FC2ブログ

















11月3日 (雨ニモマケズ) /ザ・フォーク・クルセダーズ

最近、ザ・フォーク・クルセダーズのアルバム 『戦争と平和』 をアマゾンで買って聴いています。


 これ、思ってた以上にいいね!


 このアルバムには、宮沢賢治の 『雨ニモマケズ』 に曲を付けたものが収録されいてます。

 この曲は、東日本大震災後、ラジオからもかなり流れていました。心にしみるいい曲です。

 賢治の詩を大いに引き立ててくれる、いいメロディーです。


 さすが、賢治ファンの加藤和彦ですね。脱帽しました。





『11月3日 (雨ニモマケズ)』 (YouTube 動画)

(時間帯や接続状況により動画が視聴できない場合は、時間が経ってからどうぞ)



2011年3月11日、東日本は巨大地震と津波に襲われ甚大な被害を受けました。

 
 やがて、人々の心に宮沢賢治の言葉が浮かびました。彼の代表作 『雨ニモマケズ』です。


 「絆3.11」という被災者支援プロジェクト、俳優の渡辺謙さんが被災者への思いを込めて朗読していました。

 インターネットでも紹介され、ハリウッドスターも賛同し、その輪は世界に広がって行きました。


 みなさんご存知のように、『雨ニモマケズ』 の詩は賢治の死後に発見されたもので、題もついていなかったのです。

 賢治が愛用していた手帳に鉛筆でメモのように書き留められていました。

 詩の節奏を備えていたことから 「詩作品」 と見られてしまったのです。

 発表したり、他人に読ませたりすることを意図しない賢治の 「つぶやき」 と言ってもいいでしょう。

 発見と同時に 賢治の代表作」 にされてしまった運命の詩でもあります。


 この詩の書き出しの部分には、11.3という書き込みがあります。

 11月3日に書いたという意味でしょう。


 11.3と3.11、なんかリンクしますね!









投稿者: 霧島





関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2012/02/14 21:00 ] Menu:34 Murder By The Music | TB(0) | CM(2)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



 めげない きっと明るい明日が待っていると信じる心(明日と言う字は~ってか?)
 こけない 一歩を大切に 足元にも一本の花が有るのを感じる そして一歩
 よれない 自分の立場を見つめ 変な偏りを持たない様に務める
 もれない 人生 これ修行と考え 学ぶものをどん欲に吸収し活用する
 ぴったんこ出っ張り 出る杭は打たれやすいが ハンマーと杭が近いと打ちにくい
 はねつき 羽根を付けて地べた這いずり回るだけで無く 3次元にも進む向上心
   これが私の信条です あ~飯島直子しゃ~ん! 缶コーヒーイッパイ飲んで応募したのに
  ボスジャン当たんなかった! くやし~い! 今度は 肌思いで攻めてみようかな~
[ 2012/02/19 08:27 ] [ 編集 ]

どうもです。

最近は、賢治を神格化し、教祖様として崇拝する輩が多いべ!(爆)
さらには、賢治は、ゲイだ、ホモだとかで、おネエ系タレントにも
人気があるらしい!(爆) やれやれ!

実際、賢治は盛岡高等農林学校時代の寄宿舎時代、同室となった友人とは
とことん付き合ったらしい。 その濃厚な男同士の友人関係は、
まわりが羨むほどだったという。

また、賢治の童話には、ゲイ的要素、ホモセクシャル的要素が多々ある!
と指摘する輩も多いべ。やれやれ!
たとえば、
「銀河鉄道の夜」で、カムパネルラが女の子に興味を示す場面があるべ。
(カムパネルラとジョバンニは親友)それを見ていたジョバンニは、女の子に嫉妬し、
落ち込み、不愉快に思うのである。。。。

やっぱ、必要以上に賢治を神格化し、持ち上げるのは避けなければならないべ!!(爆)

[ 2012/02/21 06:58 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/4948-d244e201