ウルトラマンのカラータイマー

ウルトラな人たち_3



今回は、ウルトラマンの 「カラータイマー」 の話をしましょう。


 皆さんもご存知のようにmウルトラマンが地球上で活動できるのは3分間なので、制限時間の3分以内に怪獣や宇宙人を倒さなければなりません。

 ウルトラ戦士にとって、地球という星での活動はとても厄介な環境です。

 エネルギーが消耗してきたときに 「時間」 ではなく、「電池切れ」 を知らせるのが 「カラー・タイマー」 です。

 消耗が近づくにつれて点滅して知らせてくれる便利な物です。

 
 でも、あの 「カラータイマー」 は落ちないように、ボンドで取り付けてあるのでしょうか?

 それとも人間でいう、心臓感覚のような一体物なのか?

 皆さんはどう思いますか?









投稿者: Tanoken

 [編集長-ひとこと]

 カラータイマーは、あくまでタイマーであって、心臓なんかの器官ではない。ただし、心臓とはつながっていると、円谷プロの公式記録あったような。

 でも、帰ってきたウルトラマンが怪獣にカラータイマーを奪われた瞬間に、身体が縮んでペシャンコになってたのを見た記憶があるんだけど。それだったら、何らかの内臓というか器官というか、それ自体がエネルギー源?か、調整機能を持ったものだと思うんだけど・・・

 う~ん、わかんね。


 ここは、やっぱり、怪獣退治の専門家じゃなくて、ウルトラ問題の専門家 ぐっちゃん の登場を待つしかないです。(爆)


B>アマゾンで予約すると32%OFFの1436円(送料無料)で購入できます!

  ↓ ↓


amazon 「ウルトラマン カラー麺タイマー 」




関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2011/09/19 21:00 ] Menu:04 Tanokenの世界 | TB(0) | CM(2)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



取られてぺしゃんこか…

前立腺だな
[ 2011/09/20 13:42 ] [ 編集 ]

俺は前立腺マッサージで復活した。
ペシャンコがギンギンに!(爆)
[ 2011/09/21 00:36 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/4624-1e11ebe3