ゼリーをフライに? 地域限定のメジャー食品

 進学や就職で転居した人にとって、故郷の味は懐かしいもの。「地元では当たり前に食べていた食品が、こっちでは売っていない……」と郷愁に浸る人も多いと思います。一方、旅行で地方を訪れた人は、地元のおいしい食べ物を食べたい!と思うはず。

■兵庫で大人気の"いかなご"
"いかなご"とはスズキ目の魚類で、兵庫県などではつくだ煮にした「いかなごのくぎ煮」として親しまれています。アンケートでは「しょうゆ、砂糖、みりん、しょうがを使って甘辛く味付けしたつくだ煮で、ほんの少しで白ご飯がたくさん食べられます」(女性/28歳)と大好評!

「明石市では3月ごろが旬。新鮮なうちにしか食べられない釜揚げは酢じょうゆで食べるのが常識です。お酒のつまみによく合う!」(女性/30歳)との意見もありました。

■郷土料理"しもつかれ"
なんとも不思議な名前の"しもつかれ"は、栃木県などに伝わる郷土料理。鮭の頭と酒かす、野菜などを煮た料理とのことだそうです。しかし、たくさんの人から紹介してもらいましたが、お味を聞くと、「私は好きな味」(女性/22歳)と、みなさん意味ありげなコメントばかり。

どうやら、そのビジュアルにインパクトがあるらしく、苦手だと答えた人は「見た目が嫌いで食べる気がしない」(男性/23歳)と、食わず嫌いになってしまっている様子がうかがえました。賛否両論あるようですが、気になる方は画像検索してみるといいかもしれません!

■まさかの"ゼリーフライ"
ゼリーと言えば、ぷるぷるした食感でおなじみのお菓子を想像してしまいますが、実は、野菜やおからのコロッケのことを埼玉県行田市では"ゼリーフライ"と呼ぶそうです。行田市のHPによると、「小判形であることから『銭フライ』と言われていたものの『銭』がなまって『ゼリーフライ』となった」という説もあるとか。

「今は引っ越したので食べていないが、懐かしい味。ヘルシーなのもうれしい」(男性/25歳)「カツなどとは違っておからなので、あっさりとした中身とソースの濃厚な味が絡んで、とてもおいしい」(女性/24歳)と地元の人に愛されている郷土料理のようです。

(以上、毎日コミュニケーションズ COBS ONLINE より)



いかなご


 イカナゴ、関東ではコオナゴと呼ぶらしい。

 「小女子」と書いた佃煮がスーパーに並んでいる。


 関西人としては 「お○こ」 と読んでしまいそうなので、是非ともメーカーさんには関西向けにイカナゴとラベリングしてほしい。


 が、イカナゴも漢字表記すると 「玉筋魚」 なので、これはこれで少し赤面しながら買う羽目になる。


 もうどっちでもいいや。







投稿者: ぐっちゃん

[編集長-補足]

 定期的に頻出するこのネタ(笑)
 

*関連記事も、どうぞ

 → 「試験に出る大阪弁 辞典 第六回 「イカナゴ」」(Anthony's CAFE 09/10/27)

 → 「関西ならでは その1」 (Anthony's CAFE 08/03/14)


関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/4418-4e65a1cd