上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「フェルメールからのラブレター展」 宮城県美術館 (仙台市 青葉区)

フェルメールは、もう二度と日本では見られないだろうと思い、行ってきました。


 けっこう混雑していました。美術館前の広い駐車場は満車状態で、少し離れたところにある第二駐車場に行ってくれとの指示でした。

 岩手、山形、福島など他県ナンバーの車も多くありました。土日祝祭日には、周辺道路は大渋滞になるかもです。やれやれ。





宮城県美術館

今年で開館30年を迎える 宮城県美術館


 「フェルメール展」 初日には、なんと50人が列をつくりました。


 連日、多くのファンでにぎわっています。

 なんと、公開は、京都、仙台、東京のみなのです。

 ふつうなら、京都、名古屋、東京とかなりまいよね。ありえないことです。(笑)

 
 東日本大震災の影響からですかね? まあ、とにかく仙台で見られて良かったです。





『手紙を読む青衣の女』 (フェルメール展のポスター)

『手紙を読む青衣の女』 (フェルメールからのラブレター展のポスター)


 修復後の公開は、これが初めてだ。

 当時は超高価な鉱物だった ラピラズリ から作られた顔料( ウルトラマリン)で、描かれているという。


 感動ものだった。やはり本物は素晴らしい。

 誰もが目を奪われるブルー、1度見たら忘れられないブルー! 「フェルメールブルー」 がよみがえった!  


 「フェルメールブルー」 の元になったラピラズリの鉱石と、それからとれた顔料(ウルトラマリン)も展示されていました。

 この 「青」は 多くのフェルメールの作品でみ見られるという。

 当時は超高価だったラピラズリをふんだんに使ったということは、フェルメールはかなりの金持ちだったのかもしれませんね?(笑) 
 

 フェルメールの作品は、完成度が高い傑作とされる 『手紙を読む青衣の女』 『手紙を書く女』 『手紙を書く女と召使』 の3点が出品されている。

 もちろん、東北では初めての公開である。


 フェルメール は、多くの謎に包まれた画家だという。

 誰に学んで修業したのかも分からず、修業時代のデッサンも作品もなく、作品も文献も極端に少ないのです。

 それゆえ贋作事件や盗難事件が後を絶たなかったとか。

 突然、完成された作品30点を残して消えていったのです。


 なんか、日本の謎の絵師 写楽 みたいですね。(笑)



 → 「フェルメールからのラブレター展」公式HP




ラピスラズリ(和名 瑠璃{るり}) というと、宮沢賢治の詩にも登場します。


 『銀河鉄道の夜』 につながっていく幻想的な詩です。


さめざめとひかりゆすれる樹の列を
ただしくうつすことをあやしみ
やがてはそれがおのづから研かれた
天のる璃の地面と知つてこゝろわななき
紐になつてながれるそらの楽音
また瓔珞やあやしいうすものをつけ
移らずしかもしづかにゆききする

(『青森挽歌』 春と修羅 - 心象スケッチ-第一集 より)


 賢治は妹トシの魂を求めて真っ暗な銀河の中を走っている。

 そんな愛する妹と、賢治はいまだって交信することができる。

 トシがどんな世界へと旅立っていったのか、それがトシ女自身から知ることができる。

 トシは天の瑠璃の地面に立っている。








投稿者: 霧島





関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



写楽のように、

200年もの長い間忘れ去られていた天才フェルメールを

発掘して最大級の賛辞を与えたのが、鬼才にして天才画家のサルバドール・ダリだべ!!

なんと、福島の裏磐梯には、サルバドール・ダリ美術館があるのだ!! これホント!! ↓

 http://www.dali.jp/  (諸橋近代美術館)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%AA
[ 2011/11/13 19:43 ] [ 編集 ]

「フェルメールからのラブレター展」

ついに5万人を突破したそうだ!1人1400円として7000万円が!!
1億円はかるく突破するべな。美術館の儲けは、5000万くらいがや??(爆)
この調子だと軽く10万人は超えるべな!!

なんでも宮城県美術館始まって以来らの快挙らしい。
月曜休館日なしだし、土日は夜の7時まで延長してやってるそうだ。
すごい力の入れようだべ!2回3回と見る人も多いんだと。

兎に角、東北在住の人は、早く見たほうがいいな!(爆)

来月末がらは東京でやるのだが。。。
東京だと、かるぐ50万人は突破するべな!(爆)
[ 2011/11/23 20:19 ] [ 編集 ]

フェルメールもいいけれど、僕は福島のダリ美術館に行ってみたいダリ。

[ 2011/11/24 16:39 ] [ 編集 ]

わたしは ダリ?(爆)

「柔らかい時計」っていうそうだが・・・・

初めて見たときは、かなりの衝撃を受けたべ!
難解で、わけがわからん絵だったけど
相当なインパクトがあったな! 記憶に刷り込まれる絵だった。

まるで、賢治の絵みたいだべ!(爆)

http://blogs.yahoo.co.jp/a6m4kuma/3523252.html

http://tf.cocolog-nifty.com/skier/2010/02/post-3ac7.html
[ 2011/11/25 21:52 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/4738-aaab2e3f