初体験  1 (トイレはカオス!)

僕が中学生の頃。


 エロビデオなんて気の利いた物は、存在しなかった。

 まして、小学生なんてエロ本が精一杯だった。


 そんなある日、昼休みに男子トイレで何やら始まると聞いたので、僕も友人と給食もそこそこに男子トイレに駆けつけた。

 そこではオナニー経験のあるM君が、皆に囲まれてチ○コをしごいていた。

 当然、そんな環境でチ○コが勃つわけもなく、M君はその場の番長の大ちゃんに 「大ちゃん勘弁して。俺、勃てへんわ」 と、懇願していた。

 結局その場のオナニー・ショーは何事もなく終わったのだが、僕には一つひっかかかるものがあった。


 僕もあのようにチンコをシゴいたら、いったい何が起こるのだろうか?


 コレが、僕とオナニーとの付き合いの始まりであった。







投稿者: Nao

[編集長-ひとこと]

 「初体験」 というタイトルからして、Naoさんの童貞喪失を振り返ったエロ小説だと思っていたけれど、オナニー初体験の話だったのね。

 でも、Naoさん自身は発射には至っておらず、学友の不発状態を目撃しただけに留まったわけだ。

 
 ということは、発射に至るまでの過程が次回で露わになるわけだ?

 って、次回はあるのか??


関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



俺は中学の頃、夜寝てる時にうつ伏せになって布団にこすりつけていたら気持ちよくなって発射した。それから半年くらいは、そのスタイルだった。
が、隣で寝ている姉貴に腰を動かしてチ○コを押し付けているのを発見されてしまい。
以後、禁欲生活が続いた。(笑)


[ 2011/09/27 14:39 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/4641-71174db0