FC2ブログ

















前ならえ (詩)

前ならえ
Photo by Asagimadara


真っ白い雪を背中にのせて


長い旗を持ち

我の後に 皆続け


この先には段がある

音をあげずにしっかり歩けよ

真っ直ぐに歩けよ


体の重みも こころの重みも

しがらみも 人生も

捨てきれない過去の重みも

みんな背負って厳格の中


マイペースで歩こうじゃないか











投稿者: 浅葱斑

(初出:2008/02/05 )





人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2015/01/31 23:00 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(0)

おしゃれな街と野良猫 (童話)

野良の自分が

おしゃれな街に出向くと

浮いてしまうかな


みんな綺麗だね

ビルの風景

すれ違う人達


ここはね

野良猫の餌は無いんだよ

無言の人達が無言で伝える


ニャオーン

やっぱ 下町に帰ろうっと

タタッ タタッ と


暖かいみんながいる街に

急いで帰ろう


ただいま











投稿者:Nao

(初出:2008/02/28 )





人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2015/01/30 23:00 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(0)

かくれんぼ (童話)

さっきまで一緒に遊んでいたのに

アレレ

どこに隠れたのかな


コソコソ

カリカリ


探してみたけど見つからない

どうしたのかな?

どこに行ったのかな?


しろちゃん みけちゃん どうしてるのかな?


あーっ!見つけたー!

もうっ!

心配してたんですからっ!


ニャゴッ!










投稿者:Nao

(初出:2008/02/21 )





人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2015/01/29 23:00 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(0)

みやぎ蔵王 白石スキー場 (宮城県 白石市)

数年ぶりに白石スキー場に行って来ました。


 気温低めで、曇り時々晴れ。昨日の暖かさで融けた雪が凍った状態のバリバリのハード・バーンでした。


 半日午前券を購入して、9時過ぎから13時まで滑ってきました。

 白石スキー場は、わたくしにとって思い出深いスキー場です。

 10年くらい前、初めて体験したスノー・ボードにカルチャー・ショックを受け、「スノーボードは自己流ではだめだ!」 と悟り、白石スキー場のスノー・ボード・スクールに入り、プライベー・トレッスンを受けました。

 
ここのスノー・ボードス・クールのレベルは、かなり高いです。

 
 スノーボード初心者なら、迷わず白石スキー場のスノーボードスクールでレッスンを受けることをお奨めします。

 半日でターンができるようなり、一日でカービングターンができるようになります。

 これホントです。 






白石スキー場 センターハウス
白石スキー場 センターハウス


久しぶりに、青空のもとでのライディングとなりました。


 やっぱり、青空が見えると気分も上がりますよね。(笑) 






センターハウス前
センターハウス前


センターハウス前は、白石工業高校の生徒さんたちのスキー・スクールと自衛隊の方の訓練で大混雑でした。






ファミリー・コース
ファミリー・コース


いつも思うことですが、「自衛隊の教官」 らしき人の滑りは、ほんとすごいです。


 サイド・カットもキャンバーもほとんどないようなスキー板で、しかも、普通のブーツみたいな踵の上がる靴で、あれほどの滑りをするのですから驚異的です!(笑)






Eコース
Eコース


Eコースにて、一休み。

 
 午前中は、幅が広く快適な中斜面が続くAコースで大曲カービング・ターンを楽しんできました。

 雪が少し緩んできた午後は、急斜面のあるEコースを滑ってきました。






Bコース
Bコース


Bコースは、上部が非圧雪の急斜面になっています。


 あまりコブになっていないのでラッキーと思い滑ったら、これがバリバリ、ガリガリのハード・バーン、アイス・バーンでした。

 ボードのコントロールは効かないし、バランスはとれなしで大変でした。

 一度のライディングで足腰が痛くなってきました。


 全くやれやれです。(笑)




 → みやぎ蔵王 白石スキー場 HP












投稿者: 霧島





人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2015/01/28 23:00 ] Menu:15 白銀は招くよ! | TB(0) | CM(1)

鉛色の空 (詩)

