FC2ブログ


















第12回 フルスイング打法

小笠原のフルスイング打法の師匠は加藤茶(加藤英司)である。
今日はフルスイング打法を解明しよう・・

フルスイング打法・・もともとは西本幸雄が考案したのだろう・・ツーストライクまではフルスイングで、それ以降は当てにいく打率稼ぎのバッティング。西本幸雄の弟子の茶が確立した。

茶が日本ハムのコーチをしてたころの弟子が小笠原。ただしフルスイングをするには筋力が必要で日本ハムをたらふく食うことによってフルスイングしても、ぶれないよれない筋力を身につけた。

そして巨人軍に入った小笠原(巨人の後援スポンサーは伊藤ハム)は毎日、伊藤ハムを食べるようになった。日本ハムと伊藤ハム・・両方食べてることによって、特殊な筋力がアップしてダルビッシュや松坂討ちも可能になるはず。

★もうひとり中村ノリもフルスイングだが、彼とローズの師匠は水谷(近鉄とのシリーズで評価された強打者・・広島OBで引退後は近鉄コーチとして指導。)だか中村ノリは馬鹿なのでフルスイングの特訓をやり過ぎて2回骨折したらしい。近鉄らしいエピソードだけど馬鹿じゃないか・・

★ドリフがビートルズの前座やったとき加藤茶は≪馬鹿みたい≫とギャグを飛ばした。そして、いかりやは≪解散≫と言って逃げたが、加藤秀司(ニックネームは茶)は馬鹿じゃなかった。しかしオールスターで江夏の9連続三振の9人目の被害者に・・(江夏の連続三振記録にストップかけたのは野村克也)ただ加藤秀司は2000本安打狙いのとき、あちこち球団を転々として巨人時代はクロマティに≪茶は威張ってる≫と嫌われた。ラミレスは加と健両方のギャグをもらった・・ちなみに高木ぶーは中日ファン、仲本工事はヤクルトファン

赤バット川上哲治も≪打撃コーチとしての西本幸雄≫を評価していた・・

★加藤に関するエピソード
掛布雅之は高校生の頃、日本シリーズのテレビ中継での加藤茶のバッティング(タイミングの取り方など)を参考にしたと言う。当時のヒーロー王貞治や長嶋茂雄はあまりにも偉大すぎて参考に出来なかったと自著の中で述懐している。1971年のオールスターゲームで、江夏豊が9連続奪三振記録を作ったときの9人目の打者(代打)。愛称はコメディアン・加藤茶にちなんで「チャ」。

2006年からマスターズリーグの大阪ロマンズに在籍する。

小笠原の打法を下手にマネをしたら自分のフォームを崩しかねないので、野球少年やアマチュア選手達にはマネをして欲しく無いからである。小笠原本人も「真似してくれるのは非常にうれしいが、俺のスイングは試行錯誤して固めたもの。子供達にはやって欲しくない」と少年野球の指導時に語っている。

★日本ハムと伊藤ハム・・両方食べて筋力をつけないと真似しちゃだめ・・三段薔薇だったら香川(ホークスOB)のまねをするべき・・

小笠原の主張を解読すると・・
スーパーにて日本ハムシャウエッセンを買ってきた。
感想、伊藤ハムのあらびきを食べた時ほどの感動はなかった

「小さな時からジャイアンツ・小さな時から伊藤ハム」 ... 「小さな時からジャイアンツ・小さな時から伊藤ハム」をキャッチフレーズに、さまざまな販売促進活動の一環として、巨人軍を中心としたキャンペーンを展開。 ...


ストッパー毒島の加藤・・ 加瀬 英二(かせ えいじ)
背番号22、右投げ右打ち、三塁手。
三木監督が「入団したときから、打撃フォームはイジるとこが無くケガをする前までは4割を打つのはコイツだと思っていた」と述べるほどの打撃の天才。高校、大学とキャプテンで日本一、ドラフト1位で入団。実際3割を6度も打ったが、数々の女と浮き名を流す球界一の絶倫男ぶりでも有名で、前監督の片平に嫌われ広島東洋カープへと放出される。しかし元「ミスターアスレチックス」のリーダーシップに期待した三木監督に呼び戻される。野球知識はさすがに豊富だが、その長い経歴で優勝争いに関わることはほとんど無かった。

★名前は加藤英司がモデル。



投稿者: HURUHARA

[編集長-ひとこと]

 突然ですが、今週から連載タイトルを執筆者本人の要望により、「HURUHARA!これがアナクロニズムだ」から、「Huruhara スポーツ!」に変更させていただきました。
 
 また、今回は一切の編集・構成や削除を行わず、執筆者の原稿を全文掲載しました。

 いわゆる「編集放棄」です、編集長として、やってはいけないことなんですが、執筆者の文章を読んでいると頭痛がしてきました。
 今回の文章をわかりやすく構成したり、補足したりと、作業するのが苦痛です。

 本来なら、人名には注釈をつけたり、記録には解説をつけたりと、古い野球に詳しくない人にも、楽しんで読んでもらえるようにするのが、編集長の役目なんですが、もういいんです。疲れました。投げます。投げ出します!

