FC2ブログ

















好きにせい

田嶋陽子が歌手としてCD発売、古希を超えて歌に挑戦する理由は…?

「TVタックル」(テレビ朝日)や「たかじんのそこまで言って委員会」(読売テレビ)など、数多くの番組でその存在感を発揮しているタレントの田嶋陽子(71歳)が、歌手として10月3日にシングル「ひいふうみいよう」をリリースする。

 なぜ歌に挑戦?――と、疑問に思う人も多いかもしれないが、本人曰く「私のオッチョコチョイなところと、ちょっとした正義感と挑戦魂の乱舞としか言いようがありません」とのこと。

(以上、Narinari.com より)




こいつが、日本女性の地位を下げている。


 日本の女性運動の値打ちを下げている。

 
 フェミニストが十把一絡げに馬鹿にされる原因になっている。


 男性を軽視し蔑視し偉そうに物を抜かす者、互いに尊重し合うなどという言葉はこの阿呆の脳味噌にはない。

 こんな奴が教授で務まっている大学、ロクな物ではない。

 男女同権、女性の地位向上の邪魔でしかない。



 歌手になる? そいつぁいい。 そのまま一生唄ってろ。

 
 誰も聞きゃしないが。











投稿者: ぐっちゃん

[編集長-ひとこと]

 この人がTVに出ていて、何度、不快に思ったことか。
 
 でも、評論家やら政治関係者やらで文化人だと思うから不快で、ただのこういう芸風のお笑いの人、というひいに思ったら、何とも思わなくなった。(笑)


関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



法政学館、10年以上潜入して住んじゃいました。フールズメイトの影響。
[ 2012/10/20 11:16 ] [ 編集 ]

田嶋は法政教授だけど田嶋は興味ないです。
[ 2012/10/20 11:18 ] [ 編集 ]

憎まれっ子世にはばかる…(苦笑)
[ 2012/10/21 07:59 ] [ 編集 ]

古事記で男神イザナギと女神イザナミが夫婦の契りを交わして国作りをする際に意味深げなお話がありましたね。

先にイザナミが「なんて凛々しい殿方でしょう」とイザナギに声を掛け、後からイザナギが「なんて綺麗な娘なんだ」とイザナミに声を掛ける。

が、生まれてきたのは出来損ないだった。どうやら女であるイザナミのほうから先に声を掛けたのがいけなかったらしい。それで、今度は男であるイザナギのほうから先に声を掛けたところ、上手く日本列島の元になる島や、大勢の神々を生んだ。

というお話でした。

やはり女性は奥方で目立たなくしているからこそ賢くて強くてどっしりしていられるのではないかな。それとは反対に、男性はそういう奥方が家を支えてくれるからこそ安心して外へ思う存分狩に行け活躍出来るのだろう。なんて考えさせられますね。さて、本当のところは解りませんが(笑)
[ 2012/10/22 03:48 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/5283-035f359b