上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フルバンド生演奏消え“カラオケ方式”/紅白

 大みそか放送の「第63回NHK紅白歌合戦」(後7・15)のリハーサルが30日、東京・渋谷のNHKホールで行われた。今年で63回の紅白はこれまでフルバンドによる生演奏だったが、今回は初めてフルバンドを入れないことが30日、分かった。

 伴奏は従来、NHKホールに近いスタジオでフルバンドが生演奏し、専用回線で届ける形。三原綱木とザ・ニューブリードが1972年から連続出演してきたが、今回はいない。

 このため自前のバンドを入れる歌手以外は、ニューブリードなどの演奏で事前に伴奏をスタジオで録音。31日は、その音源を元に、いわばカラオケ方式で歌を披露することになる。

 理由について同局は、歌手が歌うバックの映像を歌に合わせて凝ったものにしているため、事前録音が適していると判断。演出効果を優先した形だが、「来年以降はどうするか未定」としている。

(以上、サンケイスポーツ より)




もう、なんとでもしてくれ!


 生演奏で歌わない

 NHKホールで歌わない

 リハーサルに参加しない

 初っ端に出てすぐ帰る

 歌手じゃないけど出る...


 もう、なんとでもしてくれ。

 
 しまいには人、間じゃないモノが自動演奏で 「唄う」 だろう。











投稿者: ぐっちゃん

[編集長-ひとりごと]

 これで、三原綱木は再結成した ブルー・コメッツ に専念できるね。


スポンサーサイト




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2012/12/31 20:00 ] Menu:07 ニュース です YO! | TB(0) | CM(0)

最後の契り か     あんなに一緒だったのに・・・

震える手で文章を打ちながら、とめどなく流れる涙。 こんな、ぶざまな姿でも僕は生きなければならないのか...


彼女が家から出ていった次の日、1日だけ返ってきた。これが、最後なのか?


 前の夜に 「愛してます」 というメールが彼女から届いた。

 
 メールを読んだ後、携帯を抱きながら泣いて布団に入った。

 もう一度、今までの、8年半の生活を取り返せるのか?