 でも、こんなことを書いていると、「投げたらアカン」のセリフは、鈴木啓示!とか、執筆者からツッコまれるので。このへんでやめます。

 
[人気blogランキング] ←クリック投票に協力して下さいませっ!
関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



今回からタイトルも三流スポーツ新聞風に変更になり、内容も芸能、スポーツ、体操服etc...ですか。

それなら、いきなりにフルスイング打法からドリフに展開がとぶのは、我慢できる。

なら、読みやすいように、文章の順序を入れ替えたり、ダブっている内容を削ったりするのが、よけいに重要になってくる。

投げたらいかんぜよ!編集長!

しっかし、まっこと読みにくい文章じゃきに...
[ 2007/07/24 02:55 ] [ 編集 ]

フルスイング

と言えば、あの大打者を忘れてるよ。元南海ホークス、オリックス・ブレーブスへ移籍し、ブルーサンダー打線の4番としと君臨した、あの偉大な方こそ、最も速く豪快なフルスイングだったと思うのだが。
[ 2007/07/24 03:09 ] [ 編集 ]

アンソニーは・・

アンソニーは偏差値の低いかなり頭の悪い学校出身なのでそれにあわせただけです。つうかわざとこのブログの芸風にあわせて書いてるのに失礼なやっちゃ・・
[ 2007/07/24 11:05 ] [ 編集 ]

執筆者さま

頭の悪い僕の為に、もっとわかりやすく書いてください。期待しております。
[ 2007/07/24 11:27 ] [ 編集 ]

あのなあhuruharaよ!

野球選手の価値はオツムじゃない、顔で決まるんだ!小笠原は人相が良い好青年だし、原監督は采配がデタラメでも原スマイルがまぶしい!、それにひきかえ人相の悪い中村ノリや、たこ焼きに“へのへのもへじ”を書いた顔の岡田は苦戦してる。当然、イケメンは受けるし、ブサイクは苦労する。そういった意味でマー君や谷夫人はモノホンの実力者なんだ!
[ 2007/07/24 16:58 ] [ 編集 ]

huruhara氏とfuruhara 氏は同一人物ではないのか?
[ 2007/07/24 17:05 ] [ 編集 ]

huruharaは、

huruharaは“まん喫furuhara”の常連客で、ちょっとイカレタ人です。まあ彼が怒鳴って言う暴言も1%ぐらいは当たることもあるんだけど。おそらくfuruharaやジャニーズ事務所に憧れているんでしょう。ジャニーズ事務所で言うと平家派にも入れてもらえないタイプ。巨人軍はジャニーズ事務所と仲良しなので、焦って情報を集めているのでしょう・・

あんまり巨人やジャニーズに対する嫉妬が強いと、肛門が濡れてホモ分泌液があふれるので注意が必要です。以前、巨人軍でカンチョーが流行りましたが今では禁止されてます。そういう行為は小笠原みたいに隠れてベンチ裏でこっそりやる。これが巨人軍の伝統なんだ・・

原のスタメン起用の基準は“ホモ分泌液の飛びぐあい”をみること。調子が良ければ涅槃で待ってる薔薇族ジャイアンツ愛・・うーん自分でも何を書いてるのか、わからなくなってきた・・

小笠原がヒゲをそったのもオーラルのとき“”・ひげがじょりじょりすると痛い”ので剃った。これが伝統だっ!
[ 2007/07/24 20:56 ] [ 編集 ]

フルスイング!
そういえば俺のバットも最近、フルスイングしてないなー
うーん(-.-)
誰か!!頼む!!俺のバットを振らせてくれ!!
俺が本気を出したら小笠原なんかにゃ負けないぜ
今でも3本ぐらいはかため打ちできるぜ!
[ 2007/07/30 22:23 ] [ 編集 ]

高木ブーと研ナオコ、財津和夫

ひまねた・・

神津カンナ・・鈴木タカマサファン(中日OB)

ちなみに彼女の義弟は銀蠅ファミリー
[ 2007/07/31 12:12 ] [ 編集 ]

huruhara

フルスイング中村ノリを獲得できなかったヤクルト・・
[ 2007/09/19 14:32 ] [ 編集 ]

小笠原は中日、中村は
[ 2014/04/19 15:16 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/270-b7d01d3d