上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

忍び寄るあの時・・・  その日は、徒然やってきた。。。

僕の身に降りかかってきたことを、ここに書き残そうと思います。


突然の環境の変化、、、 彼女が僕の家から実家に逃げ帰ってから、今日で10日目。


 ことの発端は12月3日、月曜日のこと。夕方、いつものように僕は買い物中に彼女の携帯に電話をした。


 夕食のメニューの事とドラッグ・ストアで買う予定だった歯ブラシのかたさ 「かため」「ふつう」のどっちがいいのかを聞くためだ。

 しかし、何度かけても出ない。

 僕は、なんとなく、こうなることを肌で感じていた。

 
 最近、急に彼女が掃除を始めたり、衣替えしたばかりなのに衣装ケースから服を取り出しては、整理しはじめて大量に不要な服を捨てていた。

 最近、よく実家のほうに帰ったり、仕事にでかけたふりをしては有給休暇を使ってどこかに行っていたりと、その時にまとめておいた荷物を移動させていたのだ。

 それでも、前日までは一緒に温泉に行ったり、食事に出かけたり、買い物に行ったり友人を呼んでTVでサッカー観戦したりしていたのに・・・・


 まさか?と思い、ドラッグ・ストアから急いで家に帰ると彼女の姿は無かった。

 何度も何度も電話をかけた。すがる思いで、またかけた。

 もしかして、事故にあってるのか?それとも、失踪? そう思い、実家に電話をかけて真相が理解できた。

 
 いくら事情を話しても彼女には取り次いでくれない、それどころか、これ以上しつこくすると警察を呼ぶとまで言われた。

 実家の父親には罵倒され、妹は僕のことをゴキブリだという。

 そして、電話線を抜かれた。


 すぐに、最後の願いで彼女の携帯に電話したら、出てくれた。

 僕は、身体中の筋肉が痙攣して、体内の血が逆流しそうな感覚に襲われていた。

 強烈な吐き気とめまい、絶望感と不安感、そしてたまらないぐらいの孤独感に包まれた。

 もうだめだ、と思い、錯乱しながら彼女に自殺することを告げた。


 すると、彼女は泣きながら僕を引き止めた。

 「大好き、愛してる」 彼女の口からは、はっきりとその言葉が・・・
 
 明日、家にいったん戻るから死なないで欲しいと言われ、なんとか踏み止まることを約束した。

 
 その夜は、いったいい何本のビールを飲んだのか。いつもなら缶ビールを2本も飲めば酔ってしまうのに、15本も飲んだのにまるっきり酔えなかった。

 只、只、不安が募るばかり。布団に横たわっても、昨日までの彼女の笑顔が思い浮かぶだけ。


 その時までは、彼女を説得できると思っていた。

 真剣に僕の立場を説明すれば、彼女を繋ぎ止められると思っていた...










投稿者:Anthony


関連記事




人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ←クリック投票に協力して下さいませっ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



私は、以前いっしょに住んでた人から追い出された時、バイト(好きなこと)とか荷物の移動とかあって、ウィークリーマンションを借りてしばらくそこで粘ってたよ!

でもやっぱり泣いたな~。実家に帰ってからのが泣いたな~。
[ 2012/12/13 00:23 ] [ 編集 ]

これは、きついですね。
私が離婚した時はドロ沼状態でしたけど、いきなりにこんな展開になるのも地獄です。
なんとか、編集長には自分を取り戻してほしいですよ。
[ 2012/12/13 08:32 ] [ 編集 ]

泣くしか無いです。

 もう、過去には戻れないことは、わかってるのでうが、それでも、泣くしか無い。。。。


[ 2012/12/14 07:47 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anthony3b.blog108.fc2.com/tb.php/5359-ec1f560a