岐阜倒壊事故:壁の固定措置なし…恒常的怠慢の可能性

 岐阜市で解体中の工場の外壁が倒壊し、私立富田高2年、川瀬友可里さん(17)が死亡した事故で、同市の解体業者「丸萬後藤興業」が、壁を固定する安全措置を取っていなかったことが15日分かった。岐阜県警の捜査関係者によると、同社は恒常的に壁の固定を怠っていた可能性が高いという。また通常、敷地内の障害物を撤去した後に壁を解体するが、エレベーターの外枠が残された状態だったため、県警は同社の作業手順にも問題があったとみて調べている。

 捜査関係者によると、同社は14日昼食後、びょうぶ状に1枚残った外壁(高さ約11メートル、横17.5メートル)を南側に倒そうとした。しかし、前方にあったエレベーター外枠が障害となり、壁が倒れなかったためそのまま放置。外枠の撤去作業をしていた。

 全国解体工事業団体連合会によると、今回のように壁が1枚残った場合は、内側からワイヤを壁にかける▽重機の先端で壁を挟む▽クレーンでつり上げる--などの方法で固定するのが原則。同連合会は「びょうぶ状に壁が残る状態は不安定で一番危険。必ず安全対策をしなければならない」と指摘する


(以上、毎日新聞 より)



 この解体屋を取り囲んで、大勢で踏み殺してしまいましょう。


 どうせ心から反省なんかしてませんし、しても遅いんです。

 業務上過失致死っても交通事故より悪質ですよ。


 解体屋?

 どうせヤクザでしょ?


 
 死んだらエエんや。






投稿者: ぐっちゃん

[編集長-ひとこと]

 最後の一行に、ぐっちゃんの魂の叫びが込められているようですね。


 僕は一時期、解体業者で働いていたことがあるのですが、作業員の怪我なんか日常茶飯事でしたし、重機なんか転倒して当たり前でした。

 建物を建てるんじゃなくて、潰すんですから、荒っぽかったしエエ加減でした。

 
 20年くらい前は、どこでもなんな感じでしたが、現在でも業界自体はそんなに変わっていないと思います。



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【にほんブログ村 ニュースブログ】 ← こちらもクリックお願いしますっ!
関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2010/10/18 21:00 ] Menu:07 ニュース です YO! | TB(0) | CM(2)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



悲しいが

こんな業者など幾らでも居る。「工事の前には近づくな」これ鉄則。
[ 2010/10/30 23:49 ] [ 編集 ]

何処までも職を転々とされてますなぁ。
[ 2010/10/31 01:42 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/3602-fb1a682a