FC2ブログ

















貞子ニャン

貞子ニャン

 呼ばれて、飛び出て、にゃにゃにゃにゃ~ん!




投稿者: Anthony


[人気blogランキング] ←クリック投票に協力して下さいませっ!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2005/06/25 21:33 ] Menu:35 怪奇大作戦 | TB(0) | CM(1)

路地裏のポコペン  その3

pokopen_3_1
Photo by Anthony  撮影場所: 大阪市中央区谷町6丁目



怪しい三つの影の正体は、猫だった。


 猫の多い町は、下町(GOOD TOWN) の証拠である。


 「猫の多い町は心優しき人が多く住む町」 と誰かが言っていたが、(僕が言っていた)路地の入り口に猫の爪とぎハウスが設置されていたのも、この界隈の住人が猫好きの証拠。



さらに路地を進み、角を曲がると、


 いきなり、キンチョールのホーロー看板とでっかい瓢箪が入り口に飾ってある家を発見!

 
 引き戸もマラカイト・グリーン(蚊取り線香の緑色の合成色素)にペイントされているし、ここが 「ポコペン」 か?








pokopen_3_2



「ポコペン」 では、なかった、が、


 阪神タイガースのユニフォーム姿の花形満(巨人の星の飛雄馬のライバル。高校球児なのにスポーツカーを乗りまわしていた事で有名)が、「この方向だっ!」 と、バットで指し示してくれているではないか!


 しっかし、その方向は青空だった ・・・








pokopen_3_3




花形にだまされたショックを隠せないまま、僕達はさらに進んで行った。


 すると、軒先から涼しげな金魚鉢が吊るしてあるではないか。


 初夏の空と猫と金魚、良い取り合わせでである。ひょいと金魚鉢を覗き込んでみると ・・・

 そこには金魚なぞ存在せず、潜水具に身を包んだミニチュアが2体。

 
 何なんだぁ???








pokopen_3_4



脱力感と凄い疲れから、、、座りたくなった。


 その時、路傍に縁台があった。  タイミングが良すぎるが、やっぱり下町には縁台が似合う。


 しっかし、腰掛ようとすると ・・・

 わざとらしく、サイダーの瓶にシャボン玉セットが置いてある。

 これでは、座れないだろうに!








pokopen_3_5



と、そこが 「ポコペン」 だった。


 やっと、たどり着いたその店は、普通の民家で畳敷き、昔懐かしい感じが漂う(貧乏臭いともいうが...)良い雰囲気で、珈琲を飲みながら写真展をと


 思いきや、満員なのである。 履物が玄関だけでは収まらず、表にまで下駄並び。


 今回は入店をあきらめて近所の猫と遊ぶ事にしたが、半ズボンの英泉師匠が蚊にやられてしまったので退散。




ここで、一句。


  「蚊柱に 身を避け通る 路地裏か」 庵祖兄


 (つづく かも?)












投稿者: Anthony






人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

路地裏のポコペン  その2

pokopen_2_1
Photo by Anthony  撮影場所: 大阪市中央区谷町6丁目




再び謎の 「カフェ・バー ポコペン」 に潜入を試みようと、


 谷六の路地裏に当ブログの顧問 キョンキョン嬢と僕の文筆・文芸の師である英泉師匠の3人で行ってみた。


 今回は逆立ちした自転車(アート・オブジェだったのか、どうかはは不明)は無かった。

 いつ、倒れるかどうかわからない自転車は危険だという理由で自主的に撤去したのか、町内会自治会からの指示・通告で撤去したのか? それとも、た単に盗まれただけなのか?








pokopen_2_2



石畳の坂道を下ると、そこには、錆びた工業用プレス機とポコペンあっちの看板が ・・・


 これもアート・オブジェなのか?


 後方には、猫の爪とぎタワーが何台も設置されていた。








pokopen_2_3




なんだぁ? こりゃあ?


 キョンキョン嬢(ジャージ)と英泉師匠(半ズボンに下駄履き)が、石畳の横に埋め込まれている 「何か」 を発見した。。。








pokopen_2_4




ん? ん?


 ん、 近づいて、よく見てみると、


 小石、ビー玉、ジュースの王冠、麻雀牌、洋酒の蓋、貝殻、パチスロのコイン etc...

 
 いったい、何なのだ? 誰が何のためにセメントに埋め込んだのか?

 こんなのが、約5メートルに渡って展開されている。


 これもアートなのか?いわゆる イ ンスタレーション・アート であろうか?


 その時、僕たちの後方から忍び寄る 「三つのうごめく影」 が ・・・


 (つづく......)












投稿者: Anthony





人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

路地裏のポコペン  その1

pokopen_1_1
Photo by Anthony  撮影場所: 大阪市中央区谷町6丁目



大阪市中央区谷町6丁目


 地下鉄の 「谷町六丁目」(略して...タニロク)駅からたった1分の場所。

 オフィス・ビルが立ち並ぶ都会の谷間のこのあたりだけ、下町です。


 フリー・ライターという超不安定な仕事なもんで、どんな雑文だって、いや、どんな雑用だって、仕事(クイブチ)をいただけるのなら、、、

 しっかし、この人通りの無い路地裏に、編集プロダクションなんかあるのか?

 プロダクションの代表から貰った名刺の住所は、確かにこの辺りなんだけれど・・・







pokopen_1_2



目指す場所にはいっこうにたどり着けず、そのかわり、


 逆立ちする自転車に立てかけられたボロ板に写真展の告知?

 ガスボンベらしきものにカフェ・バーの電話番号??






pokopen_1_3


店の名が 「ポコペン」  って、、、 怪しすぎる。

 ポコペンって、いったい、、、








pokopen_1_4


カフェ・バーにはギャラリーが併設されているのだろうか?

 しっかし、やっている写真展も怪しすぎる! 「幽霊の、」 って、いったい? 

 そして、この写真の女性は? 


 待ち合わせの時間がせまってきた為に、これ以上の探索ができなかったのが残念だけれど、

 次回は、必ず真相(って、何の)をあばいてみせる! 


 (つづく....) 












投稿者: Anthony


   



人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!