FC2ブログ

















イキナリ、アントニア猪木が来て

 昨日、近所にあるセレッソ大阪の練習場の前を通りかかったんで、練習を見学していたら、なんだか体格のいいオッサンが現れた。


 サッカー選手に見劣りしない体格の良さというか、それ以上のガタイで白のスーツに赤のネクタイ。


 「なんだ?このオヤジは??」 と思ったら、セレッソの選手たちに次々とビンタをしている。。。

 ヘンなのが乱入してきたのかと思ったら、報道陣も来ているし、セレッソと交流のある大阪プロレスの選手かなと思ったら、1.2.3ダァー!とか雄叫びあげてるし、よく見たら、なんと、アントニオ猪木だった!


 状況がわからなかったけれど、家に帰ってWEBニュースを見たら、以下の記事を発見。



「清武よバカになれ!悩むエースに猪木が闘魂ビンタ…C大阪」

 C大阪の日本代表MF清武弘嗣(22)が25日、アントニオ猪木(69)から闘魂を注入された。27日のナビスコ杯鳥栖戦(金鳥スタ)に向け、大阪市内で練習をしていたところ、猪木が訪問。ニュルンベルク移籍、さらに7月下旬のロンドン五輪を控える清武は、五輪の予備登録に入るMF扇原、山口らとともに「闘魂注入ビンタ」を食らった。

 7月1日付で移籍するため、C大阪での試合は鳥栖戦、ラストマッチの浦和戦(30日・長居)の2試合。最近7試合不発の清武が「プレッシャーに弱いんですけど、どうすればいいですか?」と質問すると、猪木は「バカになれ。とことんバカになれ。恥をかいて、かきまくれば、自分が見えてくる。格好をつけたいとかの思いを全部捨て去れ!」とアドバイスを送った。

 鳥栖戦では、福岡大から強化指定選手として鳥栖に所属する弟のMF清武功暉(21)を相手に、初の兄弟対決が実現する。猪木に豪快に頬を張られた清武は「本当に痛いです」と顔をしかめながら「(兄弟対決より)チームが負けられないですから」。ラストマッチについても「たくさんの人が来てくれると思う。チームは波に乗れていないので、何かを残していけるように頑張りたい」とチームの勝利を優先した。闘魂を胸に、C大阪、五輪、ドイツで大暴れする。

(以上、報知新聞 より)


 しっかし、猪木は69歳なんだね。世間では、おじいちゃんと呼ばれる年代だけれど、見た目は全然、衰えていないんで、ビックリだった。

 これが、一生に一度のナマ猪木?(笑) 

 小さい頃に、女子プロレスとか小人プロレスとかの試合を新聞屋からチケットを貰って観に行ったことはあるけれど、メジャーなプロレスなんか観たことないからねぇ。


 とにかく、連敗が続いていてリーグ戦では13位と低迷しているセレッソに闘魂が注入されていればいいのだけれど...(爆)




[追記]


 6月27に行われたナビスコ杯の対サガン鳥栖戦を大阪キンチョウ・スタジアムに観戦に行ったら、確かに闘魂は注入されたみたいだ。

 5-0で圧勝して、ナビスコ杯の予選を1位通過!ビンタされた攻撃陣5人のうちの2人が3得点、DF選手も1得点。


 清武のラスト・ゲームになったリーグ戦の対浦和レッズ戦でも、清武の得点は無かったけれど、0-1でほぼ負けが確定しかけていたロス・タイムにポスト清武の最有力候補の柿谷が同点ゴール。

 このままJ2降格圏内から上位に上がってほしい。あとは、連勝あるのみ。。。。











投稿者: Anthony

[顧問キョンキョン-ひとこと]

 編集長、、、あんたも、猪木にビンタされたらエエのに!


関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/5123-bbf1f143