私の出逢ったすごい人!

「しんしん」 さんのイメージ画像_4
「しんしん」 さんのイメージ画像



今回は、結構自慢になる貴重な経験をご紹介しましょう!


 私の出逢ったすごい人!

 一体誰だと思います?(これから話すことは全て真実です)


 それは今から遡る事18年前、大学の就職活動をしていた時の事です。

 大阪のM市のある会社に面接に行った時、面接官に社長室へどうぞ!と言われました。

 町工場でもなく、それほど名は知れていないが、近代的なオフィス・ビルで規模的にはとても社長が出てくる様な雰囲気ではない。

 
 社長とマンツーマンで面接なんて一体何を聞かれるんだろう!

 と、心臓バクバクのボルテージは最高潮に達しようとしていた。

 そして社長室へ導かれ面接官にこう訊かれた。

 「この方誰かに似てませんか?」 と・・・


 本音(やさしそうな顔立ちやけど、普通のおっさんやんけ)は言えず、困惑していると、

 痺れを切らした面接官が言いました。

 「この方は西郷・・の、ひ孫です!」


 ギョエ、そうです。あの西南の役で活躍した西郷ドンの4代目だったのです!

 名は西郷隆光さんで、顔は何処と無く面影がある程度で、言われなければ恐らく気付かなかったろう!

 
 こんな有り得ない状況に終始、手が震えっぱなしだった。

 面接内容は何も記憶になく、社長の顔ばかり見ていた。


 面接は無事終了したが、その後も緊張と萎縮で放心状態が30分位続き、勿論手は汗でギトギトになっていた。

 
 結局、不採用になったが、俺にとっては一生に一度あるかないかの treasuer experiense だったのさ!






投稿者: しんしん

[編集長-ひとこと]

 いきなり、西郷隆盛の曾孫だという人が社長で面接というと、びっくりするだろうねぇ。

 でも、それがどうしたという心意気で面接を突破しなきゃいけなかったんだろうねぇ。



[編集長-ひとこと]

 連載開始から数週間しか経っていませんが、連載をいったん中断します。

 実は執筆者である、しんしんさんが 「プロ馬券師」 となるべく、競馬の研究に没頭することになったからです。(本当)


 今後は、ネタが浮かんでからの不定期掲載となります。


 じゃ、「競馬必勝法」 とかの記事を書けばいいじゃないの?と、なるわけですが、そんなもんをタダで教えてくれるわけなないでしょう!(笑)



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【にほんブログ村 ニュースブログ】 ← こちらもクリックお願いしますっ!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

懐かしの名物教師

「しんしん」 さんのイメージ画像_3
「しんしん」 さんのイメージ画像


ようやくお正月気分も抜け、落ち着いた感じです。
 

 何が落ち着いたのかわかりませんが、今回は私の中学時代の滑稽な教師がいた話です。


 それはもう30年も前になるでしょうか。ある社会科の先生がいました。

 その先生の授業というのは、他の教師とは違う授業内容でした。

 その内容とは長さ40センチ位の厚紙にキーワードを書き(予め先生が用意)、授業がある日の日付下一桁の番号を出席番号に当てはめて解答させるものだった。

 例えば大政奉還→徳川慶喜という感じで・・質問ペースも速かった!

 
 この授業がある日は緊張の糸がほぐれる事はない。

 何故なら今日は自分が確実に当てられるのが100%わかっているからだ。

 逆に一般的な先生だと、その時の運や気にいらない生徒をわざと指名して皆の前でさらし者にしたりと、片寄りがあったりする。

 しかしこの先生はこういうひねった点が末恐ろしい。

 そしてその癖の悪さが、クライマックスとなって発揮される時がやってくるんです。

 それはテストの答案用紙が返ってくるまさにその時地獄は巡ってきます。

 体罰はないですが返す前に怒鳴り散らす説教を最低30分はして、40数枚の答案用紙を隣の教室に響く位教卓に叩きつけるんです。

 当然、生徒らはうつむきため息の連続・・・

 
 答案が手元に来た時にはもうボロボロに!

