FC2ブログ

















シビア

「シビア」 の語感に対しての思い出・・・

 
 僕が、高校生の頃のこと。季節は秋から冬にかけてだったと思うけれど、先輩の彼女が突然、僕の家に来た。

 
 イキナり僕に会いに来た理由は、僕が何度尋ねても口にしなかった。

 で、僕の部屋がある2階の窓辺に座り、そこから見える公園と青く広がる空を眺めて、タバコの煙を勢いよく吐き出した後の一言。

 「シビアやねん...」


 いつも黒い服を着てアンニュイな表情を見せる彼女の口から漏れ出した、その言葉を今でもタマに思い出すことがある。

 「空って、青いんや....」


 いったい、僕になんの用だったのだろうか?


 先輩とは、その後別れたらしいのだけれど、年下の僕に対してまさかの恋愛相談でもなかったはずなんだけれど、結局は心の病で、入院したとの噂があって以来、消息が消えた。

 
 今でも、あの横顔を憶えているよ。







投稿者: Anthony


関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/2621-0b8fff97