『ゴドーを待ちながら』

『ゴドーを待ちながら』 アイルランド製作のTV映画 (ニコニコ動画)
 
(時間帯や接続状況により動画が視聴できない場合は、時間が経ってからどうぞ)


 『ゴドーを待ちながら』 は、アイルランド出身の劇作家 サミュエル・ベケット の戯曲で、不条理演劇の大傑作と言われている。

 20歳くらいの時、演劇の小劇場ブームがあったので観に行ったら、わけがわからなかった。(笑)

 おっさん2人がずっと、ゴドー(ゴッド=神 的な存在か?)を待っていて、立ち話をしているだけというストーリー。

 このころは漫画でも映画でも不条理ものが流行していたので、なんとなく乗り遅れたくないという一心で観にいったのだけれど、周囲が騒ぐほどには面白くなかったし、理解できなかった。


 それから、35歳くらいの頃か、TVの舞台中継で2度ほど見た。(確か、緒方拳がでてたような気がする)なんとなく空虚感というかそういうものを味わえたけれど、退屈だった。

 
 で、40歳を超えてからケーブルTVで舞台を見たときは、自分自身がさんざん挫折を味わった末の状況だったせいか、その空間を体感できたような気がした。(笑)


 やはり、文章でも映像作品でも、人によっては(年齢や性格、体験してきたものによっては)その受け止められ方というのは千差万別である。




 カルトな人気のお笑いコンビ ラーメンズ のコントのネタに 『後藤を待ちながら』 ってのがあったな... ですよ。







投稿者: Anthony






関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/4732-75975c3b