上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今年、最初の散髪をした・・・ 

7月に入って、今年、初の散髪をした。


 昨年の12月初め頃に切ってからなんで7か月ぶりだった。

 
 なんで、そんなにほったらかしにしておいたかというと、切るタイミングを逃してしまっていたからだ。

 冬場は寒いんで、暖かくなるまではこのままでいこう。と、思って切らず。

 夏になってからは、暑いから髪の毛を束ねておこう。と、切らずに彼女の髪留めのゴムを借りてまとめておいた。さすがに、カチューシャはやめたけれど。


 で、近所の人の評判とか、マンションの管理人のオバサンとかからも好評だったので、そのままにしておいた。


 「僕の髪が~肩まで伸びてぇ~♪」 というくらいに伸びたのは、実に15年ぶりだった。オッサンのロン毛である。

 若い頃は、ヘンな髪形をしていた。後ろだけをひたすら伸ばして、前は短く、サイドは刈り上げというかモヒカンに近かった。(笑)

 前からしか見ていないと、普通の髪形だ。

 ちょうどその頃流行していた英国の ニュー・ウェイヴ 系のバンドの トンプソン・ツインズ のヴォーカリスト、トム・ベイリーと同じような感じだった。



トンプソン・ツインズ
トンプソン・ツインズのLP 中央がトム・ベイリー




 後ろの毛を束ねて、それを服の中に隠して、それで、会社の面接にも行ったし、結婚式で三々九度の杯も交わした。(爆)

 前屈みになると、服から髪の毛が出てしまってバレるので、絶対にお辞儀をしたり、礼をしたりしない。

 横柄な態度をとるヒドいやつ。パンクなやつ。ということで、とおした。

 が、一度バレてからは、かなりの長い間その変則的ロン毛スタイルをとおしてきたが、さすがに金融関係の会社に勤める時には、短くした。それでも、ショート・ボブだったが。

 
 そして、今回なんで?イキナリ、髪を切ったのか?

 
 近所の子供に 「ヘヴィメタのオッチャン!」 と、呼ばれたからだ


 僕が、世の中で最も嫌悪する音楽のジャンル&スタイル ヘヴィメタル の人と同じようみ見られていたなんて・・・

 たとえ、それが子供であっても... 死にたい。ダメだ..死にたい。


 子供にしたら、髪の毛が長いとイコール、ヘヴィメタなのだろう。

 それは、わかる。理解できる。

 僕らの親の世代が、長髪イコール、ヒッピー(または、ビートルズ)なのと、同じだ。

 で、でも、ヘヴィメタと言われちゃ・・・

 
 で、死ぬくらいなら、髪の毛を切ろうと、急いで、一番近いスーパーのテナントに入っている980円カットの美容室のサービス・タイムで680円(や、安い~!)。

 バっサリと断髪した。帰りに割引券を貰ったので、次回は490円でヘア・カットできる。

 いつの間に、ウチの近所は美容室のデフレが始まってたんや~?

 
 というわけで、もう、近所の子供にヘヴィメタ呼ばわりされない。

 
 さらに、割引券を持って続けざまに美容室に行って、暑い夏を乗り切るために今度は刈り上げてもらった。

 今度は、近所の子供に 「かりあげ君」 と呼ばれた。

 
 それでもいい。なんでもいい。ヘヴィメタと呼ばれるより・・・








投稿者: Anthony



amazon 「トンプソン・ツインズ」




 
関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



毎日暑いですなあ
不本意ながら、編集長は髪を切ったので、いいかも
それにしても、安いですなあwww
[ 2011/08/05 02:10 ] [ 編集 ]

確かに安い。
[ 2011/08/05 21:34 ] [ 編集 ]

これを機に・・

TanokenさんとTAKAさんとこの雑草Zに・・
Anthony 編集長さまから、率直な共通のコメントが欲しいところです。(爆)
[ 2011/08/06 00:34 ] [ 編集 ]

Anthonyさんは昔そんな変わった髪型をしていたのか・・・明らかに日本人離れだ。

あのバンドの写真を見る限り。

それがロン毛にしたらいきなり子供たちから自分の一番嫌いなヘビメタ扱い←正しく

キーボードの打ち方がわからない。

ショックだったろう。で7ヶ月ぶりにカットか・・・私も先日7ヶ月ぶりにカットカラー縮毛矯正に

行ってきたばかりだ。

しかし安い美容室だな。理容室じゃなくて?私なんか1万3千円取られたぞ。

まあなにはともあれ短髪バンザイ!!
[ 2011/08/06 12:08 ] [ 編集 ]

何がなんでも、ヘビメタは拒否します。

最近のデス・メタルつーのは、脳内でハード・コア・パンクに無理矢理に変換してますので、耐えられますが。

ハード・ロック系の音では、家にはU.F.Oとグラハム・ボネットのLPが置いたままです。(僕のじゃない)あと、ラヴァー・ボーイも。


でも、ヴァン・ヘイレンとキッスは金を出して買った。(中古で)

新品で買ったのは、デヴィッドりー・ロスのソロだけ。ジャ~ンプ!(笑)


