FC2ブログ

















第六十三幕 ダークナイト

善悪のジレンマをこえて   映画 『ダークナイト』

映画 『ダークナイト』 ポスター

クリストファー・ノーラン監督によるバットマンシリーズの二作目です。

 悪のはびこる街、ゴッサム・シティ。

 映画は、冒頭、銀行強盗で幕をあけます。

 手際よく銀行に押し入り、金庫の金を収奪する強盗グループ。しかし、彼らの間に異変が起きます。

 「仲間の数が減ったらそれだけ分け前が増える。」 主犯者からひそかに吹き込まれていたこのささやきで、犯人達は次々に仲間を殺していきます。

 最後に生き残った、マスクをとった男が、ジョーカー(ヒース・レジャー)でした。

 そんな悪の街に、新任の地方検事ハービー・デント(アーロン・エッカート)が着任します。

 彼は、かつてバットマン(クリスチャン・ベール)の恋人レイチェル・ドーズ(マギー・ギレンホール)と組んで、マフィア撲滅に意欲を燃やします。

 バットマンとジム・ゴードン警部補(ゲイリー・オールドマン)は、ひそかに、紙幣につけた印から、マフィアが利用するマネーロンダリングの銀行を突き止め、マフィアの資金を絶ちます。

 バットマンにいきり立つマフィアの前に現れたのがジョーカーでした。

 マフィアの全資金の半分を条件に、バットマンを殺す、と宣言するのですが、ジョーカーのもくろみは、正義を標榜する高潔の人間を否定し、彼らにもきっとあるはずの、醜い汚れた悪の心を目覚めさせようとするものでした。

 正体を明かさなければ、毎日市民を殺す。

 ジョーカーは、市長や検事や警察らを標的とした殺人予告で、バットマンを追い詰めていきます。

 巨大企業の会長ブルース・ウィンことバットマンが、正体をあかそうとした記者会見で、バットマンと名乗り出たのは地方検事ハービーでした。

 捕らえられたハービーが護送されるなか、ジョーカーは、護送車を急襲します。

 が、現れたバットマンがハービーの前に立ちはだかります。

 あえなくジョーカーが正義の軍門にくだるやに見えるのですが、それは、周到に張り巡らされたジョーカーの罠のほんの始まりでした。・・・・。


 両親を犯罪で失い、悪の撲滅ため立ち上がったバットマンの悪を憎むかたくなな姿勢は、逆に、より巨大な悪をよびよせるのでした。

 そんなジレンマをすでに承知し、執事のアルフレッド(マイケル・ケイン)は忠告してきましたし、巨悪と戦うために、アンフェアな行為にはしるバットマンのあり方を元恋人のレイチェルはきびしく糾弾します。

 技術開発でバットマンをサポートするルーシャス・フォックス(モーガン・フリーマン)ですら、ジョーカーの居場所を割り出すための、市内の全通信網の傍受を諫めます。

 バットマンは、正義の人の行為として許されざる一線を越えてまで、ジョーカーに立ち向かいます。

 暗黒の騎士、ダークナイト。

 バットマンが得た称号は、正義をまっとうしながらも、ハービーの得る称号、ホワイトナイト(光の騎士)ほどに輝かしいものではありません。

 「深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ. 怪物と戦う者は、その過程で自分自身も怪物になることのないように気をつけなくてはならない。」

 ホワイトナイトとダークナイト。

 ジョーカーの仕掛けた罠が、善悪のジレンマをわたしたちに突きつけるとき、バットマンの新たな決意がはじまります。

 ヒース・レジャーの熱演が光る、映画『ダークナイト』。 渋い作品です。




投稿者: 今井 政幸 


『ダークナイト』 公式サイト




関連商品&アイテムもGETだぜ!





[人気blogランキング] ←クリック投票に協力して下さいませっ!
関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



こんばんゎ
『ダークナイト』…

出演者の方々に
最近、アクシデントが多ぃよぅな気がするのゎ…
気のせぃですかね

大好きな『ゲイリーオールドマン』の身に
何も無ければィィけど…
[ 2008/08/10 22:56 ] [ 編集 ]

出演者の方々に

薬物と交通事故ですもんね。
M・フリーマンは一命を取り止め退院できたけど、家庭が・・・。
次回作製作時には、お祓いが必要ですてばさ。


[ 2008/08/10 23:40 ] [ 編集 ]

ありがとうございました

TBありがとうございました。m(_ _)m
こちらからも送らせていただきます。よろしくお願いします。

他の方のコメントを読んで、なるほど、出演者に大きな事故がありましたね。
ヒースの場合、多分、疲れすぎたんだと思いますけど。
[ 2008/08/12 02:04 ] [ 編集 ]

ヒロインのレイチェルの持つ判断力は、名乗りでないバットマンを詰問する、見事な、まっとうさでした。
レイチェルを思うがあまり、信頼してた警察の裏切りを許せないハービーが変容していくのは、気の毒としかいいようがありませんでした。
[ 2008/08/12 20:13 ] [ 編集 ]

バットマン≠善

前作『バットマンビギンズ』で感じた事。
正義≠善という事。非公式であるかぎり完全な善ではなくあくまでもブルース氏の判断の上だけの行動ってのは時として危険でもあるな、と。
脱線しますが、石森章太郎氏の嫌いな言葉は『正義』でした。正義がいかに曖昧で胡散臭い物であるかと言いたかったのでしょうか、あれだけのヒーローを産み出しながら彼は自分で一度も『正義』という言葉は使っていません。
『わかっちゃいるけどやめられねぇ』で始まり『これでいいのだ』で終わる『バットマンビギンズ』の続編として是非とも見に行きます…見てないのかよっ!
[ 2008/08/13 15:00 ] [ 編集 ]

ジョーカーの執拗なバットマンへの追及は、その、バットマンの善の欺瞞性を問う鋭い詰問なわけです。

ジョーカーはどんな悪いことでも平気で出来る悪人だけれど、バットマンは、どんな悪人が現れても、悪いことはやっちゃいけない。でも、そんなことではジョーカーを倒せない。

そのぎりぎりの葛藤の中で、たとえ汚名を浴びてでも、ジョーカーは絶対倒す、という覚悟のさまが、凄みがありまするです。

アメリカが、世界の警察官の名を捨てて、テロリスト撲滅のためには、どんな汚名を浴びてでも、世界のバットマンとしての道を歩むという決意表明とも思われました。

戦慄の一作です。
[ 2008/08/13 19:10 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/1361-a33fc70a