月山 (山形県 鶴岡市 羽黒町) 登頂

 「芭蕉46才、旅に疲れた体にむち打って神の山への登山を敢行。。。」 てな訳で、芭蕉も登ったコースでもある、羽黒山登山口から登ってきました。

 
 晴れたり曇ったりと天候もまずまずで、極端に暑くもなく快適なトレッキングができました。

 月山八合目登山口(8:15発)→仏生池小屋→月山山頂(10:15着)休憩含む。


 * 前回の記録 → 「月山 (山形県鶴岡市羽黒町) 撤退」(Anthony's CAFE 09/07/21)





仏生池小屋

コース中間地点・月山九合目にある仏生池小屋


 ここから山頂まで1時間くらいである。

 
 う~む、なんと宗教色の強い小屋なんだ。(笑)

 小屋の前には小さな池があり、直ぐそばには小さな祠があった。

 参拝者がかなり多いのだろう。お賽銭が溢れていた。





オモワシの山を振りかえり見る

山頂手前付近からオモワシの山(1828メートル)を振りかえり見る


 初めての登山者は、ここが山頂だと見誤ってガッカリすることになる。

 このことから 「オモワシの山」 と、呼ばれるようになったという。





月山山頂を望む

月山山頂(1984メートル)を望む


 円錐状の山頂には、天照大神の弟である月読命(つきよみのみこと)を祀る月山神社本宮が建っている。

 周りは草原になっていて高山植物の宝庫でもある。





月山山頂

月山山頂

 石垣で囲まれた本宮社殿が建っていて、標高を示す標柱もなにもない。

 当然この先は、一切撮影禁止である。

 山頂に本宮があるため、500円を払って 「お払い」 を受けてから本宮を参拝することになる。(山頂を踏むことになる)

 なんと、お金がないと山頂を踏めないのである。(笑)


 参拝後にお神酒を一杯ご馳走になる。山頂で飲む酒はなんと旨いことか。。。(爆)






投稿者: 霧島

今回の記事関連商品も要チェックだべ! ↓ アマゾン ↓ で買おう ↓




関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



森羅万象、八百万(やおよろず)の神・・・・
山には、あまねく神が存在している。

古来日本人は、山や川、滝、巨岩、巨木等々、
あらゆる自然現象の中に神の存在を感じた。。。

ある民俗学者はこれを「神の感覚」と呼んだ!
[ 2010/09/23 09:29 ] [ 編集 ]

「姫神せんせいしょん」の「奥の細道」!!

特に「奥の細道」、「リアス」、「蛍」がグット!
ビュー曲の「奥の細道」は、岩手放送の
ステーション・ブレイクでオン・エアされて
ブレイクし全国的にヒットしたというパターンだべ!
もう、30年も前の話だべ!!(爆)

これは、お奨め!いい! みんなも買って聴いてみてな!
[ 2010/09/23 09:48 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/3466-5ecd2b35