[ 2011/08/07 02:06 ] [ 編集 ]

U.F.Oは兎も角、グラハム・ボネットのソロとラヴァー・ボーイが、ハード・ロック系の音に聞こえる時点で、Anthony編集長さまのHR/HM嫌いは筋金入りだ!・・・私にはそれらはポップにしか聞こえない(笑)
そんなAnthony編集長さまが、
>最近のデス・メタルつーのは、脳内でハード・コア・パンクに無理矢理に変換してますので、耐えられます
というのが、ちょっと不思議ですがちょっと理解できます(笑)。ハード&へヴィーが嫌いなわけではなく、あくまでHR/HM嫌い!!
[ 2011/08/07 06:55 ] [ 編集 ]

雑草

>U.F.Oは兎も角、グラハム・ボネットのソロとラヴァー・ボーイが、ハード・ロック系の音に聞こえる時点で、Anthony編集長さまのHR/HM嫌いは筋金入りだ!・・・私にはそれらはポップにしか聞こえない(笑)

だって、各レコードに針を落としたのは、十秒間くらいですから。「こんなん、耳に悪いわ」と、感じて、それから20数年間、聞いてません。(笑)

まぁ、エアロスミスとかは、ポップスとして聞きますが...

[ 2011/08/08 01:21 ] [ 編集 ]

パンクが好きだった頃・・

 思い出したら、私も1979年頃、パンクをよく聞いてた。
ラジオから流れてくる
ブームタウン・ラッツとかクラッシュとか・・
それから、スージー&ザ・バンシーズも好きだったけど、これもパンクかな?
一番嵌ったのが、パティ・スミス、PSG。 3rdと4thが好きで、かなり後にCDでも買い直して、21世紀になってからも聞いてたな・・。
1980年代前半は、ラジオやテレビから、ジューダス・プリーストやアイアン・メイデンが流れてくると、チャンネルを変えたりしていた(笑)・・。

[ 2011/08/08 11:40 ] [ 編集 ]

トンプソン・ツインズっていうと、

ほとんど曲は聴いていなかったが・・・

まあ、カルチャー・クラブ同様
強烈な髪型が印象に残っているべ!

ビートルズのカヴァー曲「レボルーション」は
まあ、良かったべ!最高!!(爆)

みんなも、聴いてな!(爆) ↓

http://www.youtube.com/watch?v=fJkroqrwncE
[ 2011/08/08 21:39 ] [ 編集 ]

>1980年代前半は、ラジオやテレビから、ジューダス・プリーストやアイアン・メイデンが流れてくると、チャンネルを変えたりしていた(笑)・・


MTV(この頃は、SONYの一社提供で放送してましたが)で、皮ジャケ長髪のグループが、チラっと見えたら、チャンネル・チェンジしてたなぁ。

オジー・オズボーンとかは、笑うために見てたけど・・・
[ 2011/08/09 17:32 ] [ 編集 ]

メタルに目覚めたのは・・

 1980年(ドラマーのジョン・ボーナムが逝った年)に、レッド・ツェッペリンに嵌ってからは、パンクからは離れていったけど、暫くは Anthony 編集長さま同様、
>皮ジャケ長髪のグループが、チラっと見えたら、チャンネル・チェンジ
状態だった。モトリー・クルーとかラットとか本当に嫌だった。
1980年代後半のある日、MTVカウントダウンで、シンデレラのノーバディーズ・フール のサビの部分を10秒ほど見て(聴いて)、一目惚れ(一聴惚れ)KOされた。
それから、メタルに嵌っていった。ドッケン、TNT、ゲーリー・ムーア、グレイト・ホワイト、ホワイト・スネイク、アイアン・メイデン・・・メタルは成人して社会人になる頃から好きになった。
[ 2011/08/09 20:25 ] [ 編集 ]

ジョン・ライドンが5枚目のオリジナルアルバムを出す時にこんな事を言っていた。

「パンクもヘビーメタルもどこが違うんだい?」

ってね。まあ、気まぐれ者のライドンだから、また言うことがコロコロ変わるんだが。

しかしながら、俺もそう思う。

パンクは、あの時代(70年代末期)の英国だったからパンクとして存在出来たんだ。そもそも、パンクなんてものは、その反体制的な考え方が具象化した姿だ。パンクがシンプルなロックンロールになったのも、音楽もろくにやったことがない奴らにとっては、そのほうが反体制的なメッセージを伝えるのに適していたというだけの話しだ。

だから、パンクなんてものは形ではない。精神的なものだ。

高い皮ジャン着たり、鎖を買ったりしたり、化粧したり、とにかく金を掛けてファッションに凝っているようなミュージシャンが幾ら「パンク」を主張しようとも、そんなもの説得力がない。

又、わざと破った服装を着ようとも、そんなものもパンクのママごとだ。

なら、散髪に行く金がないから伸ばさざるを得ない奴らや、世間に逆行して自分で切ったりしないと生活出来ない奴らのほうが、よっぽどパンクらしいではないか。

だから、今のパンクもヘビーメタルも同じようなものだ。
[ 2011/08/10 05:25 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/4458-eb7d8ace