FC2ブログ

















インドメタシンの副作用について

日本の病院が、世界中で最も安易に 「湿布薬」 を出すのだそうだ。

 
 鎮痛消炎剤のインドメタシンという成分、これがくせ者だ。

 
 名前からするとインドのカレー用のスパイスみたいな感じがするけれど、(笑)、これが、ぜんぜんっ違う。


 急な炎症を抑える為に、初期の初期に使うのは効果的だけれど、長期に渡って使うと副作用でとんでもないことになってしまう。

 筋肉がダメになってしまうというのは、比較的有名だけれど、消化器、呼吸器にも悪影響を及ぼすそうなのだ。

 神経痛の年寄りが年がら年中、体にペタペタと貼っているけれど、大丈夫なのだろうか?

 いや、市販薬でもインドメタシンが主成分のものが、手軽で薬局で買えてしまう。。。。

 
 以下、副作用について詳しいHPを挙げておきます。興味のある方は参考にしてください。



 → インドメタシンの効能・作用・副作用

 → 湿布薬の副作用







投稿者: Anthony


関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2012/01/20 23:00 ] Menu:08 -人声人語- | TB(0) | CM(6)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



=・0・=ノ
はい、シップ愛用者です。
と言っても「温存しか選択がない自分」にはもうこれしか残ってないので~しょうがないのですが(爆)主に額に貼っております。

でも額にシップを貼って道を歩くと・・・ご近所さまに「どうしたの?」とあまりに言われてしまうので~バンダナをして誤魔化してるのがわたしの現状かな
   □
 =^ー^=v

[ 2012/01/25 00:21 ] [ 編集 ]

知らぬうちに仏、という言葉が今できたところです。
[ 2012/01/25 00:33 ] [ 編集 ]

僕の慢性胃炎は、シップのせいだったのか???
医者は何も教えてくれないです。
[ 2012/01/25 01:38 ] [ 編集 ]

胃炎をとるか、痛みに耐えるか、自分次第です!

額には冷えピタじゃないのですか?

もう、完治したみたいに軽やかなので貼ってませんが……。
[ 2012/01/25 20:12 ] [ 編集 ]

  □
=゜ん。=
本当はね、頭痛がする時には鎮痛剤なんだけどね。これがまた胃痛になりまして胃を荒らすので、極力飲みたくはないのですよ

患部が前頭葉なので、髪の毛があるから液体ボルタレンなどを塗るんだけど、
((((ノ゜□゜ノ
な 流れてくる

ので、冷湿布を横に切りまして愛用してますのよ
だから△ではなくて、□の仏様ですにゃ

胃痛には、キャベジンコーワとか太田胃散服用したほうが無難かと


人゜=

チョロッ

[ 2012/01/26 00:13 ] [ 編集 ]

以前、腕を骨折した時に、イヤ~というほど湿布(インドメタシンたっぷりの)を出されて困ったことがありました。

ほとんど、治ってるのに、これでもかというくらい出されて、結局は拒否したけれど。

リハビリの指導をしてくくれる先生は、インドメタシンを長期で使うと「筋肉がやられる」と言ってました。


つーわけで、湿布を処方してもらう時はインドメタシンの入っていないものを出してもらいましょう。

ちなみに、僕は、胃がやられる前に、ひどい目まいと頭痛でノックアウトされました。

[ 2012/01/26 02:09 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/4901-7c007915