和賀岳  2 (岩手県 西和賀町)

和賀岳を主峰とする山塊は、真昼山地と呼ばれていて、奥羽山脈にあっては珍しく非火山性の山地である。


 和賀岳、高下(こうげ)岳、朝日岳、モッコ岳などの山々の間は、いずれも沢が削り取った深い谷でえぐられていて、それぞれが独立した山のようになっています。

 
 仙台を早朝の3:30分に出発、東北道 → 秋田道と乗り継いで登山口に着いたのが 6時過ぎ。

 高下登山口(6:15分発) → 和賀川渡渉 → コケ平 → 和賀岳山頂(10:15分着) 和賀岳山頂(11:00発) → コケ平 → 和賀川渡渉 → 高下登山口(14:45分着) 休憩含む、約8時間45分のロング・トレッキングでした。 





和賀岳 (1440メートル)山頂
和賀岳 (1440メートル)山頂


偶然、盛岡からやって来た登山者が写ってしまいました。(笑)


 岩手の高下口からの登山者は二人でした。秋田側からは、5~6人の登山者が登って来ていました。


 東京から秋田新幹線でやって来たという年配のグループ登山者や地元秋田の登山者も数人いました。

 秋田の大曲(大仙市)からのコースは、比較的登りやすいようです。 





山頂付近よりの眺望
山頂付近よりの眺望


残雪の向こう側に岩手山が望めます。


 盛岡から来た登山者が言っていましたが、秋田の大曲(大山市)から薬師岳(1218メートル)を経由するコースは、アプローチも短く、比較的登りやすく、3時間~3時間半くらいで山頂に着けるそうです。





山頂より望む秋田駒ヶ岳
山頂より望む秋田駒ヶ岳


秋田駒ヶ岳(1637メートル)の左側には田沢湖が見えました。


  駒ヶ岳の手前に見える山が、朝日岳(1376メートル)であります。


 このあたりに展開する山々には登山道はなく、沢を遡行して、藪こぎをして登るしかないそうです。


 やれやれ、まさに秘境ですね。(笑)





山頂より、登ってきたコケ平方面を振り返り見る
山頂より、登ってきたコケ平方面を振り返り見る


コケ平から山頂までの一帯は、7月ともなると、様々な高山植物が咲きほこり広大な雲上の楽園と化します。


 かつては、ブナの原生林と深い谷に囲まれ、訪れる登山者もほとんどいなかった秘峰でしたが、近年はブナの原生林と高山植物の山として、人気も上昇しているようです。


 和賀岳一帯は、自然環境保全地域に指定されているため、一切人の手を加えることはできません。

 そのため、避難小屋を作ることも沢に橋を架けることもできないようです。

 当然のことながら、ブナの伐採も動植物の採取も禁止されているのです。


 まあ、このため、クマも相当な数が生息しているものと思われます。(笑)



 → 西和賀町観光協会 HP










投稿者: 霧島




関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/5136-c3de692a