FC2ブログ

















名脇役 大滝秀治さん死去

 飄々(ひょうひょう)とした独特の存在感を持ち味にテレビドラマ、映画、舞台で活躍した俳優で文化功労者、劇団民芸代表の大滝秀治(おおたき・ひでじ)さんが二日午後三時十七分、肺扁平(へんぺい)上皮がんのため東京都内の自宅で死去した。八十七歳。東京都出身。葬儀は近親者のみで行った。「お別れの会」を二十二日午後二時から東京都港区南青山二の三三の二〇、青山葬儀所で開く。喪主は妻純子(じゅんこ)さん。 

 軍隊生活を経て一九四八年、民芸の前身劇団の養成所に入り、同期の奈良岡朋子さんらと五〇年、民芸創立に参加。

 徹底した人物造形に、年齢を重ねて渋みが加わり、テレビ、映画では貴重な存在として、主に脇役で多数出演した。

 七五年のNHK連続テレビ小説「水色の時」の医師役で注目を集め、北海道の駐在所勤務の警官を描いた「うちのホンカン」シリーズで主演。「特捜最前線」「北の国から」などでも人気を集めた。映画の出演は「黒部の太陽」「犬神家の一族」「影武者」「お葬式」などで存在感を示した。

 舞台は、所属する民芸公演が中心。「審判」の演技で紀伊国屋演劇賞個人賞、「巨匠」と「浅草物語」で読売演劇大賞と最優秀男優賞、「らくだ」で文化庁芸術祭賞大賞を受賞した。

 除虫剤のCMでのユーモラスな演技でも知られた。八八年紫綬褒章受章。八十歳を超えて精力的に活動を続け、高倉健さんと共演した映画「あなたへ」が遺作となった。今年二月に肺がんが見つかり、療養していた。


 酷評された独特の声も、年を重ねるにつれて「渋い味わい」と見直されて声優の仕事が増え、CMでは頑固でとぼけた老人をコミカルに演じて子どもや若者の人気も集めた。

 激高、飄々、ユーモラス…。どんな表情でも絵になり、味わい深い演技で多くの人を魅了した大滝さんは、まさに本物の俳優だった。

(以上、東京新聞 より)




悪役


 あの方の本領は、やはり悪役であった。


 何も言わずとも醸し出される怖さ、という物があった。

 それでなおかつ好々爺も演じるのだから本物の役者、どちらが本当の大滝秀治なのか分からせない所が本物の役者であった。


 何をやっても普段の自分と同じでは役者も楽しくない。見ている側も飽きる。

 最近の役者もどきのタレントがそうだ。

 
 木村拓哉は俺も好きだが何をやってもキムタクなのである。

 キムタク検事になる、キムタクパイロットになる、キムタク総理になるの巻、なのだ。

 その点では草なぎ剛に軍配が上がるだろう。


 個人的には緒形拳が日本一の役者だと思っていた。

 彼ら亡き今、冷静と狂気の狭間を演じられる正体の不明な役者、水谷豊あたりに期待している。


 大滝秀治さん、大阪に来ては最古のバー 「吉田」 で角瓶ストレートをチビチビ飲っておられたらしい。

 渋い悪役だったのだ。










投稿者: ぐっちゃん

[編集長-ひとりごと]

 そういえば、大滝秀治さんの悪役というのは、久しく見たことが無い。

 少し前、TVドラマの再放送で老詐欺師の役だったけれども、最初は足のの悪い老人を装って純真な若手刑事から金巻き上げるが、最後は、いい人(っぽい)って、感じで、純然たる悪役じゃなかった。

 
 ああ、悪役 大滝 を見たいなぁ~。。。


関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2012/10/05 21:00 ] Menu:07 ニュース です YO! | TB(0) | CM(4)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



どうもです。

オレ的には、NHKの大河ドラマ「独眼竜 政宗」で伊達政宗の生涯の師匠となる、
名僧と言われた「虎哉宗乙(こさいそういつ)」を演じた大滝秀治はすごかったべ!!

政宗6才のころから、様々な学問と人生哲学をたたきこんだのだ!
虎哉和尚がいなかったら、政宗の活躍はなっかったべ!! ↓
http://hirouki.livedoor.biz/archives/51828984.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%99%8E%E5%93%89%E5%AE%97%E4%B9%99
[ 2012/10/23 22:02 ] [ 編集 ]

どうもです。

「大吟醸 虎哉(こさい)」 酒にもなっている!(爆)
いゃー、これはいいですよ、美味い! ぜったいおすすめ!(爆) ↓

http://www.kanesa-f.com/blog/fujiwaraya/2010/07-22-143.html
[ 2012/10/23 22:14 ] [ 編集 ]

まさやん

大滝秀治さんは子供の頃再放送で見ていた、
特捜最前線の刑事さんのイメージなので、正義の人のイメージですね。
その頃から印象が変わらないので、
ずっと生きていてくれるような気がしていました。
訃報を知った時は、映画「明日の記憶」の
「生きてりゃいいんだ生きてりゃ!」が脳内再生されました。
亡くなっても、まだ生きてるような気がします。
すごい存在感の人でした。
[ 2012/10/25 00:08 ] [ 編集 ]

特捜最前線の老刑事役のイメージが、僕の脳内で固定されてしまってるわ。。。

 なので、よけいに悪役に渇望してます。

[ 2012/10/25 15:58 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/5286-833e5959