鉛色の空


そぼ降る氷雨

まだ芽を見ぬ木々たち

そっとふくらむ梅のつぼみ


ほら

耳を澄ましてごらん


ひたひたひた

そっとそっと近付く足音が聞こえるよ


春はもうすぐ


列車に乗れば早いのにね

ゆっくりお茶でも飲んで待っていようか










投稿者:Nao

(初出:2008/02/05 )





人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2015/01/27 23:00 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(0)

冬色の空 (詩)

冬色の空


鉛色の雲に映えわたる 

優しい花色


フーフーフーフー

手と手をこすり合わせて

息を吹き込む

見上げると白い雪


もうすぐ消えるよ 

白い雪










投稿者:Nao

(初出:2008/02/28 )





人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2015/01/26 23:00 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(0)

夕暮れ時 (詩)

部活の帰りの夕暮れ時

クラリネットケースを下げた少女と

少しの時間の井戸端会議



ホルンからティンパニーに転向した僕に

ピンクの封筒と丸い文字の便箋で

気持ちを綴ってくれた君に


ありがとう





 *まだ淡い中学生の頃のひとときでした。










投稿者:Nao

(初出:2008/02/07)





人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2015/01/25 23:00 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(0)

BARの片隅で (詩)

冷えきった体を彷徨う夜の街

BARの重い扉を開けると

暖かい笑顔のマスターが出迎える


停まり木に座り 「ホット・ラム」 とオーダーする

「ダークで?」


マイヤーズに手を伸ばすマスターに

「いや、今夜は白いので」


ヤカンに火を着けロンリコを注いでくれる

やがて湯気がともる銀色の取手がついたタンブラーが運ばれ

俺は一息をつく


木のぬくもりのするBARの片隅で












投稿者:Nao

(初出:2008/02/17 )





人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2015/01/24 23:00 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(0)

達磨月の夜 (短歌)

ひらひらと 粉雪が舞う 凍える夜

達磨月見上げ 感慨耽る







*達磨月とは:半月以上、満月未満のちょっとおデブな月を指す。当文化部の投稿者・縞猫さんの造語。











投稿者: 庵祖兄

(初出:2008/01/27 )





人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2015/01/23 23:00 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(0)

君の想い出 (詩)

遠い遠い記憶を呼び戻す音楽達を

遠い遠い国から送ってくれた君に

心からありがとう


すっかりすり切れたレコードを聴く度に

君が愛したメロディを思いおこしてみるよ

ザラザラザラ


針がレコードを擦る音が聞こえる

君の想い出と共に











投稿者:Nao

(初出:2008/01/22 )





人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2015/01/22 23:00 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(0)

バベルの塔 (詩)

バベルの塔に寄りし者共よ

今しばらく札束の囲いで泳ぐがよい


鉄を喰い油を飲み続け

ミイラの骨の随まで喰い尽くす人間共


おのが欲のために腹を満たせ

人間共よ


天が怒り大地がわななき

水が復讐する


その場で後悔するがよい

人間共よ


我、いずれ土に帰り

魂は天へと蘇る











投稿者:Nao

(初出:2007/12/02 )





人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2015/01/21 23:00 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(3)

黒伏高原スノー・パーク  ジャングル・ジャングル (山形県 東根市)

猛烈な強風の中、スノー・パーク ジャングル・ジャングルに行ってきました。


 立って居られないくらいの突風が吹き付け リフトが頻繁に止まる中、4時間券を購入して9時30分頃から13時まで滑ってきました。

 このスキー場は、牧場を利用して造られたそうで、2本のクワット・リフトで滑れることができる5コースとその周辺は、ロープやネットでの規制は全くなく、オープン・ゲレンデになっています。

