上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中2自殺1年、学校で追悼=同級生「命の大切さ学んだ」―大津いじめ

 いじめを受けていた大津市立中学2年の男子生徒=当時(13)=が自殺してから1年の11日、通っていた中学では全校生徒が自殺した生徒を追悼し、「一年を振り返って思うこと」をテーマに同級生が書いた作文が校内放送で発表された。

 市教育委員会によると、作文は授業前、3年生担当の女性教諭が朗読。ある男子生徒は「命の大切さ、人への思いやりについてたくさん学んだ一年だった」とつづり、女子生徒は「人を傷つけていないか、傷ついている人に気付いているか。もっと相手のことを考えられる人間になりたい」と結んだ。生徒たちは静かに放送に耳を傾けていたという。

 大津市役所でも同日朝、越直美市長が庁内放送で「私たちには子どもが安心して過ごせる学校、そして大津市をつくっていく責務がある」などと職員に呼び掛けた。 

(以上、時事通信 より)




まだこりていない


 この中学校、そして教委。全く懲りていない。


 「命の大切さを学びました」 ありきたりな作文、一秒もかからず思い付くフレーズ。

 こんな口先、いや筆先だけの作文を書く生徒も無関心の塊。

 同様の事が起きれば、またぞろ無関心な傍観者をきめこむだけだ。


 そしてこんな屁の役にも立たぬ駄文を朗読して 「追悼」 と抜かすアホ教師ども。

 生徒が本当に知ったのは、汚く狡い大人のやり口、無関心な自分たちと逃げに廻る学校ではなかったのか?

 それを口にして反省せぬ者共が何が追悼か。これは死者への冒涜である。

 ますます、教師や教委に職を続ける資格が無い事を証明している。


 もう諦めなさい。

 直接関与した教諭、言い逃ればかりの校長や教育長は職を退きなさい。

 免職という烙印を押されずに済むのだから、退職金は謹んで返上しなさい。

 遺族に寄付なぞしなくていい。気持ちのない銭など欲しくもない筈だ。


 さあ、顔も名前も知れてしまった君達を誰が雇ってくれるだろうか。

 まあ、越市長に泣きついて生活保護でも貰うかね。

 
 あ、ウソ泣き市長も同罪だからね。










投稿者: ぐっちゃん

[編集長-つぶやき]

 追悼?


 ポーズ。

 
 「何か」 をしないと、マスコミに叩かれるから、やってる。としか思えない。。。


関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ 2012/10/11 23:00 ] Menu:07 ニュース です YO! | TB(0) | CM(1)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



ちなみに

この『イベント』担任教師、校長は『体調不良』を理由に欠席なさいました。
まだまだ私達の『遊んであげ』ようが足りないようで御座います。
[ 2012/11/10 21:21 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/5312-a3bfff78