 期待と不安と絶望が入り混じった感情に押しつぶされになりながら、ビールを飲んだ。


 その日の朝、彼女から 「今から、帰る」 「大国町」 と、いつも彼女が夕方に帰宅する時に駅から届くメールと同じ文面で届いた。

 ああ、帰ってくるんだ。本当に帰ってくるんだ。

 これからは、もっと彼女を愛して、大事にするんだ。いろんなところに出かけて、もっと、もっと、思い出を作るんだ。

 二度と手放したくない! 離れたくない! これからは、生まれ変わるんだ。


 それからしばらくして、彼女は帰ってきた。

 もう、一度やり直したいことを告げるが、彼女は、無理だという。

 泣きじゃくる彼女をを引き止めることができない。


 これで、もしかしたら、最後になるかもしれない。

 そう思うと、彼女と肌を重ねた。

 これが、最後の契りなのか・・・


 いつもより、激しく、彼女は僕を抱きしめてくれた。

 僕は、彼女をずっと抱きしめた。

 「愛してるよ」

 「わたしも」


 その間、何度も彼女の携帯が鳴った。

 彼女は、僕とやり直すために帰ってきたのではなく、僕が自殺するのを食い止めるわけでもなく、僕を心配して帰ってきたわけでもなかった。

 僕に別れを告げるためだ。

 
 電話は、彼女の実家ににいる妹からだった。

 市役所に行って住民票を実家に移す、転出届を出すようにという内容だった。

 完全に、僕の元から去ろうとしていたのだ。。。。












投稿者:Anthony






人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

忍び寄るあの時・・・  その日は、徒然やってきた。。。

僕の身に降りかかってきたことを、ここに書き残そうと思います。


突然の環境の変化、、、 彼女が僕の家から実家に逃げ帰ってから、今日で10日目。


 ことの発端は12月3日、月曜日のこと。夕方、いつものように僕は買い物中に彼女の携帯に電話をした。


 夕食のメニューの事とドラッグ・ストアで買う予定だった歯ブラシのかたさ 「かため」「ふつう」のどっちがいいのかを聞くためだ。

 しかし、何度かけても出ない。

 僕は、なんとなく、こうなることを肌で感じていた。

 
 最近、急に彼女が掃除を始めたり、衣替えしたばかりなのに衣装ケースから服を取り出しては、整理しはじめて大量に不要な服を捨てていた。

 最近、よく実家のほうに帰ったり、仕事にでかけたふりをしては有給休暇を使ってどこかに行っていたりと、その時にまとめておいた荷物を移動させていたのだ。

 それでも、前日までは一緒に温泉に行ったり、食事に出かけたり、買い物に行ったり友人を呼んでTVでサッカー観戦したりしていたのに・・・・


 まさか?と思い、ドラッグ・ストアから急いで家に帰ると彼女の姿は無かった。

 何度も何度も電話をかけた。すがる思いで、またかけた。

 もしかして、事故にあってるのか?それとも、失踪? そう思い、実家に電話をかけて真相が理解できた。

 
 いくら事情を話しても彼女には取り次いでくれない、それどころか、これ以上しつこくすると警察を呼ぶとまで言われた。

 実家の父親には罵倒され、妹は僕のことをゴキブリだという。

 そして、電話線を抜かれた。


 すぐに、最後の願いで彼女の携帯に電話したら、出てくれた。

 僕は、身体中の筋肉が痙攣して、体内の血が逆流しそうな感覚に襲われていた。

 強烈な吐き気とめまい、絶望感と不安感、そしてたまらないぐらいの孤独感に包まれた。

 もうだめだ、と思い、錯乱しながら彼女に自殺することを告げた。


 すると、彼女は泣きながら僕を引き止めた。

 「大好き、愛してる」 彼女の口からは、はっきりとその言葉が・・・
 
 明日、家にいったん戻るから死なないで欲しいと言われ、なんとか踏み止まることを約束した。

 
 その夜は、いったいい何本のビールを飲んだのか。いつもなら缶ビールを2本も飲めば酔ってしまうのに、15本も飲んだのにまるっきり酔えなかった。

 只、只、不安が募るばかり。布団に横たわっても、昨日までの彼女の笑顔が思い浮かぶだけ。


 その時までは、彼女を説得できると思っていた。

 真剣に僕の立場を説明すれば、彼女を繋ぎ止められると思っていた...










投稿者:Anthony






人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

大阪の桜は散らず、そしてもう一つの桜は散った

この記事が、たぶんこのブログの最終記事になると思います。


 僕がいう大阪の桜とは、大阪市の花「桜」 をチーム名に冠したセレッソ大阪(スペイン語でcerezo は桜)のこと。そして・・・

 
 12月1日(土)に行われたサッカーJ1の試合、相手のフロンターレ川崎に勝つか引き分けでJ1残留が決まる試合。

 僕はその試合にはスタジアムに行けなかったので、翌日のBSの録画放送を彼女と、偶然にも近所のスーーパー銭湯で10年ぶりに再会した古い友人とで、家で酒を飲みながら観戦した。

 結局、元川崎の横山選手が2得点という絵に描いたような結果、2-2で引き分けで自力で残留を決めた瞬間、大声で彼女と喜びの声を上げた。

 1年間、彼女と応援し続けた結果が、セレッソの残留。

 大阪の桜は散らなかった。


 そして、もう一つの桜とは、このブログの1年くらい前からの読者でHNがセレッソ。

 彼は、ブログにはコメントをほとんど残さなかったけれど、同じセレッソ大阪のサポーターということで、僕に直接メールをくれた。

 離婚歴のある44歳で、嫁に逃げられてから鬱病になり、9年間も生活保護を受けながら自宅療養していた。

 共通の趣味と似たような境遇もあって、メールのやり取りは増え続けた。

 Naoさんの死が明らかになった時も、僕にいたわりの声をかけてくれた。

 Naoさんと同じ年な上に、まるっきり同じような生活環境。彼は自分の事のようにNaoさんの死を受け止めた。


 一昨日、彼女に逃げられて僕がブログの休止宣言をした記事を読んで、一度もくれたことのない電話をいただいた。

 初めて聞く彼の声は、生気の無いボソボソ声だけれども、何故か力強かった。

 「中年男の独り暮らしってのは、気が弱くなるのは仕方ない。未来が見えないからなぁ。Anthonyくんも、これからは独りだけれど、がんばろうよ」

 「セレッソくんも、がんばって、体調がよくなったら、一緒に長居のスタジアムに行こうよ。応援しようよ!」

 「編集長なんだから、ブログを続けなきゃ。俺みたいな独居の病人はTVかネットくらいしか楽しみがないんだから、続けてよ」

 「できるだけ続けたいけど、再開するにはかなり時間がかかるよ。僕も鬱病人の仲間入りだから」
 
 こんな会話が続いた。

 それが、初めてで、そして最後の会話だった。


 そして、今朝早く、彼の兄だという人からの電話があった。

 彼の死を伝えるものだった。

 昨日の夜、彼が家で衰弱死していたそうだ。正式には多臓器不全ということらしい。

 独り暮らしで満足に料理もできず、また作っても食欲が無く食べられない日が続いていたそうだ。

 
 彼は、最後の力を振り縛って、僕に電話をくれたのか・・・

 僕は、これをどう受け止めたらいいのか?

 
 ブログの再開はしたいけれど、時間が、時間が欲しい。

 今は、僕は、生きつづけなきゃ。


 独り暮らしの中年オヤジは、実に弱いもんだ。失恋で全てを失っても、まだ命まで失うなんて。

 女は新しい恋はたやすくできるけれど、男はそうはいかない。引きづるんだ。

 セレッソさんは奥さんに逃げられてから、9年間も奥さんのことを思い続けて、そして死んだ。


 僕の未来か? 

 ここから、どうするか? 

 
 しぶとく生きてやるさ。











投稿者:Anthony






人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

記事更新終了のお知らせ

僕の個人的事情で、この度、当ブログの記事更新を無期限停止とさせていただきます。


 今までの記事は僕とNaoさんが生きてきた証として、残しておきます。

 FC2側で削除されない限り、当分はブログは存在すると思います。

 
 読者の方々には、あまりにも突然なことで驚かれると思いますが、僕自身でもあまりにも突然すぎる環境の変化に対応しきれず、このブログを存続できなくなったのが悔やまれます。

 今まで、本当にありがとうございました。

 投稿者、ライターの方々、本当にありがとうございました。。


 実生活で交流があった方々にも、この場で感謝の意を表したく思います。ありがとうございました。

 
 再開の予定などは、現在のところ一切ありません。

 本当に、ありがとうございました。そして、すみませんでした。







投稿者: 編集長 兼 管理・運営担当 Anthony






人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!