 リフトの下だろうが、林の中だろうが、どこでも自由に滑ることができます。


 オープン・ゲレンデは素晴らしいですね。 





ゲレンデ・トップ付近
ゲレンデ・トップ付近


パウダーが降り積もる非圧雪の斜面を狙って、多くのスノー・ボーダーが来ていました。


 彼もその一人。

 ザックには、伸縮ストックを入れていました。

 分厚く降り積もったパウダーで止まったり、転倒したりしたら、伸縮ストックは大いに役立ちますね。


 彼の滑った跡を追うようにツリー・ランをしてきました。

 時折ホワイト・アウト状態になる中、先導者がいると安心して滑れますね。

 助かりました。





リフト下の非圧雪の急斜面
リフト下の非圧雪の急斜面


ご覧の通り、滑り放題でした。


 多少荒れてきてもブリザードがノー・トラック・バーンに戻してくれました。

 いゃー、ラッキーでしたね。(笑)





ベースのジャングル・プラザ (スキー・センター)
ベースのジャングル・プラザ (スキー・センター)


ここは、スノー・ボーダーが多いです。


 マスター券、シニア券がありますので、おじさん、おばさんスキーヤーも多く来ています。 

 わたくしも50代・・・  マスター券はありがたいです。(笑)





ベースからリフトへ
ベースからリフトへ


昼頃になると若いスノー・ボーダーが続々とやってきました

 
 時折猛烈な突風が吹き付け、数メートル前が見えなくなりますが、猛烈な寒さもブリザードも全く平気な様子です。

 若いって、素晴らしいですね。


 おじさんスノー・ボーダーは、昼頃ですでに終焉ムードです。(笑)





ホワイト・アウトしそうなリフト周辺
ホワイト・アウトしそうなリフト周辺  


この天候 もう、ダメだべっ!


 最近、許可されていないコース外を滑走して雪崩に巻き込まれたり、遭難したりするスノー・ボーダーやスキーヤーが多くなっています。

 まあ、パウダー・フリークとしての気持ちは解りますが、許可されていないコース外を滑走するのは止めましょう!

 スキー場のスタッフは大変です。


 リフトを最大限に利用して、非圧雪のオープンバーンを自由に滑れることができるスキー場もけっこうありますし、ガイド付きのサイドカントリーツアーをやっているスキー場もあります。

 こんなスキー場に行きましょう!


 まあ、多少高くは付きますが!(笑)





 → 黒伏高原スノー・パーク  ジャングル・ジャングル HP











投稿者: 霧島





人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2015/01/20 23:00 ] Menu:15 白銀は招くよ! | TB(0) | CM(1)

静かなる山のこころ (短歌)

静かなる 山のこころを こころにて

鳥なく窓に ひとりふみよむ


先立てて 泣くか我が身が 泣かれるか

他に道なき あわれ世の中












投稿者: 浅葱斑

(初出:2011/12/12 )




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2015/01/19 23:00 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(0)

アシュビルハウス宣伝文 (詩)

小詩集 『大阪ラプソディー』 より 47年前の詩


おいでよ

いくつもの豊満な乳房から

甘酸っぱい愛がしたたるおうち

アシュビルハウス


いくつもの曖昧な苦悩が

流れ着いては

壁の隅にぞよめいて

タバコみたいに時間を喫かしてる


水底にやさしく生い立った藻のように

触れ合う気泡をかきいだくおうち

小さないさかいひとつない

アシュビルハウス


あした叱られるために

肩を振り、腰しなやかに

今宵一夜の

リズム&ブルース


いつまでも朝がこなければ

天国へのフリー切符斡旋します










投稿者: 英泉

(初出:不明 )





人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2015/01/18 23:00 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(2)

クロッカスの手のひら (詩)

クロッカスの手のひら
Photo by Asagimadara



春をまちわびるように

わたしが植えたちいさな球根


土の中でまるくなり

氷の水を吸い込んで

新春が来ると膨らみはじめる


雪を踏む

足音しか聞こえない


落ちてくる痛みしか今はないけど

必ず目を出すのは 希望


東北は雪の真ん中


いちばん初めに顔を出すのはクロッカス

潤った地面から希望を持って花を咲かせる











投稿者: 浅葱斑

(初出:2011/01/10 )





人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2015/01/17 23:00 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(0)

ハード・ロック (五七五七七)

早弾きも 深紫の 風琴(オルガン)は

重金属(へヴィメタル)と 全然違う



(2007/10/31 - 若き日の思い出を詠む 庵祖兄)







