FC2ブログ

















第10回 24時間TVでも、言ってたっけ

 皆さまは、→「アルキメデスの法則」ってご存じですか?
 
 僕は小、中、高と劣等生だったので全然知りませんが、どうやら小学生の授業で習うようです。
 浮力の原理についてはアルキメデスのおっちゃんにおまかせするとして、さて、環境問題です。

 最近のテレビをたまに見ていると、目につくのが、工場の煙突やら渋滞の道路やら真夏のサラリーマンが右往左往する交差点やらの映像の後に、北極の氷が「ドサッ!」っと落ちる映像を流し、その後に「私たちは環境に優しい、全ては地球の為に」なんてナンタラカンタラ、アピールしていますが、地球温暖化と二酸化炭素排出量と北極の氷と海水面の上昇なんて一切、因果関係はありません。

 あるのはテレビの商売と政治家の票の為だけです。少し考えてみて下さい。北極の気温は、およそ氷点下30℃から40℃程度です(多分)。
 
 そして氷が融解して水に戻る温度は0℃です。つまり北極の氷を融かす為には地球の気温を現在より30℃以上、上昇させなければ北極の氷は溶けません。
 従って日本の真夏の最高気温が摂氏60℃から70℃くらいに上がらないと北極の氷は溶けません。
 あの氷が落ちる映像は何処で誰が撮影したのか僕も確認していませんが、氷が落ちる映像を利用したテレビ業界の悪用でしょう。

 大体が氷って空気を含んでいるから体積が大きいんですよね。皆さまも真夏にペットボトルにお茶を入れて凍らせた経験があると思いますが、水は凍ると体積が増します。

 国連の環境問題の部会であるIPCCによると地球の気温が上昇し、北極の氷が溶けると海水面は「下がる」と報告されています。

 ところが、(あまり書きたくないのですが)日本の環境省の環境白書によると地球温暖化によって海水面は「上がる」とあります。そこで武田邦彦教授の学生さんが環境省に電凸(でんとつ)しました。

 「国連の環境専門部会のIPCCが地球の気温が上がると海水面が下がるとある。
 ところが日本の環境白書によると温暖化によって〔上がる〕とある。これは一体どういう事か?」

 その質問による環境省の答え。「長い英語を日本語に訳しているうちに表現が逆になった。」


もうやめよう。地球温暖化問題なんて。確かに僕は自然と調和する人間の生きざまが大事だと思います。

 しかしながら、環境や食や自然を金儲けの手段にしてはならないと感じています。



投稿者: Nao




[人気blogランキング] ←クリック投票に協力して下さいませっ!
関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



そうなんですか!

私も最近やたらと流れるこの手のCMは気になっていました。なんかあの感じだと日本の気温があと5℃くらい上がると、北極の氷が融けるみたいな・・・
なんだ、テレビと政治家のイメージアップ戦略だったとは。このまま騙され続ける所でした。教えて頂いてありがとうございます。
[ 2007/07/06 01:20 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/176-cac39ab2