーボードで雪山を滑走する爽快さは何物にも代え難い。(よく解ります。〈笑〉)・・・・・・・・・・本書は、登山者、スキーヤー、スノーボーダーなど冬の山岳に携わる人に向けて書いている・・・・・・・・」 とのことです。

 雪山フリークのみなさんも是非、読んでみて下さい。(笑)






第4章「雪崩事故の実例」最近の事故実例に雪崩発生地点地図をつけ説明。
第4章「雪崩事故の実例」最近の事故実例に雪崩発生地点地図をつけ説明



ここです。

  印の箇所 『第4章「雪崩事故の実例」最近の事故実例に雪崩発生地点地図をつけ説明。』 (2012年3月13日に発生した 「猫魔ヶ岳雪崩事故」)

  に、わたくしの撮った写真 (雪崩の翌日に猫魔スキー場で撮った写真) が載りました。



 わたくしの撮った写真と雪崩れのことを掲載した記事は、


 → 「裏磐梯 猫魔スキー場  2 (福島県 北塩原村)」[Anthony's CAFE 2012/03/16]






 第4章「雪崩事故の実例」は良かったです。


 ノンフィクションの物語としてとらえることもでき、内容は充実していて、読者をぐいぐい引き込む力があり一番読み応えがありました。











投稿者: 霧島




スポンサーサイト




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

『岳』 石塚 真一 著

 旧友オスカーの率いるエベレスト登山隊とヒマラヤで出会った三歩は、自身の目的であるローツェ単独登攀を目指し、彼らの元を離れた。一方、登山隊は、エベレスト・サウスコルに到着。

 そこから最後の難所・ヒラリーステップを越え、最終アタックを試みる。ボンベの酸素が少なくなりながらも、なんとか全員ヒラリーステップを越え、山頂に辿り着いた登山隊。

 しかし、帰路についた彼らに予想外の事態が…。天候悪化に加え、一方通行の山頂付近で他の登山隊と重なり、交通渋滞により待機を余儀なくされる。残りの酸素はなくなり、天候は悪化の一途。必死に下山を試みるが、氷点下の暴風雪がブリザードとなって彼らを襲う。一人、また一人と隊員たちが倒れていく。

 先頭を行く日本人隊員・小田草介が足を滑らせ、万事休すかと思われた、その時……!!島崎三歩、彼の決死の救助劇がそこから始まったのだった───

 最終巻特典:オリジナル本誌に掲載された最終回のカラーページを、単行本でもカラーページで再現します。

(以上、小学館 ビックコミックス 『岳』 第18巻 内容紹介 より)





『岳』 17巻・18巻の表紙を合わせたもの
『岳』 17巻・18巻の表紙を合わせたもの



登山者たちに愛され続けている山岳漫画 『岳』が、ついに完結しました。


 コミック 最終巻となった18巻が、先日刊行されました。

 累計発行部数・400万部を突破して、なお売れ続けているという大ヒット・コミックであります。


 最終章は、16巻から始まりましたが、いや~長かったです。

 特に、17巻の後半からは、ハラハラ、ドキドキの連続で、読んでいる方が気が気ではありませんでした。

 読んでるだけで体力が消耗してしまいました。(笑)


 賛否両論いろいろあるとは思いますが、時流に迎合して安易にハッピー・エンドにしなかったのは大正解たと思いました。

 でもまあ、最終章は、過酷で、悲惨で、何よりも切ない展開でしたねー。。。






「山と渓谷」 2012年9月号 表紙
「山と渓谷」 2012年9月号 表紙


 その 『岳』 の主人公 島崎三歩が雑誌 「山と渓谷」 の表紙を飾りました。

 
 9月号でした。いや~、これにはびっくりしました。


  「山渓」 も、山岳レスキューという、最近注目され、ときに悲惨で過酷な世界を扱ながらも、山登りの素晴らしさを描き切った 『岳』 に敬意を表しているのですね。

 本誌では、『岳』 の特集も組んでました。












投稿者: 霧島  構成:Anthony








人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

『白銀ジャック』 東野圭吾 著

ゲレンデの下に爆弾が埋まっている――

 「我々は、いつ、どこからでも爆破できる」。年の瀬のスキー場に脅迫状が届いた。警察に通報できない状況を嘲笑うかのように繰り返される、山中でのトリッキーな身代金奪取。雪上を乗っ取った犯人の動機は金目当てか、それとも復讐か。

 すべての鍵は、一年前に血に染まった禁断のゲレンデにあり。今、犯人との命を賭けたレースが始まる。圧倒的な疾走感で読者を翻弄する、痛快サスペンス!