*高校生の頃、僕は音楽のジャンルの中で1番嫌いなのがヘヴィ・メタルだった。(今でも、そうですが)

 
 そんな僕でしたが、当時、少しだけオルガンをやってまして、クラスメートがやっているハード・ロックのバンドに無理矢理に加入させられました。(ドラムをやっていた奴との女性絡みでの弱み...笑い を、他のメンバーに握られてまして、嫌々ながらの高校の文化祭限定バンド)

 その時は、ディープ・パープル (短歌調なので「深紫」 と表記させていただきました)というハード・ロックの元祖的バンドのカヴァーを演奏していたのですが、自分の精神を落ち着かせる為に、短歌調のこの言葉を呪文のように繰り返しておりました。。。。

 『ハイウェイ・スター』 『スモーク・オン・ザ・ウォーター』 という超有名曲でしたが、用意された楽譜を睨んで毎日毎日悪戦苦闘。

 他にも マイケル・シェンカー・グループUFO といったヘビイ・メタルのバンドの曲も強制的にやらされていたけれど、そっちの方の曲は苦痛でしかなかった。

 結局は、ライブが行われるハズの文化祭当日に、何故か?ドラマーと共に謎の腹痛と発熱が発症してリタイア。(それを世間では、計画的詐病ともいうけれど...)
 
 
 体育館の特設ステージに、バンドのメンバーが立つことはなかった。


 19歳の秋








投稿者: Anthony


Deep Purple - Made in Japan - Highway Star (YouTube 動画)

(時間帯や接続状況により視聴できない場合は、時間が経ってからどうぞ)





人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

春待つ我れ (詩)

春待ち まだ来ぬ春

待つ我 春待つ


春また 梅咲き 桜咲き

猫柳 我咲きと咲き 蕾と間違えられ


こぶしの蕾 猫柳と思い 

剣に刺すれば 君こぶしなり







*以前にね、お土産に知人にねこやなぎを切って持って行ったらね、実はこぶしの蕾でして。

 ドカンと大きな花が開きまして。 知人と二人でひっくり返った事がありま。.(笑)











投稿者:Nao

(初出:2008/01/17 )





人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2015/01/15 23:00 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(1)

戎橋パントマイム (詩)

小詩集 『大阪ラプソディー』 より 47年前の詩


幽霊が吹き込んだ

希薄なガスで

ふうせんは力を帯び

ずんずん僕は吊り上ります。


街にはたくさんの人通り。

ア!女の子が笑った。

僕は手を振ります。

とても、かかんに手を振ります。


空から街は透けて見え、

小さなベランダの鳥かごで、

ぶっぽーそーが鳴いています。

扁桃腺を病んでいて、

寂しい声で鳴いています。


夕陽はふかーい影を投げ、

人々は急ぎ足になり、

足から順に透けはじめ、

骨々があり、神経があり、

それらは徐々に薄れてゆき、

はてはもうもう見えようがない。


おお、少女よ!

針の雨

針の雨が

バラバラ降ってくるよ。










投稿者: 英泉

(初出:不明 )





人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2015/01/14 23:00 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(0)

膝痛激痛 (短歌)

彼女に 蹴り入れられた 膝頭

痛風よりも 痛いでホンマ






*僕は痛風持ちなのですが、その痛みは 「風が吹いただけで痛む」 という語源どおり激痛です。

 しっかし、ウチの彼女のキックは手加減無し。それも突然に。。。







投稿者: 庵祖兄

(初出:2005/05/24 )





人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2015/01/13 23:00 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(3)

待ち望む (詩)

待ち望むクロッカス
Photo by Asagimadara



どこかで待ってる人がいる

姿形はわからないけど


このまま雪が降り積もって

一番最初に顔を出すのはクロッカス


スプーンを重ねたような

青や黄色の合掌をして


ああ あなたでしたか


そんな春を待ち望む











投稿者: 浅葱斑

(初出:2011/12/21 )





人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2015/01/12 23:00 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(0)