上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最上屋旅館 (宮城県 白石市 鎌先温泉)

宮城県白石市の郊外、南蔵王 不忘山の麓の谷に湧く鎌先温泉に行ってきました。


 白石市は、『戦国BASARA』 の影響で、伊達政宗 の腹心 片倉小十郎 の城下町として全国的に有名になりました。

 片倉小十郎は、伊達家の「知略」の代表!政宗のブレーンでもあります。





最上屋旅館

最上屋旅館


 江戸期の旅籠旅館風な造りが印象的である。


 館内は、階段や手すり、柱などに、磨き抜かれた木をふんだんにを使っており、長い時の流れを感じさせてくれます。

 なにしろ、江戸時代の湯治宿としてはじまり、今でも自炊部の骨組みは江戸時代のままというから驚きである。  





最上屋旅館 館内

最上屋旅館 館内


 玄関を入ったところ。 左手奥に、受付、売店、喫茶室があります。


 旅館での食事は、夕食、朝食ともにお膳で部屋食!朝食まで部屋食なんて今どきめずらしいです。

 純和風なおもてなしという感じかな。(笑)


 温泉は、ぬるめのため、加熱しているようですが源泉です。硫黄臭はなく、鉄分を含んでるために茶褐色に濁っています。

 多少ぬるめですが、長時間入っていることができ、体が温まります。

 鉄分を含んでるためでしょうか、湯上り後もいつまでも暖かくぽかぽかした感じでした。

 さすが、古くから 「奥羽の薬湯」 とよばれただけのことはあります。





最上屋旅館を望む

最上屋旅館を望む


 正面の障子戸が開いてるところが泊まった部屋です。(笑)


 この日は寒かった。夜にはみぞれが降ってきました。


 鎌先温泉には、狭い谷の土地に 「湯主 一條旅館」 を筆頭に江戸期に創業した 「最上屋」、「鈴木屋」、「木村屋」 の木造二層三層の旅館が軒を連ねて建ち並んでいる。 





湯主 一條旅館

湯主 一條旅館


 鎌先温泉最古の宿 (創業550年)で、谷の一番奥にあります。


 この建物は大正時代に建てられたものだとか。今は自炊部になっているのかな?

 でもご安心下さい。この奥には、超近代的な新館がど~んと立派に建っています。(笑)




 → 最上屋旅館 HP

 → 日本秘湯を守る会 HP








投稿者: 霧島


関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



九州は温泉大国だけれど、こうい風情のところは少ないんだ。残念。
[ 2011/11/30 10:32 ] [ 編集 ]

どうもです。

「日本百名湯」というのがあるべ。

古くは、1980年代に 山と渓谷社から発売されている。
オレが持ってるのはこれ!
最近では、日本経済新聞社からも発売されてるな。
もちろん、内容は違うけどな。

九州の温泉で「日本百名湯」に選ばれている温泉は
かなり多い。20ヶ所前後はあるな。 
東北も多いけど、15~18ヶ所くらいだべ。(爆)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%99%BE%E5%90%8D%E6%B9%AF
[ 2011/12/02 07:56 ] [ 編集 ]

けっこう、山の奥にまで行かないと風情があるようなところが少ないんだ。
温泉大国だけれど、観光大国だからな。
[ 2011/12/03 10:29 ] [ 編集 ]

10年くらい前に最上屋に泊まった頃は、

 日本秘湯を守る会にも入ってなくて、もっと鄙びてボロだったけど
(文句じゃありません、それが良くて泊まったのです。)
最上屋も随分と小綺麗になったものだ。情緒を残しながら上手く改装したものだ。
[ 2011/12/03 15:54 ] [ 編集 ]

どうもです。

トイレ、洗面所などの設備が整った、小奇麗な部屋に
泊まり慣れた人にとっては、かなり違和感があるでしょうねー。。。
不便に感じるところも多いかも!!

でも、秘湯を守る会 会員の温泉にしてはリーズナブルなのが最高だべ!(爆)
[ 2011/12/04 19:59 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/4787-04cd73f7