上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

秋田駒ヶ岳  1 (秋田県 仙北市)

秋田、岩手の県境にある国見温泉(岩手県雫石町)から登ってきました。

 
天候はほぼ快晴、しかし、涼しさを通り越して寒かったです。汗をかくこともなく快調なペースで登ることができました。

 下山時は、さすがに寒くてウインドブレーカーを着込みましたが。。。

 
 山頂付近は、台風の影響か?猛烈な風が吹き付けていて、吹き飛ばされないように這いつくばって進みました。 




カルデラの底

カルデラの底


 通称 「ムーミン谷」 と呼ばれている。


 高山植物の宝庫。ほとんどフィヨルドの谷である。(笑)

 正面に聳えるのが男岳(1633メートル)、ここからの田沢湖の展望は素晴らしい。





男岳山頂直下から望む女岳

男岳山頂直下から望む女岳


 昭和45年に噴火したと。


 流出した溶岩の跡が生々しい。


 後方に見えるのが田沢湖である。 





男岳山頂

男岳山頂

 
 猛烈な風が吹き付ける中、這いつくばりながら岩尾根を登り詰めてたどり着いた。


 古来からの馬の神様として尊信の深い駒形神社の祠があった。

 信仰上重要だったのは、最高峰の男女岳(1637メートル)ではなく男岳だったのだろう。





ムーミン谷を俯瞰する

ムーミン谷を俯瞰する


 6月下旬頃だと チングルマ の大群落が見られる。


 誰が名づけたのか ムーミン谷」?

 氷河にに削り取られたカール(U字谷)に似ていると思ったのでしょう。


 正面が男岳、左側が女岳。

 男岳はカルデラの底に向かって激しく切れ落ちている。

 登山道は、尾根に向かってジグザグに続いていた。

 高度感がすごい。距離は短いが一汗しぼりとられる。 







投稿者: 霧島





関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



最近、怪僧ラスプーチンを遥かに凌ぐ(爆)

傑僧 空海に関する本をよんでるべ!

まあ、以前から興味があったんが・・・

読めば読むほどすごい僧だべ!

是非、真言密教の聖地「高野山」を
縦走してみたいべ!
[ 2011/07/28 18:37 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/4428-f4262ec0