FC2ブログ

















「ラオウ昇魂式」に 我思う

 4月18日に高野山東京別院で「ラオウ昇魂式」というイベントがあった。

 ラオウといえば『北斗の拳』唯一無比のキャラクターだ。


ラオウ昇魂式

 同じく、漫画の登場人物の葬儀といえば『あしたのジョー』のライバル、「力石 徹」の葬儀が有名ですが、→ 昭和45年3月24日 「力石徹の葬儀」に参列した僕は、5歳だった!で、参列(紛れ込む)した僕も、多少ならずとも興味を持ちました。

 葬儀の内容は、→ 公式サイト 4.18ラオウ昇魂式 にもあるのですが、先ずは下記に引用しました「ラオウの葬儀に著名人が参列。ファンも殺到!」(oricon STYLE 4/18)を!


 ラオウの死を描いた映画『真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章』の公開(4月28日)を前に、連載当時には行うことのできなかったラオウの葬儀『ラオウ昇魂式』が、4月18日(水)に高野山東京別院にて行われ、多くのファンが詰め掛けた。

 北斗神拳を中国から伝えた弘法大師空海ゆかりの同場所で行うこととなった『北斗の拳』史上最初で最後の記念すべきセレモニー。この日は、あいにくの雨にもかかわらず、原作をリアルタイムで読んでいたファンやパチスロで楽しんだという若者までもが会場に駆けつけた。

 連載当時から見ていたというファンたちの中には「わが生涯に一片の悔いがないようにと思ったんです」、「今日はここに来るべきだと思った。あと、安らかにという言葉を掛けたいと思ったんです」といった並々ならぬ思いも。ご焼香の際には思わず涙ぐむ人の姿もうかがえた。

 また会場には葬儀委員長の谷村新司、映画でラオウの声優を務める宇梶剛士のほか、角田信朗、武田幸三、森下千里らが参列。宇梶は弔辞を務め、ラオウの遺影に向かって「自分の生き方を貫こうとしても立ち止まった時があった。その時にあなたの生き方に励まされた。僕はいつも一期一会を大切にし、その時のベストを尽くしたい。あなたの生き方はまさに僕の行き方と一致していた」と力強く述べた。
 

 コレを読むとG.Wに上映する新作の映画のプロモーションだということが、わかる。たぶん、パチスロ機のメーカーや原作を出版している集英社ともタイアップしてるのは、間違いないでしょう。
 
 37年前の力石の葬儀では、ショー的な要素はあったけれど、純粋に漫画のキャラクター「力石」に惚れ込んだ人間の集まりだったような気がした。それは、当時5歳の幼稚園児だった僕にも雰囲気的に伝わってきた。
 商業的なことが悪いわけではないし、新作映画の公開はファンとしては喜ばしいこと。でも、ここまであからさまでは、ラオウに対する思いいれもダウンしてしまう。

 それと、何故?葬儀委員長が、谷村新司?? よくわかんねぇ...

 僕が、1番感じるのは力石が漫画(アニメ)のキャラクターといえども、昭和という時代にリアルタイムに存在したこと。
 でも、ラオウは近未来が舞台の「北斗の拳」のキャラクターで、平成の世には存在しないということだ。これから、生まれてくる(設定)人物の葬式なんて...


 23世紀の未来が舞台の『スタートレック』のカーク船長やミスター・スポックの葬式が日本であったなら、トレッキーの僕は参列するのかしないのか?とか、色々と考えていたら、ここまで、書いていてか疲れてしまいました。



投稿者: Anthony


[人気blogランキング] ←クリック投票に協力して下さいませっ!
関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



こんなコメントがありました!

投稿者:ザンビア河野2007/5/8 13:16
やはり、ああいうのにでるひとは「ああか!」「ひひひううう!」「しげび」とか一言叫んでからやるべきじゃあないでしょうか。

http://sky.zero.ad.jp/toku/zambia/


投稿者:赤城忠次2007/4/26 22:11
なんで、角田の演武が関係あるんだ?


投稿者:セイラ2007/4/25 16:56
新作のアニメは、声に違和感があり過ぎて、受け付けません!


投稿者:be-free2007/4/23 21:28
やはり声優は昔の方が馴染みがある…
ラオウ=則巻千兵衛(爆)

http://blue.ap.teacup.com/be-free/


投稿者:シャア2007/4/23 16:37
葬儀委員長の谷村は、ただ単に、パチスロが好きなだけだったりかも知れんぞ。


投稿者:彗星2007/4/23 16:32
別に見ているわけじゃないんですけれども、あの映画版の声優に芸能人を使うのがなんとなく、ムカつく

http://blue.ap.teacup.com/suisei/

[ 2007/07/18 16:49 ] [ 編集 ]

はじめまして

とく先生からご紹介を頂きました。

僕もスター・トレック、好きなんですけれども...
やっぱ年のせいか、現実とシームレス、って訳には
行かないみたいで。
その精神性はシームレスにつながってる感じはしますけど。

「あしたのジョー」もそんな感じで
ホントは居ない人のお葬式って、なんか不思議に思っていました。

でも、今みたいにネットがあったりして
会った事のない友達、なんかが増えて来たりすると...
なんか、怪しくなってくるんでしょうね。境界。

[ 2007/08/05 00:36 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/259-f3257701