FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第五十六幕 JUNO/ジュノ

ジュノが見つける真の愛     映画『JUNO/ジュノ』

映画 『JUNO/ジュノ』


季節は秋。始まりは椅子だった。

 バンド仲間のポーリー(マイケル・セラ)との一回のセックスで妊娠してしまったジュノ(エレン・ペイジ)はまだ16歳の高校生。

 親に知れずに堕胎が出来るクリニックで中絶しようとしますが、病院前で、中絶反対運動をやってる同級生の、「赤ちゃん、おびえているわ。痛みも感じるし、ツメも生えてるのよ」の言葉が効いてか、堕胎を止めました。

 真っ先に妊娠を打ち明け、相談相手になってくれてる親友リア(オリヴィア・サルビー)と一緒に、ペットの里親募集欄と並んで出ている、情報誌の養子縁組欄で、裕福なカップル、マーク(ジェイソン・ベイトマン)とヴァネッサ(ジェニファー・ガーナー)を見つけ出し、父マック(J・K・シモンズ)、継母ブレン(アリソン・ジャネイ)に、事情を説明します。

 娘の打ち明ける重大発表が、ヤクでも、退学処分でもないことに安堵する親たちは、申し分ないジュノの提案に賛同します。

 さっそく、高級住宅地にあるマーク夫妻の家を訪れるジュノと父。

 養子提供の代償に多額な金額を要求されるやもと考えてもいたマーク夫妻は、ジュノの、高校生の自分には生まれてくる子供に満足な養育を与えることは出来ない、という率直な説明を聞いて安堵。

 かくて、養子縁組は無事成立します。

 冬が来て、ジュノのお腹は順調に大きくなって、超音波検査で、はっきりと赤ちゃんの画像が映し出される程に。

 ジュノは、すぐに、写真を手に、マーク夫妻を訪ねます。ヴァネッサは留守でした。

 すでに、養子縁組時に、レスポールで盛り上がったジュノとマークは、意見の対立するホラー映画で盛り上がり、そこに帰ってきたヴァネッサが訝るほどに、ジュノとマークと接近していて、そんなジュノの内心を見透かしたかのように、継母ブレンは、「世の中には、ルールがある」とジュノをたしなめるのでした。

 春が来て、ポーリーが、女の子を、プロム(学年の最後に催されるフォーマルなダンスパーティ)に誘ったと聞いて、ジュノはポーリーに怒りをぶちまけますが、ジュノのお腹の子の父親が自分でありながら、蚊帳の外に置かれていたポーリーは、逆に、ジュノにくってかかります。

 さらに、ポーリーが、好意を寄せてると解釈してたマークは妻と別れるとまで言い出して。

 マーク夫妻の離婚の危機を知って、ジュノが父マックに問います。

 「ふたりの人間は永遠に一緒にいられるの?」

 父マックも、ジュノの実母とは離婚しています。父は答えます。

 「何より大事なのは、ありのままのお前を愛する人を見つけること」。

 夏が来て、ジュノは、・・・。


 映画プロデューサーが、ネットサーフィン中に彼女のブログを見つけ、その面白さに夢中になって、シナリオを発注したディアブロ・コディの始めての脚本が、アカデミー賞をとりました。

 シニカルなブラックジョークで味付けされた鋭い人間批判は、同時に、ジュノの幸せを願う暖かな優しい目を持っています。

 ウディ・アレンを思わす知的ジョークは、人生の機微を的確に見通して小気味よく、なお、幾層も多重に知恵が積み重なっていて奥深いです。

 
 キュートなエレン・ペイジに、ころっとやられる映画「JUNO/ジュノ」を堪能あれ。




投稿者: 今井 政幸 


『JUNO/ジュノ』 公式サイト



ノベライズ、サントラ等の関連商品やエレン・ペイジの他の出演作も要チェック!





[人気blogランキング] ←クリック投票に協力して下さいませっ!
関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



さすが、元シンセ少年だったことはあるね(笑)

アマゾンのリンクにローランドのシンセが。
[ 2008/06/18 13:07 ] [ 編集 ]

内幕ものは、面白い小説となるやも。期待しています。
[ 2008/06/18 21:55 ] [ 編集 ]

ボーイフレンドが掌にジュノのおパンツ握りしめてたのと、赤ちゃんの部屋の壁の額にジュノの走り書きを入れたのにはホノボノしますた。
[ 2008/06/19 11:34 ] [ 編集 ]

継母が継子イジメする母でないのにほのぼのしました。さすが、あの父親が選んだ人。でもどうして最初の結婚では、間違えてしまったのだろう。
[ 2008/06/19 12:32 ] [ 編集 ]

「ダレでも間違える。でも、大丈夫!!」って、ハナシなんじゃなかろ~か。
[ 2008/06/19 19:33 ] [ 編集 ]

でも大丈夫

たしかに、その楽天的明るさがこの映画の大きな魅力。この明るさを手放しで日本人が賛同するかどうかは、いろいろあることでしょうが。
[ 2008/06/19 21:19 ] [ 編集 ]

TBありがとうございました。

TB有難うございました。
アカデミー脚本賞受賞ということで注目して観ました。
ジュノの行動には驚かされたり、う~んと
思う箇所がありましたが、子供を出産する際の
ラストシーンの家族は微笑ましいですが、
この映画、下手すると誤解されて反感買われてしまう
ことになってしまうのかな?と危惧しました。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
[ 2009/01/21 23:53 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/1215-6a2b839c