FC2ブログ

















第15回 エッチなパンツすら履かぬ少女たち―ヘンリー・ダーガーと非現実の王国

その少女には、ペニスがついていた・・・


ヘンリー・ダーガーの絵
ヘンリー・ダーガーの絵の一部


ヘンリー・ダーガー


 20世紀アメリカの、最も重要な美術作家のひとりとされる。

 何年か昔、メルヘンチックながら、多大なインパクトのあるこの画家の絵を見た時、たった一度で魅せられてしまった。

 1年前。ワシは 桐野 夏生 の小説が大好きなのだが、『リアルワールド』のハードカバーを手にした時、あっと思った。表紙の絵はダーガーによるものだったからだ。

 そして2008年、春。

こ の謎に満ちた作家の生涯を辿った映画が、ついに日本でも公開となった。

 今年の最初、ぴあで告知を見てから、絶対に見たいと思っていたのだが、ついに巡り会うことができた。

 ダーガー自身の写真は、知られているだけで3点しかない。

 「気難しい人」「孤独な人」等と証言されたダーガーは、早くに母が世を去り、妹も里子に出され、優しい父親と暮らしていたが、ダーガーが8歳の時に、父親が体を壊し、ダーガーは施設へ預けられる。

 その父親も、ダーガーが15歳の時に逝去。

 そして、施設での生活を嫌ったダーガーは、脱走に成功し、なんと260キロを歩いて故郷のシカゴに帰る。

 そして、病院の清掃人の仕事を見つけるのだが、その時から、ダーガーは膨大な量の物語と挿絵を、生涯にわたり書き続ける。

 というのがダーガーの一生の大筋なのだが、彼には生涯を通じて、たったひとりしか友人がいなかった(!)。

 そして、昼間は病院の清掃人、夜は睡眠時間を削って創作活動に没頭する日々を続けていた。

 彼が少女にペニスを描いたのは、女性と付き合ったことがなかったからかもしれないし、少女に多大な興味があったからかもしれない。そして、きっとその両方であろう。

 人と打ち解けるのが苦手で、友人もひとりしかいないダーガーに、彼女がいたとは想像がつかない。

 彼の想像力が溢れんばかりの絵を見ると、昼の彼は、きっと周囲から全く注目されない、取るに足らない人物に見えたに違いないと思う。

 また、彼自身も、周囲と打ち解けようとはあまり思っていなかったかもしれない。

 彼が築いた物語と挿絵―非現実の王国こそが、彼が生きる世界だったのだ。

 彼の絵は、彼が亡くなる数ヶ月前に、部屋を整理していた家主夫妻によって発見された。

 映画を見た記憶だと、「素晴らしい絵ね」と言った夫妻に対し、「もう遅いんだよ」と言ったダーガー。

 現実が孤独でも、人と交われなくても、孤独が養分となり、想像力がきれいな花を咲かせる。

 それを他人に認めて欲しかったのだろうか?

 しかし、そうでなくとも、ダーガーは描き続けた。

 孤独でも、冴えなくても、人に認められなくてもいいんじゃない?それがあなた自身の生き方なら。

 ダーガーから学ぶことは、いっぱい、ある。


「非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎」

名古屋シネマテーク 052‐733‐3959

夜8時30分~9時52分のレイトショー

当日 1,700円

16日(金)まで




投稿者: やさい

関連商品も要チェック!







[人気blogランキング] ←クリック投票に協力して下さいませっ!
関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



面白そうなのってタイガイ単館系なんだよね・・。田舎のシネコンでもやって欲しいものであ~る。
フリーダ・カーロの時はメデタク、念願叶ってNHK衛星で見ることができたので、大人しく待つことにしよう・・・。気が遠くなるホド電車に乗らねばならないトコロで生きるのってアル意味悲しいモノであ~~る・・・・。
[ 2008/05/07 11:45 ] [ 編集 ]

好い批評ですね、観たくなっちゃった。
観てもいないのに批評に参加しちゃお。

境遇と無知がゆえのはかなさが彼の人生とアートの魅力なのでしょうか?
きっと描く以外に自分の気持ちを出す方法がなかったのでしょう、本当に孤独なことです、でも一人でも友人が居たのはとても救いなことだと思いました。

幼くして天国から地獄を味わい、脱走後はどちらもささやかな二重生活、死後のささやかな名声、終始ストイックすぎて心撃たれました。

孤独は後悔を育みます。
人生は祭りです、遊んで騒いで明るく楽しく過ごそう。
あとの祭りにならぬよう。
[ 2008/05/07 22:42 ] [ 編集 ]

