FC2ブログ


















下男日記 (2) 下男の始まり

ケーブルカーから下界を臨む~


ケーブルカーに乗り込むべく切符売り場を探す。 閑散とした入り口には、人っ子一人いない。


 案内図には大人350円とあるが、どこで切符を買えばいいのだろう。

 仕方なしに無人の改札を通ると、右手に事務所がある。声をかけてみるとGパン姿の女性が出てきた。制服ではなく私服である。

 が、それはそれで中々色っぽい。歳の頃から、およそ50手前だろうか。


 それはともかく、運賃を支払いケーブルカーに乗り込む。客はやはり私一人だ。

 改札の切符売り場の女性によると、発射まで後10分、、、、。では無く発車までお待ち下さいとのこと。

 所在なく待つ事10分。やがてイク時間が訪れ私一人を乗せたケーブルカーが発車する。

 切符売り場の女性が手動で扉を閉める。と、同時に 「ガクン」 とケーブルカーは発車した。

 心もとないケーブル体験だ。ブルンブルンとケーブルカーは揺れる。

 案内版を見ると、昭和三年着工のケーブルカーらしい。淋しさは更につもるばかりだ。

 そんな不安をよそにケーブルカーはようやく山上駅に到着した。やれやれだ。

 しかし、目指す旅館まではここから歩かねばならない。



夕暮れ前の吉野山の山門
 

秋のつるべおとしの季節だ。町の山門をくぐる頃にはすっかり暗くなっていた。


 そして肩に食い込む荷物が辛くなっていたその時、ようやく目指す旅館が見えてきた。


 働きに来た身分ゆえに玄関から入るのは失礼かと思い、勝手口を探すが見当たらない。

 仕方なく勇気を出して正面玄関から入ると、女将さんが 「naoさんですねー。どうぞどうぞ」 と喫茶に招かれコーヒーを出していただく。

 しばらく世間話をして、いよいよ仕事内容だ。分かってはいたが、つまり、部屋掃除、トイレ掃除、風呂掃除、洗い場、お茶出し、布団敷き、布団上げ、その他、掃除掃除掃除。


 つまりは、女性なら女中。

 私は男だから下男(げなん)だ。


 一通り仕事内容の説明を受け、翌日から早速仕事だ。

 明日はお客さんが少ないから2時半に出てくれとの事。

 よかった。鬱で寝たきりだった私にとっては好スタートだ。

 その後、女将さんの指示で下男Bさんに寮へと案内される。階段を下に下にとついて行く。

 そして案内された部屋は窓の無い部屋であった。

 直感的に私はこの部屋を「穴蔵」だと感じた。

 
 私の人生は穴蔵からの再スタートだ。

 穴蔵で荷物をほどいていると、やおらインターフォンが鳴った。

 取ってみると 「明日、朝の7時にフロントに来て」 だと。

  とにもかくにも私の下男生活はこうしてスタートした。




投稿者: Nao 

[編集長-ひとこと]

 下男生活スタートだね。それも、昼二時半スタートから、イキナリにも朝7時に変更だ~。

 この後、いったい、どうなるんだ~?

 ちなみに、大阪の商家では女中さんの男版といえば、丁稚(でっち)になる。

 下男(げなん)といえば、下女(げじょ)・・・つまりは、下僕、召使、になる==



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!
関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



読んでいて次の展開が気になります。

 フィクションでなくてノンフィクションである事がいいですね。
 仕事中に起こる色々なトラブルなども、ここの記事のネタになると思うと、楽しめるかも知れませんね。

 実際はもうそこにいらっしゃって一週間以上経ってるのですよね?・・色々ありましたか?
[ 2008/11/29 11:49 ] [ 編集 ]

ほう夏目漱石

すごいことになってるんですね。でも漱石が「坑夫」をかいたときのような経験ができるんじゃないでしょうか。
[ 2008/11/29 16:02 ] [ 編集 ]

これは続きが楽しみだ
ワクワク(^○^)
[ 2008/12/02 19:50 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/1668-272a6803