FC2ブログ

















第五十八幕 西の魔女が死んだ


魅せる魔女修行    映画 『西の魔女が死んだ』

『西の魔女が死んだ』 ポスター


「魔女が倒れた。もう、だめみたい」と、ママ(りょう)。 
 
 中学三年生のまい(高橋真悠)とママは、車で、倒れた、田舎のおばあちゃん(サチ・パーカー)の元へと向かいます。

 車の外では、ぽつぽつ雨が。

 だんだん雨は強くなってくる。

 「ワイパー!」

 「ああ、雨が降っているのね」

 まいは、ポケットからハンカチを取り出し、ママに渡しました。

 西の魔女とは、田舎のおばあちゃんのこと。

 ママは真面目な顔で、「あの人は、本物の魔女よ」と、まいに打ち明け、以後、二人だけのとき、おばあちゃんを「西の魔女」と呼んでいる。

 まいは、二年前、西の魔女のもとで暮らしたことがありました。

 中学校に行くのが嫌になり、「わたしはもう学校へは行かない。あそこは私に苦痛を与える場でしかないの」と登校拒否宣言をした、扱いにくい子のまいを、観念したママが、空気のいい田舎のおばあちゃんのところで、ゆっくりさせることに決めたからでした。

 まいは、小さい頃からおばあちゃんが大好きだった。

 「おばあちゃん、大好き」と、事あるごとに、まいは、連発し、「アイ・ノウ」と、おばあちゃんは応えるのでした。

 にやりと笑いながら、まいたちを出迎えたおばあちゃんは、実は、魔女でした。

 魔女といっても、黒い服を着て、箒(ほうき)に乗ったりするのでなく、身体を癒す草木に対する知識や、荒々しい自然と共存する知恵、予想される困難をかわしたり、耐え抜く力、それに、特殊な能力、予知能力を持っていました。

 「おばあちゃん、わたしもがんばったら、その超能力が持てるようになるかしら」

 「そうね、まいは生まれつきそういう力があるわけではないので、相当努力しなければなりませんよ」

 「わたし、がんばる」

 こうして、まいの魔女修行が始まりました。

 しかし、まいの心を乱す存在がありました。向かいの家のゲンジ(木村祐一)です。

 ゲンジの不躾さに、まいは我慢なりません。

 しかも、おばあちゃんが、ゲンジをかばいだてするのでいっそう腹が立ちます。

 おばあちゃんから、不安に思っていた死後のことを聞いて安堵し、順調に行っていた魔女修行も、まいのお気に入りの場所、まいのサンクチュアリにゲンジが不意に侵入したことから、とうとう、まいは、爆発します。

 ゲンジへの怒りがおさまらないまいは、とうとう、おばあちゃんにろくに最後の挨拶もできませんでした。

 梨木 香歩 のベストセラーを映画化したこの作品は、ほぼ忠実に原作を映像化しています。

 人間関係に病んだまいは、自然あふれる田舎で気力を回復し、家庭の事情もあって、新天地で無事学校生活を送ります。

 ときとして、おばあちゃんの考えは、実のママでさえも押し潰されるくらいの精神的圧迫感を与え、未熟なまいはなお、おばあちゃんの慈愛に満ちた思いやりを疎ましく思い反発するのですが、最後の最後、おばあちゃんが、自分にあてたメッセージに接したとき、その過ちに気づきます。

 この最後の最後が、原作の、そして、映画の、核心です。

 おばあちゃんの、心の底からの愛に胸打たれます。

 映画「西の魔女が死んだ」の衝撃を体験あれ。




投稿者: 今井 政幸 


『西の魔女が死んだ』 公式サイト




100万部を超えるベストセラーとなった原作など、関連商品も要チェック!





[人気blogランキング] ←クリック投票に協力して下さいませっ!
関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



サチ・パーカー

先日『徹子の部屋』で見ましたが、彼女はまだ若く(40代)日本語は違和感なくペラペラで、さらに驚いたのは彼女がシャーリー・マクレーンの娘だという事でした。
[ 2008/07/02 22:55 ] [ 編集 ]

最初、シャーリー・マクレーンにこの映画の出演オファーがあったのですが、シャーリーが都合つかなくて、映画の話を気に入ったシャーリーが、娘の、サチ・パーカーにどうかと話を持ちかけたとのことです。
サチ・パーカーが若いので、制作側はあやぶんだのですが、サチ・パーカーが自分でしてみせた老人メークで、スタッフも納得したそうです。
[ 2008/07/02 23:08 ] [ 編集 ]

TBありがとうございます。

この映画の魅力のひとつはサチ・パーカーですね。
ハマり役でした。
[ 2008/07/03 22:51 ] [ 編集 ]

編集長は大忙しかな。
[ 2008/07/03 23:06 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/1261-891146eb