FC2ブログ

















猫魔ヶ岳  1 (福島県 北塩原村)

 裏磐梯から喜多方市に向かう国道459号線沿いの雄沢口(おしざわぐち)から登る雄国沼(おぐにぬま)コースをトレッキングしてきました。


 この日、福島市の最高気温は、なんと36度!

 裏磐梯は、高原ですので多少は涼しいのでしょうが、軽く30度は超えていましたね。

 いやー、とんでもなく暑かったです。やれやれ。





国道459号線沿いの雄沢(おしざわ)登山口
国道459号線沿いの雄沢(おしざわ)登山口


国道だけあってか、車がひっきりなしに走っています。


 駐車場はありますが、かなり狭いですね。

 4~5台で、もう満車状態になります。この日も駐車していた車は3台のみでした。


  ここから雄国沼や猫魔ヶ岳に行く人は、ほとんどいないようです。





雄国休憩舎
雄国休憩舎


無人の山小屋で、沼の近くにあります。


 涼しくて快適なブナ林の中の道をかれこれ1時間くらい進むと、急に視界が開けて、ここに到着します。





雄国沼
雄国沼


けっこう大きな沼でした。


 対岸のあたりが、尾瀬をも遥かに凌ぐと言われる ニッコウキスゲ の大群落で有名な雄国沼湿原であります。





猫石
猫石


標高1335メートル付近にある 「猫石」。


 山名の由来になった岩で、かなり大きな岩です。

 遠くから見ると猫が横たわっているように見えるとか、猫の耳にように見えるとか、いろいろ言われているようですが、どっから見ても猫には見えませんでした。(笑)

このあたりには、化け猫伝説など、猫にまつわる伝説が多く残されているようです。


 ちなみに、松尾芭蕉は、会津磐梯山の別峰猫山という名前から連想して(陸奥の名所から連想して詠んだ一連の句)


「山は猫 ねぶりて行くや 雪の隙」 という句を読んでいるそうです。

 
 「猫は身体を舐めるので、猫山も自分の体を舐めるのだろう。すると雪が融けてそこに雪の隙間が現れるだろう」 という意味ですね。


 猫好きの方は、是非一度登って見て下さい!(笑)




 → 裏磐梯観光協会 HP










投稿者: 霧島


関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



素晴らしいレポーターお疲れ様でした
又、こんな素敵な取材を期待しています。
俺もこんなトコ行ってみたいな~(*_*;
[ 2012/09/17 11:13 ] [ 編集 ]

なかなかいい風景ですねえ
丸太小屋も、いいですなあ
[ 2012/09/18 03:15 ] [ 編集 ]

みなさん どうもです。

エベレストで遭難死したイギリスの登山家 ジョージ・マロリーは
「なぜ山に登るのか?」聞かれて、「そこに山があるからさ!(Because,it is there)」
と答えたそうだ!! かっこよすぎるべ!(爆)

登頂した際の達成感と爽快感と透明感は何もにも代えがたいから、とは、
だれもが抱く感情だべなー!

みなさんも、是非登ってみてな!!(爆)
[ 2012/09/19 21:14 ] [ 編集 ]

1000メートル以上の山には、斜体の文夏山しか登ったことないですが、もう一度、爺さんになるまでに登りたいです。

[ 2012/09/20 19:29 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/5233-2c9c58c7