FC2ブログ

















太るっ!  その2 「肥大」 (Re-New & Mixed UP)

「これは太って当たり前の食事」 を紹介します。


 早朝、まだ暗いうちから起きて食堂に集合です。

 
 社長夫妻とその長男・次男に従業員10人を合わせて、14人の地獄絵図。(笑) 

 ちなみに、先代社長夫妻や他の家族も別宅でご健在です。


朝食 .... 朝から揚げ物責めです!

 テーブルに並べられている大皿には、山盛りの豚カツ、海老カツ、ミンチカツ、ポテトフライ・・・ それに、ゆで卵と食パンが食べ放題。
 
 サラダがあるのはあるけれど、マヨネーズたっぷりのポテトサラダ。
 
 これらをパンにはさんでガツガツ、、、豚のように食べまくるのです。

 1リットルパックの牛乳と甘ったるいジュース類も並んでいます。

 
 最初、朝から 「こんなもの、よく、みんな食べれるなぁと」 思っていましたし、事実、僕は食べられませんでした。
 
 それが、食べれるようになってくるのだから、人間の 「慣れ」 というのは凄いものです。


昼食 ... またまた、揚げ物がメインです。

 鶏のから揚げに鶏の天ぷらにチキンカツにチキン南蛮・・・

 衣が違うだけで、全部、鶏だ!!

 
 もちろん、ご飯は大盛り 食べ放題。

 
 農家なので、売るくらいの野菜があるのだから、野菜も食べ放題だろうって??

 社長夫妻とその長男・次男は農家なのに、野菜を憎んでいるかのような野菜嫌い。漬物(塩分過多)に醤油をドバドバかける習慣がやめられないそうです。


夕食 ... 肉です。豚肉です。牛肉です。

 野菜炒めの野菜抜き、、、肉炒めです。。。

 それと、ビーフ・ステーキというか、肉を焼いただけというか、そこにケチャップとウスター・ソースをドバドバ~~

 チャーハンとかオムライスをおかずに白飯をお替りしまくり・・・

 
 ここまで書いて吐きそうになってきましたが、こんな食生活を今では完食、完食、完食、、、、の毎日です。
 
 

 








投稿者: シンジ  構成:Anthony   (初回掲載日 2006/12/18)

[編集長-ひとこと]

 僕も、ここまでの文章を読み返して、吐きそうになりました。


14人の地獄絵図・・・

 大相撲春場所の時節に、大阪市内の寺に某相撲部屋の取材に同行させていただいたことがあるのですが、その時の昼食時がまさにこの状況だった。(笑)

 相撲取りが、身体を作るため、取り組みのためといってガツガツ・モリモリと食事をしているのを目の当たりにして圧倒されまくりでした。

 しっかし、いくらキツい農作業のためといっても、この食事内容、、、  吐きそう。。。





人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

太るっ!  その1 「高脂肪・高カロリー・高塩分」 (Re-New & Mixed UP)

農家の下働きというのは、結構ツライものなんです。


 まともに働いたことが無い高校中退者で、今でうところの 「ニート君」 だった僕に勤まっているのが不思議。


 でも、何も考えずに、言われたことだけをやって金が儲けられるっていうのは、いいもんです。

 人間関係も気にしなくていいし、先輩も、後輩も、取引先へのヨイショもしなくていいし、気楽なモノです。

 ただ、バカになって行く自分が不安です・・・



楽しみは、食事と酒です。


 東北出身の奥さんが作る食事は妙に塩辛く、旦那(従業員は 「社長」 と呼ぶように強制させられているが)の好みで脂っこくて、しつこい。

 そのうえ、なんでも醤油ドバドバ、ソースたっっぷり!(お前は下町のオヤジか?) 


 家庭の事情で、九州の実家から離れて関西に暮らしていた期間が長かったので薄口の味に馴れ切ってしまい、塩分過多の食生活には耐えられないと最初は思っていた。

 でも、それにも馴れて平気になってしまったし、農作業が厳しくて結構な量の汗をかくので、身体が塩分を欲しがるのでしょう。 
 
 
 そして、毎晩ビールが1本(大瓶で)無料で飲めるのも嬉しいんですが、ビールの苦味と炭酸の爽快感が、脂っこいものを食べても平気にさせてしまうんです。

 結果、この3ヶ月で、25キロ太りました!

 身長が165cmの僕は体重が55kgという、身長マイナス110という平均体重の指標にジャストだったんですが、現在80kg!


 このままでは、生まれて初めての80kg代を越えるのは目に見えている .......













投稿者: シンジ  構成:Anthony   (初回掲載日 2006/09/11)

[編集長-ひとこと]

 この十数年の間に何度も何度も 「連載するする詐欺」 「取材再開やるやる詐欺」 「今度こそ完結させる宣言詐欺」 を繰り返してきたシンジくんといっても、もう50歳目前。(くん付けするような年齢ではなくなってししまった。)

 故Naoさんの 「下男日記」 を超えるような名作になるような期待を持たされながらも、その期待を裏切られ続けたこの企画。

 それを完結させる、と五十路に向かうオヤジが最後のチャレンジ。

 今度こそは、完結してくれ~~~!






人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

夏の路地裏 (俳句)

pokopen_2_3
Photo by Anthony  撮影場所: 大阪市中央区谷町6丁目



蚊柱に 身を避け通る 路地裏か






*「蚊柱」 といえば夏の季語ですが、

 蚊が集団で飛んでいるかのように見えるけれど、アレは蚊ではなくユスリカという別の虫で、蚊のように吸血するどころか口が退化しているためにエサを食べられず、わずか数日の命。

 あの集団行動は、雄が雌に対しての存在をアピールするための求愛行動だそうだ。


 なので、蚊に血を吸われる心配は無いのに身を避けていた僕は、その避けた場所でヤブ蚊に血をすわれてしまいましたとさ。(笑)


 ちなみに、写真の下駄履きに半ズボンの今にも蚊にやられそうな足を出している人物は僕ではありません。


 この俳句が生まれた経緯は、13年前の以下の記事をご覧ください!

     ↓


 → 「路地裏のポコペン (その1)」 (2005/6/2)

 → 「路地裏のポコペン (その2)」 (2005/6/8)

 → 「路地裏のポコペン (その3)」 (2005/6/10)











投稿者:庵祖兄

(初出:2005/6/10)





人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2018/08/14 19:29 ] Menu:16 Anthony's CAFE 文化部 | TB(0) | CM(9)