上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

男体山  2 (栃木県 日光市)

日本での、古くからの山登りには二通りあります。一つは 「登拝」 、もう一つは 「遊山」 です。


 日本では、オヤマ信仰、山岳信仰が自然発生的に発達しました。当然のことながら、教祖様も教義なんてのもないです。(笑)

 
 「登拝」 は、修験道的山岳信仰が基本ですので、娯楽的要素はなかったのです。

「遊山」 は、江戸時代に発達したもので 「山に遊ぶ」 、「物見遊山」 、多少娯楽的です。現在の山登りに通じるものです。


 さて、日光一帯は、日光連山、東照宮、二荒山神社本宮、中禅寺湖、華厳滝などを含めて、古来、日本有数の面積を誇る聖地でした。

 男体山(2486メートル)が主神、女峰山(483メートル)が妃神、太郎山(2367メートル)御愛子神、日光の山々は神々の御家族ですね。(笑)





山頂にある二荒山神社 奥宮

山頂にある二荒山神社 奥宮

 
 山形県の月山や鳥海山とは違い、夏場でも無人だった。

 昔は、神主さんとかが常駐していたのでしょう。そんな雰囲気の建物でした。





山頂の剣

山頂の剣


 男体山山頂の一番高いところには、なんと、剣が突き刺さっていました。

 神剣ですかね。一等三角点は剣の手前側にありました。


 山頂は、かなり寒かったです。寒気も入っていたのでしょう。

 山頂に着いた頃は、手もかじかむほどの寒さでした。

 汗でびっしょりになったアンダーシャツを着替えて、防寒着を着込み、オーバーズボンをはく。

 これで、ゆっくりと、落ち着いておにぎりを食べることができました。(笑)





山頂直下から望む戦場ヶ原

山頂直下から望む戦場ヶ原
 
 
 向こう側は群馬県です。

 群馬県との県境にある日光白根山(2578メートル)は、雲に覆われていて残念ながら見えませんでした。





山頂直下から望む中禅寺湖

山頂直下から望む中禅寺湖

 
 山頂からは、日光三山の他、遠くに奥会津 檜枝又の会津駒ケ岳や帝釈山などが望めました。


 九合目からは、赤い溶岩のザクザクとした砂礫の斜面になります。

 斜面は緩やかですが、滑ってけっこう登り辛かったです。







投稿者: 霧島

関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



NHK大河ドラマで話題の江姫の夫(秀忠)が

建立したのが日光東照宮だべ。

古代からの聖地にある二荒山神社本宮の隣に
わざわざ建てたんだがらな、やっぱ、
なにがにあやがりたかったのがや?(爆)
[ 2011/06/17 21:00 ] [ 編集 ]

私は逆に・・

 会津駒ヶ岳から男体山を見た記憶がある。
あの二等辺でない三角形のような形が何故に「男体」?
角ばってるからかな?
[ 2011/06/17 22:59 ] [ 編集 ]

まいどです。

男体山は、北茨城にもある。

あと、筑波山には、男体山と女体山があるな。
これは、けっこう有名か・・・・

どちらも標高はかなり低いけどね!(爆)

筑波山には、なんとか行きたいなーと思ってる。
トレッキングしに というか、まあ、ハイキングかな?(爆)
一応、標高は低いが「百名山」だし!(爆)
[ 2011/06/18 08:06 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/4295-65db70b3