FC2ブログ


















第5回 所長登場

水準測定

 少し時間軸を戻し、私の初出勤から、5日目にもどる。 私の初出勤の5日後、スーパーゼネコンA建設の所長が現場にやってきた。

 所長は、この現場のような、ゼネコンとしては比較的小規模の現場をいくつかもっており、それぞれの現場を巡回しているのだ。

 だから普段は、各現場の主任が、現場の実質的な責任者なのだ。


所長

 「おはよう。」


主任・私

 「おはようございます。」


所長

 「山口ジジイさん、これは間違いないかね。」




 「はい?」


 私が初出勤の日に作った、隣地の高低差をまとめた資料だった。

 この現場での初仕事だった。

 主任に指示され、レベルという水準をはかる機械で測定し、資料にまとめたのである。


 (何か問題があるのか??) 私は、寒い季節だったが、額に汗が浮かんだ。


所長

 「いやー数値がね、全然違うんだよ、図面と。ひどいとこは1mくらい違う。どうやって測ったんだい。」




 「・・・。これこれこういう具合にレベルをとりました。そんなに違うことはないと思いますが。」

 と答えた。


所長

 「おかしいなあ、図面と全然違うんだよなあ。主要なポイントだけ、もう一度測ってみてくれるか。」




 「はい、分かりました。(間違ったんだろうか・・・・)」

 
 所長立会いの下、初出勤の時と同じ土工に箱尺(メジャーのようなもの)をたてさせ、主要なポイントをレベルで測った。

 所長に数値を伝えると、


所長

 「・・・・・・・・・・・・。 うーん、合ってるなあ。」

 
 私の資料は、間違いなかった。


所長

 「これはいかんなあ、元の図面が違っている。」


 A建設の子会社にあたるB道路が、以前現地調査した元の図面が間違っていたのだ。


所長

 「山口ジジイさん、よく見つけてくれた。このままでは大事になるところだったわい。今、間違いが見つかって助かったよ。」

 
 所長は私に、そう言ってくれた。


 要するに私は、ポイントをあげたのであった。




投稿者: 山口ジジイ



[人気blogランキング] ←クリック投票に協力して下さいませっ!
関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/1401-7d5d0202