宮崎駿監督の新作は自伝!鈴木敏夫プロデューサーがイベントで明かす

 3日、「フレデリック・バック展」を開催中の東京都現代美術館にて行われたトークイベント「話をする二人」で、鈴木敏夫プロデューサーが、宮崎駿監督の新作が自伝になることを明かした。

 この日のイベントで、“舌”好調で映画『千と千尋の神隠し』『ハウルの動く城』などの制作秘話を明かした鈴木プロデューサーは、200名の観客を前に「宮崎駿監督の新作は自伝になる」と発表し、観客を驚かせた。

 スタジオジブリによると、「鈴木プロデューサーの突然の発表にはスタッフも驚いており、鈴木プロデューサーがイベントで語ったこと以上に現時点で発表できることは何もない」とのこと。

 しかし、もちろん新作も、アニメーションになることは認めており、“宮崎駿監督の自伝アニメーション”の制作が進んでいることは間違いないようだ。

(以上、シネマトゥディ より)



「松田聖子の歌」 は好きです

 
 が、松田聖子が好きかと言えば、嫌いな方でしょう。


 宮崎アニメは好きですよ。

 でも宮崎駿が好きかと言えば、「う~ん…」 ですね。

 
 原作者、会社、スタッフ、何だか喧嘩売りまくりマクリスティの人生、中華思想カブレに毛沢東崇拝…

 控え目に言っても変人。そんなオヤジの半生をアニメで見せられても…ねぇ。


 生々しくても腹が立ち、フィクションで誤魔化しても腹が立つ。

 わざわざそんな作品作らんでいいでしょう。

 
 死後でエエやないですか死後で。


 どうせそんなに先の話じゃなし…







投稿者: ぐっちゃん


関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2011/08/04 21:00 ] Menu:07 ニュース です YO! | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/4464-e554db70