>ねこげんき。さま
そうですね、面白そうなのって全部単館系なんですよ~。ウチの近所もシネコンがありますが(田舎なんで)絶対にこういうのはやらないだろうな~。巨匠とか、華やかだとか、金がかかってるだとか、そういうのじゃないとシネコンは上映してくれません(笑)。
幸い、現代のアーティストとしては、ダーガーは有名な方だと思いますので、衛星放送に期待しましょう!
[ 2008/05/08 07:48 ] [ 編集 ]

>SINさま
ぢつはこの文章は、かなりパンフレットからの抜粋があります(笑)。従って、全てがワシの力で書いた文ではございません!
とお断りしておいて、ダーガーは幼い頃、入学前から新聞を読むことができ、1年から3年に進級しています。そこからトントン拍子に進んでいければ、ひょっとしたらエリートの道を進んでいた可能性もあります。

が。

神が仕掛けた罠なのか、芸術の神からのプレゼントなのか、父親の入院をきっかけに、孤独の道を終生彼は突っ走りました。

ダーガーの絵を見ると、決して色彩は暗くありません。だから、非現実の世界では、彼は本当に生き生きと過ごしていたのでは、と思います。発見してくれた、大家夫妻にも感謝します。
[ 2008/05/08 08:04 ] [ 編集 ]

16日(金)まで

川崎のチネチッタでは、大分前に、この作品をやりました。わたしは、これを見て、即、アマゾンで¥ 6,825 (税込) の『ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で (大型本)』を買いました。どうだ、えっへん。
けど、高かったなぁ。(泣)

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%BC-%E9%9D%9E%E7%8F%BE%E5%AE%9F%E3%81%AE%E7%8E%8B%E5%9B%BD%E3%81%A7-%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BBM-%E3%83%9E%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%AC%E3%83%BC/dp/4878933429/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1210281836&sr=1-1

[ 2008/05/09 06:28 ] [ 編集 ]

>今井さま
この手の本は高いですよね~!ワシもこの本かは忘れましたが、ダーガーの画集と物語を映画館でチラ見しました。が、結局パンフとポストカード1枚買って帰りました…。
[ 2008/05/09 09:08 ] [ 編集 ]

やさい嬢へ

『ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で (大型本)』他、関連商品のアマゾン・リンク(PC用)を、追加で記事に貼っておきました。

不労所得(笑)が入ったなら、ぜひ、買っておくれ。
[ 2008/05/10 13:27 ] [ 編集 ]

桐野 夏生 について

僕の元妻が、森園 みるくという人のマンガ(但し、レディコミ...笑)が好きだったので、一緒に読んでいたのだが、そのマンガの原作を手がけていたのが、桐野 夏生。

気になって、桐野 夏生 の、小説も何度か読んだけれど、展開が読めないストーリーにハラハラさせられたよ。


で、『リアルワールド』なんだけれど、ダーガーのヤツじゃなくて、イシデ 電 という人のマンガ版を読みました。
[ 2008/05/10 13:35 ] [ 編集 ]

やさい様
こんにちゎ
先日はコメントありがとぅござぃました!
お忙しぃかと存じますが、ご都合の宜しぃ時には
是非遊びに来て下さぃね

『ヘンリー・ダーガー』
初めて知りました。今度図書館で調べてみよぅかな

※お忙しい中ご連絡下さった
編集長にくれぐれも宜しくお伝ぇ下さぃませ
[ 2008/05/11 11:52 ] [ 編集 ]

>Anthony編集長
関連商品の貼り付けありがとうございます!つって、ワシは携帯なんで、パソコンをお持ちの皆様、ご覧ください~!

で、森園氏はレディコミ界にこの方ありき!ですね。月に一冊はレディコミ買ってるので、森園先生の漫画はいつも読んでるよ。
最近、ミステリーレディコミで、森園+桐野ペアの漫画があったので買ったずら!現在書店にあるので、レディコミに抵抗の無い方は是非ご覧ください。確か、「このミステリーがおもしろい!」byぶんか社。

しかし、リアルワールドの漫画版が出てるとは知らなんだ!!
[ 2008/05/13 14:45 ] [ 編集 ]

>Love Supplyさま
いやはや、ワシのことまで書いて下さって、嬉しいやら恥ずかしいやらで、テレテレしております。そもそも「エッチなパンツで」と言ってる時点で恥ずかしがってる場合じゃないんですが(汗)。
可愛らしい構成で、Loveさんのお人柄が垣間見えるようです♪
これからもよろしくお願いします!
[ 2008/05/13 15:11 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/1099-115048ad