試験に出る大阪弁 辞典 第十五回 「かんてき」

かんてき【かんてき】


 七輪のこと


 今や七輪が自宅にある家も少ないのではないだろうか、焼き肉屋とかでお目にはかかるが、自宅で毎日使って炊事している人が居たら、なかなかの粋人だ。

 昭和三十年代ぐらいにはまだ各家庭に 「かんてき」 があって、火鉢に入れて手炙りにしたり、餅を焼いたり豆を煮たり、暖房兼調理器具のようなスグレモノであった。

 今や住宅環境が良くなり、気密性が高くなると 「かんてき」 は誠に使いづらく、下手をすると自殺の道具の為にわざわざ買われるといった有り難くない需要まで生み出してしまった。

 安くて火持ちの良い練炭、豆炭などは一酸化炭素中毒の元凶と家庭から姿を消した。

 辛うじて残った火鉢は軒先で金魚鉢に役割を変えている。


 ♪かんてき割った~♪擂り鉢割った~♪叱られた~♪ 可笑してたまらん、トッテレチリリン♪

 と、ワケの分からん唄ももう時間の問題で廃れるのだろう。






投稿者: ぐっちゃん 



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!
関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



我が家では、かんてき愛用してます。

魚、肉、ししとう、揚げさん...

ガスより炭火で焼いたほうが美味しいからね。


ただし、近所の人達には迷惑かけてるんやろうなぁ。

煙を出てるのを火事と間違って、消防に電話かけられへんかなって、ビクビクしながら秋刀魚を焼いてます。


[ 2010/09/19 20:09 ] [ 編集 ]

まあレトロ!

ガス代払いなはれ。
[ 2010/09/20 12:38 ] [ 編集 ]

ちゃんとガス代は、払ってますよ。

ただの七輪マニアなだけです。(爆)

[ 2010/09/20 15:10 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/3461-ca484492