羅須地人協会・賢治の家 (岩手県 花巻市)

「羅須地人協会・賢治の家」 現在は、県立花巻農業高校の敷地内に移築されている。


 花巻農学校を依願退職した賢治は、羅須地人協会 (らすちじんきょうかい) を設立して、ここで若い農民たちを集め、自ら書いた散文詩的な論文 『農民芸術概論綱要』 の実践を試みるのである。

 でも、「金持ちお坊ちゃんの道楽だべ!すぐにダメになるべ!」 と、陰口を言う輩も多かったとか。。。





羅須地人協会・賢治の家

羅須地人協会・賢治の家


 学校の管理人さんから鍵を借りれば、内部を見学できるとのこと。


 しかし、残念なことに、ちょうど休み中で内部は見学できませんでした。

 でも、窓ガラスが多いので、しっかりと内部を見ることができましたね。


 ここで、 昭和の初期の農村で、「音楽会」 「レコード鑑賞」 「エスペラント語の講義」 等を行ったなんて!

 あまりにも、アバンギャルドでハイセンスすぎるなー。。。。(笑)





賢治の家の伝言板

賢治の家の伝言板


 おそらく、日本で一番有名な 「伝言板・掲示板」 でしよう!


 玄関脇にあります。けっこう大きい。

 農耕自給生活を始めて多忙になった賢治が留守のとき、行く先をこの伝言板に書き込んだという。





有名なポーズの賢治の像

有名なポーズの賢治の像


 この像の元となった、あの有名な賢治の写真は、ベートーベンの服装とポーズを真似したものだそうです。


 自ら写真屋を呼んで撮らせたとのこと。

 ベートーベンが大好きだった賢治は、有り金をはたいてレコードを買い集めたとか。

 なんと、ハイカラでハイセンスなことか。。。(笑) 





花巻農業高校にあるプレート

花巻農業高校にあるプレート


 賢治の論文 『農民芸術概論綱要』 のラスト、「結論」 の部分からの抜粋。


 「…… われらに要るものは銀河を包む透明な意志 巨きな力と熱である ……われらの前途は輝きながら嶮峻である  嶮峻のその度ごとに四次芸術は巨大と深さとを加へる  詩人は苦痛をも享楽する  永久の未完成これ完成である  理解を了へばわれらは斯る論をも棄つる  畢竟ここには宮沢賢治一九二六年のその考があるのみである」


 銀河を包む透明な意志 か!?  詩人は苦痛をも享楽する か!? 永久の未完成これ完成である か!?

 う~む、奥の深い言葉だ。

 透明な爽快なら実感できるが。。。(爆) 








投稿者: 霧島
 

関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



みなさん どうもです。

自称「日本一の賢治ファン」井上ひさし氏の
説によれば、賢治が設立した「羅須地人協会」の
挫折は、賢治の体調の問題や農民に受け入れられなかったというのも
もちろんあるが、当局に睨まれて、強い指導を受けてのことらい。。。

なにやら、怪しい結社ができ、毎週のように
集まって、怪しい集会を開いていると 思われたのだろう。。。。

実際、賢治は、この頃 花巻にできた共産党の
下部組織「労働者農民党」に協力しているのである。 
金持ちだった賢治は、事務所を斡旋したり、
机や椅子、印刷機などを寄付しているのである。
[ 2011/12/05 21:02 ] [ 編集 ]

賢治は、共産主義の暴力革命は否定してたんだな!
賢治は、資本論など共産主義・社会主義関係の本を読んだり
いろんな人から話を聞いたりして、かなり調べたが、でも、結局、「この思想では、
農民を救えない、イーハトーブは、日本は、変えられない! 」と結論付けた。。。

賢治はこう言っていた、「革命が起きたら、私はブルジョアの味方です。
私は革命という手段は好きではない」と。

国会での有名な発言!!
「共産党の宮沢賢治君は人殺しでありまして、八紘一宇の精神で、一族郎党誅さねねば、
ならぬのです」ハマコーって本当にバカだよな!!(爆)
[ 2011/12/05 21:54 ] [ 編集 ]

雨には負けた、風にも負けた。
風邪が治らん。

[ 2011/12/06 23:47 ] [ 編集 ]

雨にも負けず 風にも負けず…

その先は長くある言葉ですが、最後に[そういうわたしでありたい]と、締めくくっている行がわたしは好きです。

実際、そうなれるわけはないのだけど、[そうでありたい]と言う部分に深い共感を持つので
=´~`=

あまり深くは追及はしないけど、なにか宇宙的なロマンがあるのだなあ、と私的に考えておりますよ・ん・
[ 2011/12/11 03:53 ] [ 編集 ]

どうもです。

雨にも負けず の詩の朗読は
大震災後、テレビ・ラジオ等で、バンバン流されてすごかったべ!
第何回目かの賢治ブームだよな。

オレは、「・・・欲はなく、決して怒らず、いつも静かに笑っている・・
そういうものにわたしはなりたい」
このへんが理想だなー・・・(爆)
[ 2011/12/11 21:06 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/4795-5e6ee999