FC2ブログ

















ネットいじめで中3自殺 遺書に同級生実名

 さいたま市立中学3年の女子生徒=当時(14)=が平成20年7月、同級生から、「ネットいじめ」を受け、その3カ月後に自殺していたことが19日、分かった。

 生徒宅から同級生の実名を挙げた遺書が見つかり、市教委は「いじめと自殺との直接の因果関係はないが、無関係とは言い切れない」としている。

 学校と市教委によると、生徒は20年6月、横浜市から転入。同年7月、保護者から、「プロフ」と呼ばれる携帯電話のサイトに「キモイ」「うまくすれば不登校になるかも」などと生徒を中傷する書き込みがあるとの訴えがあった。生徒は7月初旬、6日間学校を欠席した。学校の調査で、同じクラスの女子2人が書き込みを認め謝罪。その後、生徒は登校を再開した。

 ところが、20年10月に自室で自殺。当初、保護者は自殺の事実を伏せるよう学校側に求めていたが、その後、自宅から7月に謝罪した女子の名前を挙げた遺書が見つかり、保護者は学校側に自殺の事実を明らかにしたうえで、調査するよう求めていた。学校は11月に調査を実施し、「7月以降、いじめはなかった」と保護者に伝えたが、保護者は納得せず再調査を求めている。

                   ◇

 自殺した女子生徒の母親(42)は19日、産経新聞の取材に「真実を明らかにしてほしい」と、学校側の調査に対する不信感をあらわにした。

 自ら命を絶った娘は、自室の机の上に「もうつかれました。なのでここで逃げます」との遺書を残していた。

 遺体で見つかったのは昨年10月10日朝。前日、成績のことで父親に注意されていた。母親は「もしかしたら、このことが自殺の引き金になったのではないかと自分を責めた」という。

 しかし、13日後、娘の机の整理をしていると、別の遺書が見つかった。

 「私は○○中学校が大大大…大嫌いでした。プロフにあんなことを書いた○○たち。復讐(ふくしゅう)はきっちりしますからね。楽しみにしていてください。さよなら」

 母は娘がいじめを受けるまで、プロフというサイトの存在さえ知らなかった。遺書からは娘の悲痛な叫びが聞こえるようだったという。

 母親は学校に調査を依頼。しかし回答は「ネット上でのいじめが7月に1回あったが、その後はない」というものだった。母親は「学校だけに責任があると言っているわけではない。真実を明らかにしてほしいだけ」と声を絞り出すようにそう話した。

(以上、サンケイ新聞 より)



世の中にはどうしようもないクズが居る。


 「死んでやんのアハハ馬鹿♪」 と、自分が自殺に追い込んでも笑ってられるクズが居る。

 自ら手に掛けて殺したって反省どころか自慢話にするクズが居る。

 自分が死んでからクズがどうするか確かめる術はない。

 だから、死んではいけない。

 殺せ。

 殺すぐらいの気でかかれ。


 どんな卑怯な手を使ってもいい、卑怯者には卑怯な手を使ってもいい。

 だから生きろ。

 しんどいけど


 生きろ。




投稿者: ぐっちゃん

[編集長-つぶやき]

 僕も中学生の時、どうしようもないクズどもにイジメられていた。

 自殺を考えたことはなかったが、学校には行けなくなった。

 でも、行かなくてよかったと思う。

 行っていたら、間違いなくクズどもに殺されていただろう。

 
 そして、それから数年後に少年刑務所を出てきたクズどもは、こう言うに違いない。

 「自慢するけど、俺、ガキのときに人を殺したことあるねんで・・・」

 
 人の命というのは重いように思えるが、場合によっては軽いものである。

 殺したほうに罪悪感がなければ、命というのは、只の心臓を動かす目に見ないモノでしかないのだ。



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!

 
関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2009/01/21 21:00 ] Menu:07 ニュース です YO! | TB(0) | CM(4)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



死ねばそれまで。やっぱ生きなきゃね!
[ 2009/02/01 22:06 ] [ 編集 ]

司法の役割

 国家が殺された(自殺した)本人や身内に代わって仇討ちしてくれるべきだと思うのですが、法改正されたと言っても現在の日本の司法は、犯罪者に甘過ぎますし犯罪者の権利ばかり守り過ぎます。
 クズには、しっかり重い刑で対処しないと、被害者ばかり損をするやるせない世の中です。


>復讐はきっちりしますからね

と遺書に書くのなら、死ぬ気で

ぐっちゃん氏の言うように、


>卑怯者には卑怯な手を使ってもいい

で頑張って欲しいものです。

[ 2009/02/01 22:38 ] [ 編集 ]

そういえば

生きたまま拉致監禁した女性を損壊し倒して遺体をドラム缶に詰めて夢の島に遺棄したクズ少年どもの主犯が春に出てくるそうですね。収監を免れたクズ少年どもは案の定反省どころか自慢話にしているそうで、主犯のクズだって全く反省していません。それでも禊をすませたというなら、調べられるものなら実名や面相を明かして社会的信用をゼロにしてやりたいと思うのです。

前にも書きましたが、故意であれ過失であれ、加害者が何歳であれ、人の生命を奪った者は本来はみな死ぬべきなのです。社会がオマケしてくれたら、あとは自分で首を吊るなり電車に飛び込むべきなのです。
[ 2009/02/02 14:30 ] [ 編集 ]

遺体をドラム缶に詰めて夢の島

それは東京の足立区で起こった「女子高生ドラム缶詰め事件」でしたっけ?

たしか、犯人の少年達の実名は週刊文春で当時公表されてましたね。
[ 2009/02/03 20:38 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/1837-76194a4b