目薬と間違えて接着剤を点眼、見た目が紛らわしいと「容器変えて」

 先日、米国に住む70歳の女性が瞬間接着剤を誤って目に入れてしまい、大変な目に遭ったという一件が起きた。女性は目薬の容器だと思って手にしたモノが接着剤と気付かず、そのまま点眼してしまったらしい。すぐに病院の緊急治療室に運ばれ、幸いにも大事には至らなかったが、「容器が紛らわしい」と接着剤のメーカーに変更を求めている。

 米放送局FOXやABCなどによると、アリゾナ州で暮らすイルムガルト・ホルムさんは、昨年白内障の手術を受けて以来、目薬をさすのが日課。先日、彼女がいつものように目薬をさそうと、半ダース入っていたケースから取り出したのは、なぜか見た目がそっくりな瞬間接着剤だった。ホルムさんは「容器は同じだった。私はもう若くないけど、呆けてはいない」(MyFoxフェニックスより)ときっぱり。ただ、気付かないままその接着剤を目に入れてしまう。

 彼女が接着剤とはっきり認識したのは、「左目に1滴入れた瞬間」(米放送局ABC系列KNXV-TVより)だった。燃えるような感覚に襲われたというホルムさんは、慌てて台所に駆け込み目を洗ったものの、時すでに遅し。接着剤を点眼してしまった左目は「閉じられてしまい、動かすことができなくなった」という。そのため、すぐに救急車で病院に運ばれ、緊急治療室で治療を受けることに。

 救急隊員や病院スタッフによる目の洗浄では効果がなく、結局「接着剤の物質をカットして」(MyFoxフェニックスより)目を開けられるようになったホルムさん。しかし、しばらくは目が開いても、視力がないような状態だったそうだ。現在は明るい場所では眼鏡をかけなければならないが、視力は順調に回復へ向かっている。

 こうした話、実はたびたび伝えられており、「(米国では)古くは1982年から、同じようなケースをたくさん発見した」(FOXより)との指摘も。ホルムさん自身も似たような話をいくつか耳にしたそうで、今後、接着剤容器のサイズや形状を変えるよう、メーカーに圧力をかけて欲しいと、米食品医薬品局に要望を出すという。


(以上、Narinari.com より)



訴えるほど似ている物を、何でわざわざ同じ引き出しに?



 ボケてないって?


 まあ仕方ないなぁ、アメリカ人 だから…








投稿者: ぐっちゃん

[編集長-ひとこと]

 瞬間接着剤の容器と、目薬の容器って、似てるのか??

 絶対に、目薬とアロンアルファとかの容器は色も形状も、全然ちがうけどね。


 もしかして、アメリカでは、そっくりなのかね??

 事故が何度もあっても、形状を変更しないのは、なんでだろう?


 わかった。アメリカだからだ!(爆)



【人気blogランキング】 ←クリック投票に協力して下さいませっ!

【にほんブログ村 ニュースブログ】 ← こちらもクリックお願いしますっ!
関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



こういうアホがいるから注意書きの量が増えるのだ…
[ 2010/11/02 23:59 ] [ 編集 ]

使い切りタイプの点眼薬みたいなのかなぁ……。
[ 2010/11/04 20:58 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/3632-d34992ed