シンボルロック / 梅宮辰夫 

『シンボルロック』 梅宮辰夫 EPレコード盤 
『シンボルロック』 梅宮辰夫 EPレコード盤



 未だかって、これほどまでにぶっ飛んだロケンロールがあっただろうか?





梅宮辰夫 シンボルロック (YouTube 動画)

(時間帯や接続状況により動画が視聴できない場合は、時間が経ってからどうぞ)

 


 先ずは、動画では1番までで省略されていた歌詞を、3番まで全て紹介しましょう。

 そうしないと、この曲の凄さが理解(堪能)できませんから。。。



『シンボルロック』 作詞・志賀大介 作曲・藤本卓也 歌・梅宮辰夫


 人間誰でも ひとつ位は 何かとりえがあるもんだ

 シンボル シンボル 男のシンボル~

 こいつを使って こいつで泣かせて その上こいつが 金を生む

 「まったく、シンボルちゃん様々だぜ?」


 寝ぼけていないで起きておくれと 今日も励ます2DK

 シンボル シンボル 男のシンボル~

 きびしいだろうが 好みを言ってちゃ 涙の誓いが 無駄になる

 「負けるんじゃねえぜ シンボルちゃん シャンとしてシャンと?」


 国定忠治も言ったもんだよ 強い味方があったとは

 シンボル シンボル 男のシンボル~
 
 こいつで世界を征服しましょう 今宵もがっちり頼んます

 「なあ シンボルちゃん がんばってくれよ頑張って 頑張って 頑張っておくんなよ?」




 カルト歌謡曲マニアや廃盤マニアの間では、知る人ぞ知る名(迷)曲なわけですが、こういう超アバンギャルドな内容の歌詞なもんだから、当然、放送禁止になったうえに発売中止になります。

 作詞を担当した志賀先生は日本作詞家協会の副会長を務めたこともある大御所で、現在は日本音楽著作家連合の会長だ。

 数々の学校の校歌や市町村歌を作詞し、演歌・歌謡曲でヒットを多作したお方が、何故にこんな吹っ飛んだ詩を書いたのだろうか?


 この曲が発売された1970年といえば 梅宮辰夫 が、東映のB級カルト・ムービーの傑作 『帝王』 シリーズ 『夜の歌謡』 シリーズや 『不良番長』 シリーズ などで主演を連発しており、実生活でも銀座や歌舞伎町などで 「夜の帝王」 といわれるほどの放蕩の限りを尽くしていた時期。

 この曲は、映画 『夜遊びの帝王』(東映/斎藤武市 監督作品)の主題歌でもある。

 映画の内容は、九州の炭鉱町から上京してきた田舎者の主人公(梅宮辰夫)が、自慢の下半身を使って(スケコマシ)ビッグになる?という、お色気満載のおバカアクション。

 なのだが、監督が日活で 『愛と死をみつめて』(主演:浜田光夫、吉永小百合) の人なので、おバカなのに純愛なのである。

 そんな映画のストーリーを下敷きにしつつも、辰っあんの夜の素行や言動からインスピレーションを受けて、この凄すぎる詩を書いたに違いないのではあるが、それにしても、ぶっ飛び過ぎている。


 男のシンボルといえば、棒状のアレだ!(笑)

 「こいつを使って こいつで泣かせて その上こいつが 金を生む」

 唯一無二、天下無双の一物であるには、違いないが・・・

 
 「こいつで世界を征服しましょう 」

 辰っあんのシンボルで、世界征服は可能なのだろうか?(爆)

 ジンギスカンやヒットラーでさえ実現できなかった世界征服を。。。


 
 1974年、放蕩生活がたたってか辰っあんは睾丸腫瘍(癌細胞は肺にまで転移していた)を患い、睾丸摘出までは至らなかったが、シンボルちゃんもたいへんなダメージを受けた。

 「寝ぼけていないで起きておくれと 今日も励ます2DK」「「負けるんじゃねえぜ シンボルちゃん シャンとしてシャンと?」

 
 なんと、志賀先生はこの曲の詩で辰っあんのシンボルちゃんが寝てしまう(勃起不全)のを予言していたのだ!

 すごいぞ、凄い!


 
 その後、ご存知の通り辰っあんは、シンボルちゃんではなく、料理の腕とアイデアで金を生ませている。

 アンナちゃんは、辰っあんのシンボルちゃんが健在の時に仕込み、生ませている。(笑)










投稿者: Anthony




関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



ただただ凄すぎるの一言。
[ 2012/04/11 13:07 ] [ 編集 ]

更新が止まっていたので心配していましたが、編集長、復活ですね。
しかし、私のシンボルちゃんは元気がありません。(笑)

[ 2012/04/11 13:23 ] [ 編集 ]

どうもです。

梅宮辰夫っていうと、アンナ、芳賀研二 騒動で、アホでみじめな親父を
さらけだしてたけどな・・・・!!

でも、これはスゲーな! 放送禁止に発売中止とは、驚異的だ!(爆)

見直した!!
[ 2012/04/11 20:58 ] [ 編集 ]

どうもです。

このEPレコードは、かなり希少価値があるんでねが??

一枚、10万くらいしたりしたな! 「フルハラレコーズ」にねがや?(爆)
[ 2012/04/11 21:06 ] [ 編集 ]

be-free さん、

 主題歌になっている映画が見たいです。



早起きオジサン さん、

 完全復活には程遠いのですが、とりあえずは回復の兆し有です。

 それと、僕のシンボルちゃんも、そんなに元気はないです。(笑)


霧島 さん、

 編集版のCDに収録されているので、そんなには値打ちのあるもんでもないみたいですわ。

 しっかし、このパワーには感激ですわ。。。




[ 2012/04/12 01:05 ] [ 編集 ]

本物だ!

 2012/04/11 21:06 の霧島さんのコメントは、真に仙台の方言だべ!
やっぱ霧島さんは生粋のトーホグ人だべ。
みんなこのニュアンスわがっかな?
[ 2012/04/12 22:47 ] [ 編集 ]

TBに感謝!

 TBに感謝!それで久しぶりに「シンボルロック」を聴いてみたんですが、やっぱこの歌詞のぶっ飛び加減はハンパじゃないですよね。

 >作詞を担当した志賀先生は日本作詞家協会の副会長を務めたこともある大御所で、現在は日本音楽著作家連合の会長だ。

 これは知りませんでしたが、大御所たるものこれくらいの遊び心があって然るべきかも。
 中川レオ「かもねぎ音頭」や應蘭芳「渚の歓喜(エクスタシー)」なども、「シンボルロック」に匹敵する昭和の名(迷)曲と言えるかも知れませんな。↓

http://www.youtube.com/watch?v=sljfW6WwLz0&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=mo9dLqXJLA0
 






[ 2012/04/14 21:01 ] [ 編集 ]

下等遊民さん、

 どうもです。初めましてです。
 
 「かもねぎ音頭「渚の歓喜(エクスタシー)」は凄いですが、僕はどうしてもロケンロール系の食指が動いてしまいます。

 しかし、なんといっても僕のNo.1昭和の名(迷)曲は、郷 希理沙が歌う 「チンジャラ」です。

 これはYouTubeに無いのが残念ですが、詩が破たんしてます。

 「タビリボレバンチョ ラララチョビレンポ チョバチョリチャランポ チンジャラ! 月は東に 陽は西に どっこいおいらは生きている♪」ですから。。。。。

 タモリのハナモゲラ語なんか、目じゃ無いですから。

[ 2012/04/15 01:06 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/5020-31d15b07