 担当が変わらない限りこれを毎回繰り返し行われるのであった。


 あの頃はたまったもんじゃなっかった。






投稿者: しんしん

[編集長-ひとこと]

 まさに、現代の 圧迫面接 にもつうじるほどのプレッシャー!

 これを、校内 パワー・ハラスメント 言わずとして、なんと言う。


 僕だったなら、教育委員会に訴えるなぁ・・・



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【にほんブログ村 ニュースブログ】 ← こちらもクリックお願いしますっ!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

マスク

「しんしん」 さんのイメージ画像2
「しんしん」 さんのイメージ画像



はじめまして、しんしん です。


 皆さん、まだ記憶に新しいあの新型インフルエンザは、勿論覚えておられるでしょう。


 今ではイの字も出てきません。

 あの問題はどうなったんでしょう。解決したんでしょうか?(ひょっとして私だけが知らない?いやそんなはずはない!ニュースは毎日チェックしてるし・・)


 当時は街中がマスクで溢れかえり、ノーマスクでは変に見られ恥ずかしい気分になることも・・・

 それが、現在では何事も無かった様に殆どマスクをしている人はいなくなった。

 
 因みに私はマスクは嫌いだ!

 何故かと言えば眼鏡を掛けているから。

 眼鏡してる人なら判ると思うけど、あれって息で曇るんですよね。(曇らないやつもあるけど高い!)

 でも、逆に息が臭い時(人)にとっては最適かも・・


 何だかんだで神戸発祥から始まり、あれだけ世間が過敏に反応していたのは、何だったんだろう。

 一時はマスク不足でインターネットで高額取引されていた事が嘘の様。

 ブームが消えると、解決したかに思えるが決してそうではないと思う。

 知らぬ間に増殖されていたらと思うと・・・


 流行に敏感な日本人とは対照的に、欧米では全く左右されないらしい。

 ポリシーを持つ事の良し悪しに関しては人それぞれだが、この事により人種的分析観点からも甲乙はっきりしていると言えるでしょう。


 私個人の一方的な哲学になってしまったが、要するに日本人の特徴としては熱しやすく冷め易い傾向があるという事。

 けなしている訳ではないが、単に切り替えが早いのか割り切って見限ったのかは判断し辛い。

 国外の人から見ると滑稽な日本人と思われているだろう。

 
 しかし何事も共通して言えるけど、いちいち気にしてちゃ生きて行けないって事ですかね!






投稿者: しんしん

[編集長-ひとりごと]

 僕は、昨年の秋から毎日マスク着用で仕事をしています。

 風邪・インフルエンザの予防の為ではなくて、屋外の現場仕事なんですが、劣悪な環境のせいです。

 いわゆる 阪神工業地帯 の埋立地で、周りには工場や交通量の多い国道と高速道路があって、大型トラックが頻繁に出入りする流通センター、ゴミ焼却場、工事現場・・・

 そんなところなんで、マスクをしていないと咳がひどくて、とてもじゃないですけれど、仕事ができません。


 実際に公害病の認定をされた地域なんで仕方がありませんが、地元の人はわりと平気みたいです。
 


【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【にほんブログ村 ニュースブログ】 ← こちらもクリックお願いしますっ!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

しんしん、大いに語る!

「しんしん」 さんのイメージ_1
「しんしん」 さんのイメージ画像



ライターを募集しているのだが、単発の記事投稿だけで、なかなか連載記事を書いてくれる人がいない・・・


 なので、新ライターを僕がスカウトしてきました!(笑)


 「しんしん」 さんは、40代前半の男性で、僕と同じく大阪市内に在住しています。

 現在、自由業的な仕事に就いておられるので、大阪中をあちこち飛び回っている。(バイクで)

 大学を卒業されて以来、多方面で活躍(暗躍?)しておられたようなので、けっこう記事の内容には期待できそうです。


 な、わけで今後は不定期になりますが連載を開始いたしますので、読者のみなさん、どうかご期待くださいませませ!

 どんな内容になるかは、まだわかりませんが、大いに語っていただきましょう。









投稿者: 編集長 兼 管理・運営担当 Anthony



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【にほんブログ村 ニュースブログ】 ← こちらもクリックお願いしますっ!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!