(以上、「BOOK」データベースより)






10月に、「実業之日本社文庫」シリーズが創刊されました。その中の目玉作品がこれです。


 本の帯にも書いてありましたが、いきなり文庫化された作品なんですね。まことにありがたい企画です。 

 
 さて、この作品、『白銀ジャック』 ですが、スノーボーダーであり、スキーヤーでもある東野圭吾さんでなければ書けない作品ですね。

 
 ミステリーというよりサスペンスです。スピーディーな展開でテンポも非常にいいです。

 まるで、スノーボードやスキーで疾走してる感じです。圧倒的なドライブ感。 あっ、という間に読んでしまいましたね。

 構成もいいですね。広げた伏線が最後にはすべてつじつまがあうようになってます。なるほど、と納得させられます。

 「意外な展開」、「予想外の結末?」という感じか。。。。

 東野圭吾さんらしいオチをつけてくれます。

  
 スノーボードやスキーの滑走シーン、追跡シーン、スノーボードでのストレートジャンプ、スピンジャンプのリアルな描写には驚きました。映像が目に浮かぶようです。   

 また、長引く不況やレジャーの多様化、最近のインドア志向等によるスキーやスノーボード客の減少。スキー場の経営難。リゾートスキー場の問題。

 地方の振興と疲弊などが重要なテーマになっています。


 ラストは、ありえないほどのハッピーエンド!

 読んでるほうがはずかしくなってきますね。(笑) 







投稿者: 霧島






【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

『ちゃれんじ?』 東野 圭吾

『ちゃれんじ?』東野圭吾
『ちゃれんじ?』 東野圭吾(実業之日本社)


直木賞を受賞した 『容疑者 X の献身』 が映画になりましたね。


 評判がよかったです。是非、観たいと思います。

 原作は、もちろん読みましたが。。。



江戸川乱歩賞作家でもある 東野 圭吾 さんのエッセイ 『ちゃれんじ?』 を、読み返してみました。


 『おっさんスノーボーダー殺人事件』 なんて短編ミステリーも入っています。(笑)

 44才で初めて挑戦したスノーボードに嵌って行くすさまじさが、自虐的爆笑風に綴られています。

 彼とは、同世代なので、気持ちは良く解ります。

 うんうん うなずきながら読みました。(笑)  #雪をもとめて、ザウスから月山へ。。。。。。


 「私を夢中にさせているのは、上達、ということだと思う。 はっきり言って、私は、おっさんである。40代後半と言えば、押しも押されぬ中年だ。そんなおっさんになってしまうと、何か新しいことを始めて、習って、そして、上達する、という機会が極端に減ってしまう。むしろ、かつては出来たことが出来なくなってきた、ということのほうが多い。だから、たとえ小さなことでも、「昨日は出来なかったことが、今日は出来た」と思えることが嬉しくてしかたがないのだ。そして、スノーボードは、そのわずかな上達を肌で実感できるスポーツだ。特に初心者の頃は、滑るたびに多少なりとも上達する。さらに、自分の課題を自覚し、今度は、それを克服しようという気にさせてくれる。」
 

 その通りでした。まったく同感です。良~~く共感させいいだきました!(笑)



 実業之日本社からでている「J-ノベル」という月刊誌に、東野 圭吾 さんのスキーとスノーボードを題材にした、痛快サスペンス 『白銀ジャック』 が連載されています。

 みなさんもチェックしてみて下さいね。(笑)










投稿者: 霧島


『容疑者 X の献身』 公式サイト



東野 圭吾 関連商品は必ずチェック!






【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!