昭和っぽさを感じるセリフや仕草

●そういえば流行ったあの言葉…今の若者には通じない?

 発言小町のトピック「懐!昭和に流行ったあの言葉、何歳まで通じるんだろう?(駄)」には、今ではあまり聞かれなくなった懐かしい昭和の言葉が多数寄せられています。

 ネイルサロンの若いネイリストに「ワンレン」という言葉が通じなかったという、ある回答者。「え、ワンレン?それなんですか」と聞かれショックを受けた様子。同様に、美容院で若い美容師との会話で「マザコン男」の話になった際、「あー、冬彦さんね」と言ったら、「冬彦さんって誰ですか?」と返されたという他の回答者の体験談にも注目。自分自身も、無意識のうちに若者の知らない昭和語を使っていたかもしれないと気付かされるエピソードが満載です。

 また、サッカーファンという回答者は、今年開催されたワールドカップにちなみ、サッカーに関連するキーワードとして「フルバック」「ハーフバック」「スイーパー」「バナナシュート」といった言葉を挙げつつ「若いサッカーファンには多分通じないんだろうな…」とコメントしています。これらの言葉にピンときたなら、それは古くからの筋金入りのサッカーファンであることの証かもしれません。

●あえて使いたい昭和語の魅力は

 逆に、こうした死語をあえて使うのが流行っているという声も寄せられていました。ある回答者の職場では、新卒の子も一緒になり「部長!バッチグーでした!」、(忍者が印を切るポーズをして)「それでは今日はこの辺でドロンさせてもらいます」、「二人はアチチなんだ~」といった言葉を日常的に使っているのだそう。「隣の部署の人たちにまで生暖かい目で見られている」とのことですが、職場の雰囲気は和気あいあいとしていて楽しそうです。コミュニケーションの潤滑油として、昭和語や昭和風の仕草を使ってみるのも、なかなか面白いものかもしれませんね。


(以上、gooランキング より)



古い奴だとお思いでしょうが


 古い奴ほど、年寄りです。

 生まれた街は荒れ放題。

 かごの屋しゃぶしゃぶ食い放題。


 今の世の中…右も左も…はっはっは…


 忘れました…。






投稿者: ぐっちゃん

[編集長-ひとこと]

 「バッチグー」 を、毎日のように使っている僕の精神は、まだ昭和に在るのだろうか?

 
 いや、昭和にこそ在るべきだ・・・



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【FC2 blogランキング】 ← こちらもクリックお願いしますっ!
関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/3530-957d4a56