上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

羅須地人協会 跡地・賢治詩碑 (岩手県 花巻市)

賢治ファンにとっての本当の聖地はここだと思う。けっこう広い場所だ。


 高村光太郎の筆による 『雨ニモマケズ』 の詩碑がたっていた。

 
 詩碑の下には、賢治の遺骨と法華経の経文、宮澤賢治全集、詩碑建立の由来を記した文書が納められているという。

 まあ、「賢治のお墓」 と言ってもいい。


 ちなみに、賢治のお墓は、「ぎんどろ公園」(旧花巻農学校跡地) 近くの身照寺 (宮沢家の菩提寺) にあります。





『雨ニモマケズ』 の詩碑

『雨ニモマケズ』 の詩碑


 「野原ノ松ノ林ノ蔭ノ  小サナ萱ブキ小屋ニイテ 東ニ病気ノ子供アレバ 行ツテ看病シテヤリ 西ニ疲レタ母アレバ 行ツテソノ稲ノ束ヲ負ヒ 南ニ死ニソウナ人アレバ 行ツテコハガラナクテモイヽトイヒ 北ニケンクワヤソシヨウガアレバ ツマラナイカラヤメロトイヒ ヒデリノトキハナミダヲナガシ サムサノナツハオロオロアルキ ミンナニデクノボートヨバレ ホメラレモセズ クニモサレズ サウイウモノニ ワタシハナリタイ  宮澤賢治」


 碑文は、詩の後半部分が書いてあった。





羅須地人協会 跡地の説明板

羅須地人協会 跡地の説明板


 この場所は、花巻市街地の南の方で花巻南ICからもけっこう近い。


 毎年、賢治の命日には、ここで 「賢治祭」 が行われる。

 詩の朗読や、賢治が作詞作曲した 『星めぐりの歌』 等の合唱などが行われる。





羅須地人協会 跡地のある台地から北上川方面を望む

羅須地人協会 跡地のある台地から、北上川方面を望む


 ここは、舌状の台地になっていている。



 前方の林の向こう側には、北上川が流れている。

「下ノ畑」 は、このあたりか?

  左のほうに少し畑はあるが、田んぼと道路にすっかり変わっていた。。。








投稿者: 霧島


関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



賢治と妹トシの墓は、東京の国柱会もあるべ!

宗教法人 国柱会の信者として有名なのは
宮沢賢治と石原莞爾だべな。

日蓮主義を奉ずる宗教団体だべ。
創始者は田中智学!! 賢治も田中の教えに大きな影響をうけたという。

田中の唱えた国家主義的思想は、当時としは別に右よりでもなんでもなく、
ハイセンスでトレンドな思想だったのである!(爆)
[ 2011/12/11 08:04 ] [ 編集 ]

下の畑が欲しい・・・
農業やりたいな。
[ 2011/12/11 20:04 ] [ 編集 ]

どうもです。

俺ん家にも一応「下の畑」あるのだが。。。。。。
4~5年前までは、枝豆、ジャガイモ、キュウリ、ネギ、かぼちゃ、スイカなどを
植えていて、収穫しては食っていたんだがなー。。。

今は、雑草生え放題の、荒れ放題! ネギだけがちょぼちょぼ生えてるべ!(爆)

[ 2011/12/11 21:16 ] [ 編集 ]

賢治は、国柱会の創始者 田中智学に大きな影響を受けたが、

後年、国柱会の教祖様 田中智学に嫌気がさしたのか、かなり批判的になっているのである。

一説によると、国柱会の根本思想である「一殺多生」(1人が死ぬことによって
多くの人が生きられる)という思想に対して次第に批判的になってきたという。

この思想が拡大解釈されて、当時多くのテロ事件が起きたんだな!
つまり、金持ちが悪い、資産家が悪い、政治家が悪い、こいつらを殺せば多くの人が救われると・・・

当時のテロリストには、国柱会の信者が多かった!! なんかオウムみたいだべ!(爆)

賢治は、このような思想には耐えられなかったんだな。
賢治の思想は「自殺多生」(自己犠牲)だべな!(爆)
自分が死ぬことによって、多くの人を生かすということ。。。

まあ、これも考え方によっては「危ない思想」だがな!(爆)
特攻隊とかに利用されたとも言えるな!

賢治の詩集「春と修羅 第一集」に「宗教風の恋」という詩があるべ。
ここで、賢治は、暗に教祖様田中智学やその宗教信仰を批判しているのである!!

------------------------------------------------------------------------
信仰でしか得られないものを
なぜ人間の中でしつかり捕へようとするか
  (中略)
もうそんな宗教風の恋をしてはいけない
そこはちやうど両方の空間が二重になつてゐるとこで
おれたちのやうな初心のものに居られる場処では決してない

http://www.ihatov.cc/haru_1/059_d.htm
[ 2011/12/11 22:03 ] [ 編集 ]

下の畑。僕も憧れるなぁ~。

ウチはベランダのプランターと廊下の植木鉢だから...


[ 2011/12/12 16:51 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/4811-d6eccf1d