上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

焼石岳  1 (岩手県 奥州市)

 2008年の岩手・宮城内陸地震で崩壊し閉鎖されていた尿前(しとまえ)林道が、やっと開通したということで、早速、焼石岳(1548メートル)に登ってきました。

 
 「今年は雪がかなり多い!」 と聞いていましたが、まさに、その通りでした。


 中沼の手前から雪渓が現れ、銀明水からは、大雪渓が展開していました。

 天候にも恵まれ、最高のトレッキングができました。

 中沼登山口(7::30発) → 銀明水 → 焼石岳山頂(11:00着) 山頂(11:30発) → 銀明水 → 中沼登山口(14:30着) 休憩含む、約7時間のトレッキングでした。





中沼から焼石連峰を望む
中沼から焼石連峰を望む


ブナの新緑と残雪のコントラストが美しい。


 登山口(中沼コース) から軽い登りを繰り返して行くと、やがて中沼に着く。

 
 沼の周辺は水生高山植物の宝庫である。





中沼の終わり付近
中沼の終わり付近


このあたりは残雪もなく、木道も整備されていて、快適なトレッキングができます。


 中沼からは、沢沿いの登りになりますが、残雪がかなり多く、木道、登山道のほとんどが消えていました。

 登山道になっている沢は、ほとんどが雪渓に覆われていて、一瞬、迷いそうになるところも何ヶ所かありました。





銀明水からの大雪渓
銀明水からの大雪渓


前を行く登山者は地元のおじさんでしたが、かなりのハイ・ペースでした。


 銀明水からは、爽快な雪渓歩きが楽しめます。


 ちなみに 「銀明水」 とは、岩の間から冷たくて美味い水が湧き出しているところです。

 ここは、広場になっていて、木製のベンチなどもあり、絶好の休息所になっています。





焼石平付近から望む焼石岳山頂
焼石平付近から望む焼石岳山頂


山頂は、もうすぐだ!


 このあたりは、高山植物の宝庫です。

 
 初夏から夏にかけて、数々の高山植物が競い合うように咲いています。





 → 焼石観光開発連絡協議会 HP











投稿者: 霧島


関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



実にすずしげな、
景色ですなあ
暑い毎日です
[ 2012/06/08 02:59 ] [ 編集 ]

どうもです。

こんな雪なんて東北じゃ普通だぜぇ

どうだい? ワイルドだろ~(爆)
[ 2012/06/13 09:14 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/5098-d53a829d