中山平温泉 秘湯 うなぎ湯の宿 「琢」 (宮城県 大崎市 鳴子温泉)

鳴子温泉郷の1つ中山平温泉の宿 「琢」(たくひで)に一泊してきました。


 日本秘湯を守る会 会員の宿であり、源泉湯宿を守る会 会員の宿でもあります。

 
 いやー、少々高かったですが、すべてにおいて満足でした。

 特に温泉が素晴らしかったです。

 微かに硫黄臭がただよい、なんと、pH9.4という超アルカリ性の泉質のため、化粧水のようにとろとろ、つるつるで、まさに本物の 「うなぎ湯」 でした。






琢(たくひで) 玄関
琢(たくひで) 玄関


宮城県北西部、山形県境に近いためすごい積雪でした。


 宿は素晴らしかったです。


 玄関に置かれた本物の人力車、廊下には囲炉裏が置かれ、壁には泊まった多くの芸能人のサインとコケシがレイアウトされており、さりげなく飾られた一輪差しの花があちらこちらにあります。

 旅情をくすぐる演出が心憎いです。(笑)






囲炉裏端客室
囲炉裏端客室


「春駒の間」 という囲炉裏端客室に泊まりました。


 ここは、多くの芸能人泊まった部屋だとか。すごいですねー、ほとんど芸能人になった気分でした。(爆)

 
 頼めば、炭で火を起こしてくれるそうです。






露天風呂と茅葺屋根
露天風呂と茅葺屋根


琢自慢の露天風呂です。


 茅葺屋根の風呂と六角形の檜風呂の2つがあります。


 この他にも、展望男女別風呂、長生の湯、展望露天風呂などがあり、これらの風呂は、9本の源泉から湧き出る豊富な温泉が支えている。


 源泉ならではの豊富な成分が、豊かな効能を生み出しています。






金精神
金精神


露天風呂の入り口付近には、金精様(こんせいさま) が祀ってありました。


 財布を置いてきてしまったので、一応、だだ手を合わせてきただけでしたが。。。(笑) 


 鳴子温泉郷随一の湯量を誇る中山平温泉は、300年前から続く名湯です。

 種々の成分が豊富に含まれているこの温泉は、「うなぎの湯」 「美人の湯」 として女性に大人気の温泉です。

 なんと、不妊症にも効能があるそうで、「子宝の湯」 でもあるのです





 → 中山平温泉 琢 HP


 → 日本秘湯を守る会 HP

 → 源泉湯宿を守る会 HP









投稿者: 霧島


関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



どうもです。

いゃー、すべてにおいて満足でしたが、宿代はかなり高かったです。

いつものように、うちのかみさんと行ったのですが、
うちのかみさん、かなりの酒好き(休肝日はカゼをひいたときくらいで
毎日晩酌をしている)で、二人で、ビールや日本酒、水割り、ワインまで、
さんざん飲でしまったら、なんと酒代だけで7000円くらいとられてしまって、
宿代も入れるとかなりの金額になってしまっだべ。やれやれ。

温泉に行ったら、酒はあまり飲まないほうがいべなー。。。。(爆)
[ 2012/02/29 07:58 ] [ 編集 ]

いやあ、これはいいなあ
雪見風呂とは、風流です
そして木珍棒、立派です、合掌
[ 2012/02/29 22:04 ] [ 編集 ]

1泊、最低でも2万3千円~ の部屋みたいですから、豪遊だったんですなぁ(笑)

[ 2012/03/01 20:25 ] [ 編集 ]

どうもです。

日中もいいけど、ライトアップされていて
夜の雪見露天風呂もいがったべ!(爆)

いやーー、1泊、5万10万は、オレにとってはふつうだべ!!(ウソ)
今度、3月末には、岩手の八幡平にある「松川温泉 峡雲荘」と
いうところに1拍してくる予定だべ! ここも日本秘湯を守る会 会員の温泉だ!
ここは、質素に一泊 12000円くらいの部屋に泊まる予定だべ!(爆) ↓

http://www.kyounso.jp/index.html
[ 2012/03/01 21:45 ] [ 編集 ]

 ここは、美肌の湯というだけあって、温泉に備え付けのシャンプーも合成シャンプーじゃなくて、石鹸シャンプーを使っているみたいですね。もちろん、石鹸も無添加。

 せっかく、温泉成分でツルツル美肌になっても、化学合成された石鹸を使ったら何にもなりませんからねー。


 横浜の石鹸メーカーの太陽油脂さんの、オススメ公認温泉だそうです。
[ 2012/03/02 03:49 ] [ 編集 ]

どうもです。

いやー、これは初耳! 全然知らなかったべ!

そういえば、温泉の脱衣所にいろいろ書いてあったようだが、

酔っ払っていて全然読まなかったな!(爆)
[ 2012/03/02 21:42 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/4960-197fdaa1