FC2ブログ


















上高地  2 (長野県 松本市)

 仙台の自宅を出発したのが5時30分過ぎ。新幹線、在来線、バスを乗り継いで上高地に着いたのが12時頃。上高地でのトレッキング時間が約4時間30分。


 帰りは、上高地を16時30分頃出発し、仙台の自宅に着いたのが、なんと、23時30分頃でした。まあ、よくやったものだと、我ながらびっくりしております。(笑)


 トレッキング時間は、まったく足りなかったです。

 4時間以上あったので、これは余裕だなと 思っていましたが、なんと、これが甘かったです。

 時間は、あっという間に過ぎ、まったく足りなくなってしまいました。上高地の奥の徳沢まで行く予定でしたが、時間がなくて断念しました。

 
 また、上高地には、いい温泉がたくさんあるのですが、温泉に入る時間もとれませんでした。

 さらに、テンション上がりっぱなしで、歩き回っているうちに、なんと、バスに乗り遅れてしまったのでした。(涙) 

 
 おかげで、帰りは、上高地から松本電鉄の始発駅、新島々までタクシーで行くはめになってしまいました。

 全く、やれやれです。





明神橋と明神岳
明神橋と明神岳(2930メートル)

 
明神橋は、平成15年に架け替えられた新しい橋。

 
 河童橋から梓川の右岸を約50分ほど進んだ場所にあります。


 このあたりは、「明神」 と呼ばれていて、穂高神社の奥宮などもあり、神聖な場所だとか。

 橋の上から望む明神岳は、見事の一言!思わず息をのんでしまいます。


 ここから橋を渡って、徳沢までは約1時間の距離。





穂高神社 奥宮
穂高神社 奥宮


 明神橋の手前の鳥居をくぐり、300円を払って、奥宮と裏手にある神が降り立ったという「明神池」を参拝しきました。

 
 穂高神社の本宮は安曇野市にあり、奥宮がここ上高地にあり、嶺宮というのが、なんと、奥穂高岳(3190メートル)の山頂に祀ってあるそうです。

 位置的には、明神岳が御神体のような感じですが、やはり奥穂高岳が御神体だったようです。





明神池
明神池


神が降臨したという伝説がから、このあたりは昔から 「神降地」 と呼ばれていました。


 現在、「上高地」 と呼ばれる所以です。


 穂高神社奥宮の神域にある池は、透明で清涼な水をたたえ、神秘的で荘厳な雰囲気を醸し出していた。

 
 明神池からは、巨大な高層ビルのように、突然、明神岳がせり上がっています。

 圧倒的な存在感。圧倒的な迫力。

 
 まさに絶景でした。





嘉門次小屋
嘉門次小屋


嘉門次小屋は、穂高神社奥宮の隣にあり、明治期の名山岳ガイド 上条嘉門次建てた小屋であります。


 明治の面影を残す昔ながらの山小屋で、代々受け継がれてきたものだそうです。

 
 ここの名物は、明神池で獲れたイワナの塩焼です。食べれば、神のパワーをもらえそうですね!(笑)     


 芥川龍之介も嘉門次小屋に泊まったようです。

 「対岸には大きな山毛欅(ブナ)や樅(モミ)が、うす暗く森々と聳えていた。稀に熊笹が疎らになると、雁皮(ガンピ)らしい花が赤く咲いた、湿気の多い草の間に、放牧の牛馬の足跡が見えた。  ほどなく一軒の板葺の小屋が、熊笹の中から現れて来た。これが小島烏水氏以来、しばしば槍ヶ嶽の登山者が一宿する、名高い嘉門治の小屋であった。  案内者は小屋の戸を開けると、背負っていた荷物をそこへ下した。小屋の中には大きな囲炉裏が、寂しい灰の色を拡げていた。案内者はその天井に懸けてあった、長い釣竿を取り下してから、私一人を後に残して、夕飯の肴に供すべく、梓川の山女を釣りに行った。  曇天の夕焼が消えかかった時、私たちは囲炉裏の火を囲んで、竹串に炙った山女を肴に、鍋で炊いた飯を貪り食った。それから毛布に寒気を凌いで、白樺の皮を巻いて造った、原始的な燈火をともしながら、夜が戸の外に下った後も、いろいろ山の事を話し合った。」

(芥川龍之介 著 『槍ヶ嶽紀行』 より)




 → 上高地 公式 HP(上高地観光旅館組合)

 → 穂高神社 HP











投稿者: 霧島





関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



行方不明中の当ブログ副編集長のNaoさんが、3年前に新穂高温泉にあるホテルに住み込みで働いていたなぁ。

 その頃の連載記事は断筆してたけど。


[ 2012/06/26 01:23 ] [ 編集 ]

どうもです。

ナビスコ杯! いやー、昨日の試合は感動した!
宿敵 ジュビロを圧勝したべ!
これまで、かなりやられてがらな!

オレの家まで大歓声が聞こえてきたべ!
オレは、家で酒飲んで、酔っ払っていたけどな!(爆)
[ 2012/06/28 22:25 ] [ 編集 ]

どうもです。

セレッソでも活躍し、今や、世界のストライカーになった香川君!
仙台にサッカー留学してた ちゅうのは知ってたが、
なんと、中学校は、仙台市泉区の八乙女中学校
だったそうだ。 ここは、オレの家からもかなり近い!
しかも、ありえないことに、
進学した高校は、宮城県立黒川高等学校なんだと!!

いやー、この話を友人から聞いてびっくりしたべ!
黒川高等学校ちゅうのは、黒川郡大和町という
ところにあって、昔は農業高校だったんだな!
田舎の超マイナーな高校だべ!(爆)

なんで、香川君はこの高校に進学したのだろう??
超不思議だべ!(爆)
ダルビッシュや宮里藍、今野泰幸などが卒業した
東北高校になぜ進学しなかったのがや??
超不思議だべ!(爆)
[ 2012/06/28 22:27 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/5118-81090b73